ロボット掃除機「ルーロ」 MC-RS20

ルーロ MC-RS20 商品画像 ルーロ MC-RS20 商品画像

隅の掃除に強い。
シンプルな機能のスタンダードモデル。

日本製 ハウスダスト発見センサー

【特長1】独自の三角形状(ルーロー形状)で、部屋の隅や壁ぎわのゴミまでよく取れる

「ルーローの三角形」によって、部屋の隅までブラシが入り込み、本体を左右に振りながら動くので、しっかりとゴミをかき出すことができます。
また、壁際を検知して走行するので、ゴミがたまりやすい壁際を徹底的に掃除します。

詳しく見る

商品画像

【特長2】ハウスダスト発見センサーで、目に見えないゴミまで検知

「ハウスダスト発見センサー」が約20 μmという目に見えない微細なゴミまで検知してお知らせします。

詳しく見る

ハウスダストが多いときは赤点滅。キレイになったら消灯。

【特長3】走行スタイルを使い分けて部屋全体を効率的に掃除

「ラウンド走行」と「ランダム走行」を自動で使い分ける自動モードや、渦巻き状に掃除を行う「スポットモード」など、ルーロならではの走行スタイルでしっかりと掃除。搭載された高精度センサーで周囲の情報を瞬時に収集・解析。状況に応じて行動パターンを自動制御します。

詳しく見る

ラウンド走行+ランダム走行

【特長4】清潔&ラクラクお手入れ

ブラシやダストボックスを水洗いできるので、清潔に使うことができます。
また、ダストボックスは本体からワンタッチでカンタンに取り外せます。

詳しく見る

清潔&ラクラクお手入れ

ルーロ 機能比較

MC-RS800

MC-RS800

MC-RS300

MC-RS300

MC-RS20

MC-RS20

ハウスダスト発見センサー ハウスダスト発見センサー ハウスダスト発見センサー ハウスダスト発見センサー
床面検知センサー
落下防止センサー
走行性センサー レーザーセンサー
赤外線センサー
超音波センサー
最大稼動面積*1 約120畳 約30畳 約20畳
運転モード 自動・エリア指定・徹底掃除・
お手軽・スポット
自動・念入り・スポット・
エリアメモリー
自動・念入り・スポット
連続使用時間 約100分(満充電・電池初期/20℃時) 約100分(満充電・電池初期/20℃時) 約70分(満充電・電池初期/20℃時)
位置認識 SLAM技術*2(カメラセンサー)
IoT機能 RULOナビ アプリ
ダストボックス容量 0.25 L 0.25 L 0.15 L
付属品 充電台(1個)、
ダストボックス お手入れブラシ(1本)
充電台(1個)、
リモコン(1個)、
乾電池(単4形2本)、
ダストボックス お手入れブラシ(1本)
充電台(1個)、
ダストボックス お手入れブラシ(1本)

*1 最大稼働面積は部屋の広さとゴミ量により自動で決定します。充電台の位置、家具の配置、ゴミ量などにより、同じ部屋の大きさでも稼動面積が異なる場合があります。
*2 SLAM(スラム)技術…Simultaneous Localization and Mapping (自己位置推定と地図作成を同時に行う技術)

隅の掃除・センサー・機能
使いやすさとお手入れ

ロボット掃除機がよくわかる!

ルーロは「日本の掃除」の仕方を知っている。

様々な進化を遂げ、さらに「日本の家屋」を知り尽くしたルーロ。 その進化と賢さのヒミツを6つの動画でご紹介。

Movie Gallery

掃除機に関するテレビCMやWEB限定動画を掲載した動画ギャラリー。いろんな動画を見て楽しもう。

「三角形」への挑戦。開発物語

お掃除ロボットの開発着手から30年。「固定観念に縛られなかったメンバーだからこそ、実現できた」という、ルーロ開発の背景とは。

考えつくされたカタチ
「ルーローの三角形」とは

パナソニックのロボット掃除機に採用されている、「ルーローの三角形」って? その特徴やどのようなところで使われているのかをご紹介。