パナソニック・ホーム 個人向けトップ > デジタル・AVC > プライベート・ビエラ > ポータブルテレビの選び方

ポータブルテレビの選び方

あなたにぴったりのテレビが見つかる!

ポータブルテレビの選び方

プライベート・ビエラ
イラスト

STEP1 どうやって選べばいいの?

どこで使いたいかを考えて選ぶのがポイント!

まずは、どこで使いたいかを考えてみましょう。
お風呂やキッチンなどの水回りで使いたいなら防水タイプ、
自分の部屋専用のテレビにするなら少し大きめサイズのタイプなど、
使いたいシーンを考えることからポータブルテレビ選びが始まります。

お風呂やキッチンで使いたいなら、防水性能が必須!

入浴しながら、洗い物しながら楽しめる!

お風呂で半身浴しながら好きなアイドルの番組を、またキッチンで洗い物しながらニュースでトレンドをチェック。そんな視聴スタイルを理想とする方には防水タイプをおすすめします。

入浴しながら、洗い物しながら楽しめる!

モニターサイズも使いたい場所を想像して選びましょう!

持ち運びを考えるならコンパクトサイズをおすすめ

お風呂やキッチンなどいろいろな場所に持ち運んで使いたいなら、10型や15型などのコンパクトなサイズがおすすめです。
一方で自室用に2台目のテレビがほしいなど、メインで使用する部屋が決まっているのであれば、19型や24型など少し大きめのサイズを考えてみてはいかがでしょう。

持ち運びを考えるならコンパクトサイズをおすすめ

STEP2 ワンセグとフルセグでどう違う?

地デジのフルハイビジョン放送を視聴できるのがフルセグ!

ポータブルテレビ選びで気になる「ワンセグ」「フルセグ」の表記。
どちらも地上デジタル放送ですが、放送形式の違いによってそれぞれ特徴が異なります。

画質を重視するならフルセグがおすすめ!

そもそもワンセグ・フルセグって?

地上デジタル放送の電波は13のセグメントに分かれており、そのうちの1つのセグメントを使って放送されるのが「ワンセグ」、残りの12のセグメントを使って放送されるのが「フルセグ」です。ワンセグはもともとカーナビやスマートフォンなどの移動体端末向けの電波で、ノイズ耐性に優れているのが特徴です。

画質性能に優れたフルセグ

一方で画質性能に優れているのが、12のセグメントをフルに使ったフルセグです。フルハイビジョン映像にも対応でき、ワンセグに比べきめ細やかなでなめらかな映像が楽しめます。

画質性能に優れたフルセグ

STEP3 他にどんなことができるの?

番組録画やブルーレイ再生、インターネット接続まで!

ポータブルテレビだからといって、テレビ視聴だけではありません。
内蔵ハードディスクに番組を録画する機能や、ブルーレイ・DVDソフトの再生、インターネットへの接続などが
できるタイプもあります。さまざまな機能から自分に必要な機能をお選びください。

ブルーレイやDVDソフトを再生したい!という方へ

大好きな映画を、お風呂でも寝室でも

チューナー部がブルーレイやDVDソフトの再生機能付きであれば、お好きな映像ソフトを楽しむこともできるんです。楽しみがいっそう広がりますね。

大好きな映画を、お風呂でも寝室でも