再配達

行き違いの再配達ループからサヨウナラ!手軽にできちゃう荷物受け取り術

2017年6月6日

自宅に戻るとポストに宅配便の不在通知票。「再配達の依頼をしたくとも、配達時間帯と自分のスケジュールが合わずになかなか受け取れない」、「再配達の手続きをしたけれど急な予定が入って受け取れなかった」…そんな経験はありませんか?

国土交通省の調査によると、2016年の宅配便貨物の取り扱い個数は38億6930万個(※)と6年連続で過去最高を更新。また、約2割の荷物が再配達となり、年間で約9万人分の労働力が費やされているそうです。社会問題としてもたびたび取り上げられている再配達の増加。ドライバーさんの負担だけでなく、受け取りを待つ側にもストレスになりますよね。行き違いを無くし、スムーズに荷物を受け取るにはどうすればよいのでしょうか。そんな悩み解決の糸口が見つかる受け取り術を3つご紹介します。

知っていますか?家の近くの”営業所”

荷物受け取り営業所

不在通知票が入っていたら、自宅への再配達の手続きをするのが一般的です。しかし、いつ自宅で受け取れるか分からない、という方も少なくないのでは。そんなときに利用したいのが、宅配便を営業所で受け取るという方法です。

宅配便の各社のホームページで、郵便番号や住所などから自宅から一番近い営業所を確認してみましょう。再配達手続きの際に、営業所受け取りを希望すれば、仕事帰りなどに立ち寄ることもできます。ただし、営業所の営業時間帯や、荷物を保管してもらえる期間(多くは7日間程度)が設けられているので、注意が必要です。

再配達手続きをしたものの、何時に届くかわからずにじっと自宅で待つよりも、時間を有効活用できる営業所受け取りを選択するのが断然効率的なのではないでしょうか。

時間に縛られたくない人にオススメ!コンビニ受け取り

宅配会社の営業所が自宅近くになく、受け取りに行くのが難しいという方にはコンビニでの荷物受け取り指定がオススメです。一番のメリットは、24時間いつでも受け取りが可能なこと。ちょっとした買い物のついでや、仕事が忙しく配送時間帯中には自宅で受け取ることができない人にも嬉しいサービスですね。

また、自宅に届いてほしくない荷物の受け取りの際にも重宝します。家族へのサプライズプレゼントのときに利用するという手もあります。

荷物が大きい、または重い場合は、あらかじめ袋やカートを持参すると持ち帰りが楽になります。宅配便の会社によっては受け取り可能な荷物の種類が限られている場合や、大きさの制限があることもあります。最寄りのコンビニがどの宅配便の会社の荷物が受け取り可能か、保管期間はいつまでかもあわせて確認しておきましょう。

コンビニ受け取り

不在時でもドライバーさんと直接話せる「外でもドアホン」

外でもドアホン

営業所やコンビニでの荷物受け取りも効率的ですが、できれば再配達の手続きは簡単に済ませたいもの。不在通知票に記載された電話番号や、インターネットで再配達の手続きをするのを億劫に感じる人もいるのではないでしょうか。そんな手間を楽にしてくれるのが、自宅不在時にも配達に来てくれたドライバーさんと直接話すことができるパナソニックの「外でもドアホン」です。

「外でもドアホン」のモニター親機をインターネットでつなげば、スマートフォンを通じてリアルタイムに映像と音声で対話ができます。外出時はもちろん、ベランダにいるときやトイレにいるときなど家じゅうどこでも、いつでも来訪応対ができます。

つまり、ドライバーさんに「外出中なので明日の18時以降でお願いします」といった再配達希望日時をその場で伝えることができるのです。再配達依頼をし忘れたまま、何度もドライバーさんを配達に来させてしまう、すれ違いの“再配達ループ”が起こることもありません。「外でもドアホン」を使用することで、自分の手間が省けるだけでなく、ドライバーさんの再配達での労働力負担の軽減にもつながるかもしれません。

いかがでしたか?今回ご紹介した荷物受け取り方法により、再配達によるスケジュール調整のわずらわしさが、少しは軽減されるのではないでしょうか。忙しい日常の中でも、スムーズに荷物を受け取れるように、ぜひ一度実践してみて下さい。

※ 国土交通省「トラック輸送情報」平成28年1〜12月分を合算

関連情報

この記事を見た方におすすめの動画

西島秀俊さんが外出中の突然の来客にも、スマホでスマートに対応!

閉じる

ドアホンひとつ替えるだけで、家族も来客もちょっとHappyに。

閉じる