パナソニック・ホーム 個人向けトップ > パソコン(個人向け) > スクリーンセーバー ダウンロード

レッツノート最新情報をサイトで見るより早くゲットできる!RSS付スクリーンセーバーダウンロードレッツノート最新情報をサイトで見るより早くゲットできる!RSS付スクリーンセーバーダウンロード

キャンペーンやイベントなどレッツノートに関する最新情報を自動で取得できるスクリーンセーバーをダウンロードできます。無料でお使いいただけます!キャンペーンやイベントなどレッツノートに関する最新情報を自動で取得できるスクリーンセーバーをダウンロードできます。無料でお使いいただけます!スクリーンセーバーのダウンロードはこちら

ご注意
スクリーンセーバーは、スマートフォン、タブレットではご利用になれません。

レッツノート最新情報を自動でゲットできる!セーバーだけでイチ早く紹介する情報も!

当スクリーンセーバーをお使いいただくと、Webサイトに直接アクセスしなくても自動的に更新情報を取得できます。ぜひともご利用ください。

データ受信の仕組み

数時間に1回、自動的にパナソニックサイトにアクセスし、オススメ情報を取得! お客様がパナソニックサイトにアクセスしなくても、自動的にレッツノートの最新情報をゲットできます!

※最新データの受信にはインターネット接続が必要です。インターネット非接続時は、スクリーンセーバー内に予め記録してある固定の情報を表示します。

バナーをクリックして「お得な情報」をゲットしよう!

バナー情報部分が切り替わる仕組みで、いろいろな情報を取得できます。

便利なバナーリンク機能つき

マウスを動かすと、見ている時点の画面で固定されます。バナーをクリックしてWEBサイトへアクセスすることができます。

例えば、キャンペーン情報のバナーをクリックすると、応募サイトにすぐアクセスできる!

例えば、キャンペーン情報のバナーをクリックすると、応募サイトにすぐアクセスできる!

スクリーンセーバーでレッツノート限定ムービーを再生できる!


新レッツノートオリジナルムービーダウンロード(約110MB)

■動画の再生方法

レッツノートスクリーンセーバーをインストール済のPCで…

1:期間限定(不定期)で配布する動画ファイルをダウンロード。

2:ダウンロードしたファイルの「setup.bat」をダブルクリック。

 ⇒自動でセーバー上で再生させるためのセットアップが完了します。

■動画を削除する方法

スクリーンセーバー上で動画再生中に「この動画を表示しない」のボタンをクリックしてください。

※2014年5月7日以前のバージョンのセーバーでは動画は再生できませんので、旧バージョンのセーバーをお使いの方は、ページ下のボタンから、新しいセーバーをダウンロードしてください。

※動画再生には「Windows Media Player(Ver.11以降)」が必要です。お使いのパソコンにインストールされていない場合は以下よりダウンロードできます。
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/download-windows-media-player

データをダウンロードしてインストールしたらすぐ使える!

ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、セットアップ画面が開きますので、画面の内容にそって、インストールしてください。

■スクリーンセーバーの起動方法
通常のスクリーンセーバーと同様、一定時間無操作状態が続くと、当レッツノートスクリーンセーバーが起動します(初期インストール時は5分に設定されています)。

■スクリーンセーバーの終了方法
スクリーンセーバーを終了するには、バナーをクリックするかもしくは、<終了ボタン>か<Esc>キーを押してください。

※Windows Vistaで使用する際、当スクリーンセーバーが再生されない場合があります。その場合は、Windows Updateを実行してOSのバージョンを最新にしてから、当スクリーンセーバーを設定してください。

※スクリーンセーバーをアンインストールするときは、コントロールパネル「プログラムの追加と削除」で表示されるリストから、削除したいスクリーンセーバーを選択。「変更と削除」ボタンをクリックしてください。

ダウンロード(約3MB)

※お客様のパソコンにCドライブ以外のドライブが接続されている環境でセーバーをインストールいただくと、環境によっては、プログラムがCドライブ以外に保存される場合があります。もしセーバーを起動できずエラー表示が出た際は、Cドライブ以外(仮にDドライブとします)に、「D:\Users\Public\Panasonic」というフォルダが作成されているかご確認いただき、その中の「Panasonicフォルダ」を「c:\Users\Public\」配下に移動させていただければ、スクリーンセーバーが起動できます。

●以前のバージョンのセーバーを入れている場合も、画面に沿って進んでいくだけで、カンタンに上書きインストールできます。