パナソニック・ホーム 個人向けトップ > 生活家電 > 掃除機 > ロボット掃除機 > プロが認めた、RULOの実力 - Episode 2 -

プロが認めた、RULOの実力プロが認めた、RULOの実力

  • ロボットデザイナー 松井 龍哉「私の考えるロボットの姿に、RULOは近いと思います。」 ロボットデザイナー 松井 龍哉
  • モデル・主婦 山田 ローラ「仕事の間に掃除してくれるから、夫婦の時間がふえました。」 モデル・主婦 山田 ローラ
  • 生活哲学家 辰巳 渚「掃除は、助け合うことで頑張れる。RULOは頼れる仲間ですね。」 生活哲学家 辰巳 渚
  • 「私の考えるロボットの姿に、RULOは近いと思います。」 ロボットデザイナー 松井 龍哉
  • 「仕事の間に掃除してくれるから、夫婦の時間がふえました。」 モデル・主婦 山田 ローラ
  • 「掃除は、助け合うことで頑張れる。RULOは頼れる仲間ですね。」 生活哲学家 辰巳 渚

「私の考えるロボットの姿に、RULOは近いと思います。」 ロボットデザイナー 松井 龍哉「私の考えるロボットの姿に、RULOは近いと思います。」 ロボットデザイナー 松井 龍哉

フラワー・ロボティクス代表。科学技術振興機構にてヒューマノイドロボットの研究・デザインに携わる。2001年より独立、創業し、独創的なロボットを多数開発。デザイナーとしても活躍。

ロボットは、使う環境の中になじむことが大切です。私の手がけた「Posy」は、結婚式のフラワーガールがモチーフ。ゆっくりしたしなやかな動きで、教会の空間にとけ込むようにつくりました。
RULOは、床面を見分けてパワーやブラシの回転数を上手に変えてくれますよね。日本らしい細やかな制御で、住空間になじませているなと感じました。スミまで届く三角形のデザインも、機能的なのに主張しすぎていないのが良い。
暮らしを邪魔しない謙虚さを備えた、私の理想に近いロボット掃除機ですね。

「仕事の間に掃除してくれるから、夫婦の時間がふえました。」 モデル・主婦 山田 ローラ「仕事の間に掃除してくれるから、夫婦の時間がふえました。」 モデル・主婦 山田 ローラ

端正な顔立ちと明るいキャラクターで人気のアメリカ生まれのモデル。
ウェディングやビューティー関係で活躍。ラグビー日本代表、パナソニックワイルドナイツ所属、山田章仁選手の妻。

私はモデルをしながら、ラグビー選手の妻として家庭を支えています。夫は遠征や練習で忙しい毎日。家のことは私がしてあげたいのですが、モデルの仕事は体力勝負で、疲れているときは掃除機をかけるのも一苦労。つい後回しにしがちです。
RULOは、仕事中に掃除を済ませてくれるから大助かり。掃除したい部屋を指定できるので、汚れやすい場所を集中的に掃除できるようになりました。
家事の負担が減った分、カフェへ出かけたりなど、夫婦の時間を楽しんでます。RULOは、共働きの強い味方ですね。

「掃除は、助け合うことで頑張れる。RULOは頼れる仲間ですね。」 生活哲学家 辰巳 渚「掃除は、助け合うことで頑張れる。RULOは頼れる仲間ですね。」生活哲学家 辰巳 渚

2000年に刊行の「捨てる!技術」で物に対する新しい哲学を提唱。家のコトの価値を伝える家事塾を通じて「物と心」の関係を見直し、人が豊に暮らすために役立つ情報発信に取り組んでいる。

掃除は、自分や家族の居場所を整える大切な作業だ、と考えます。でもひとりで全部やろうとすると辛くなってしまう。私は、頼れる所は頼っていいとお伝えしています。例えば、床から上ははたきでサッと、床はロボット掃除機にも活躍してもらうとか。 ホコリは人の動きで起こる風に乗ってスミにたまっていきますが、RULOはそのスミまでブラシが届くし、吸引力も素晴らしい。取り残しがないので、素足でも快適ですね。
RULOが頑張っている姿を見ると励まされます。床掃除を安心して任せられる、頼もしい仲間ですね。

- Episode 2 -
<ロボットデザイナー/モデル・主婦/生活哲学家>