心も身体もラクになる掃除機を目指して

掃除機の違いによる「気持ち」と「 身体」への負担軽減を検証

掃除は嫌いな家事として常に上位にあり、掃除機に関する不満は「本体の重さ」や「アタッチメントの重さ」などにありました。(当社調べ*)

この事から、掃除機のハンドル形状を長く体の近くで持ちやすくし、ホース位置を下げて手元にかかる重量を減らし、さらにアタッチメント質量を軽くすることで、掃除機がけの時に感じる「気持ちの変化」や「身体への負担の変化」を科学的に検証することにより、違いを明らかにしました。

*WEBアンケート、N=316(当社調べ)