Panasonic ideas for life 個人向け

JAPAN

サイト内検索

デジタルカメラ お客様サポート

パナソニック・ホーム > 個人向けトップ > お客様サポート > デジタルカメラ LUMIX(ルミックス) > デジタルカメラ講座 > レンズの焦点距離とF値

よくあるご質問 使い方ナビゲーション デジタルカメラ講座 撮影のコツ 動作確認情報 ダウンロード 取扱説明書
デジタルカメラ講座
レンズの焦点距離とF値
レンズにはさまざまな種類がありますが、大きくは「焦点距離」と「F値」で分類されます。焦点距離が短くなるほど広角系に、長くなるほど倍率が上がり、望遠系のレンズになります。またF値はレンズの明るさをあらわし、絞りを開放にした状態の明るさをそのレンズのF値とします。F値が小さいほど明るいレンズです。明るいレンズほどさまざまな条件下で撮影の自由度が高くなります。

焦点距離とは?
焦点距離は、レンズの中心から像を結ぶ地点(焦点)までの距離です。レンズの種類をあらわす時に、「何mmのレンズ」といいますが、この焦点距離の違いです。焦点距離の違いで、 被写体をとらえる倍率が変化し、撮影範囲の画角が変わります。数字が小さいほど広角系、大きいほど望遠系になります。
焦点距離の概念図
焦点距離の概念図
焦点距離とF値の関係
レンズの明るさは、焦点距離とレンズ口径で決まります。同じ焦点距離であれば、レンズの口径が大きいレンズほど明るいレンズになります。たとえば焦点距離50mmでレンズ口径が17.8mmであれば、「焦点距離÷レンズ口径」で、F値は2.8です。
焦点距離とF値
焦点距離とF値
F値とは?
F値にはふたつの意味があります。ひとつは露出設定の絞り値をあらわします。もうひとつがレンズ自体の明るさ。レンズの絞りを最大に開いた開放時の明るさをそのレンズのF値と呼び、レンズの能力をあらわします。開放時の明るさはレンズの口径が大きいほど明るくなります。ちなみに人間の眼の明るさはF1.0とされています。
何群何枚とは?
レンズ構成は何群何枚という表現が使われます。使われているレンズの総枚数と組み合わせをあらわします。2枚のレンズがピッタリと密着している場合は1群。それぞれ独立した1枚のレンズも1群とします。

第十回へ
第十二回へ
講座一覧へ

パナソニック・ホーム > 個人向けトップ > お客様サポート > デジタルカメラ LUMIX(ルミックス) > デジタルカメラ講座 > レンズの焦点距離とF値