BW900/BW800/BW700

ダビングで使えるDVDについて

1
デジタル放送の番組をダビングできるDVD
解説

ディーガ本体(HDD)に録画したデジタル放送の番組は、デジタル放送録画用(CPRM対応)の

  • DVD-RAM
  • DVD-R
  • DVD-R DL
    (片面2層)
  • DVD-RW


にダビングできます。

ご購入の際には、パッケージに「デジタル放送録画用」や「CPRM対応」などの表示のあることをご確認ください。

新品のDVD-RAM、DVD-R、DVD-R DL(片面2層)は、お使いになる前に「AVCREC方式」でフォーマットすると、ハイビジョン画質でディーガ本体(HDD)に録画した番組をハイビジョン画質のまま、ダビングできます。

◆ 「ダビング10」に対応した番組

10回までダビングできます。
ただし、10回目のダビングで、その番組はディーガ本体(HDD)から消えます。

◆ 「ダビング10」に対応していない多くの番組

1回しかダビングできません。
ダビングすると、その番組はディーガ本体(HDD)から消えます。

2008年7月4日午前4時より前にディーガ本体(HDD)に録画した「ディスクへ移動のみ可能」の番組も同じです。

ダビングしたDVDからディーガ本体(HDD)、ブルーレイディスク、他のDVDへのダビングはできません。

2
アナログ放送の番組をダビングできるDVD
DVD-RAM DVD-R DVD-R DL(片面2層) DVD-RW
ディーガ本体(HDD)に録画したアナログ放送の番組は、
  • DVD-RAM
  • DVD-R
  • DVD-R DL
    (片面2層)
  • DVD-RW

にダビングできます。

パッケージに「デジタル放送録画用」や「CPRM対応」表示がなくても、お使いになれます。

新品など、未記録のDVDをお使いになるときは、「ビデオ方式」か「VR方式」のいずれか一方の記録方式でフォーマットしてください。
  • 他のDVD機器でも再生したい     ⇒ ビデオ方式(※)
  • 二ヵ国語放送の番組をダビングしたい ⇒ VR方式
(※)DVD-RAMにビデオ方式はなく、一般的に、フォーマット不要です。
    DVD-R、DVD-R DL(片面2層)は、フォーマット不要です。
3
何度でも繰り返して使えるDVD
DVD-RAM DVD-RW
ビデオテープのように何度でも録画、消去を繰り返して使えるDVDは、
  • DVD-RAM
  • DVD-RW

です。
注意 デジタル放送の番組のダビング、番組の消去を繰り返すときは、デジタル放送録画に対応した(CPRM対応)、DVD-RAMやDVD-RWをお使いください。
ヒント DVDの残量が少なくなったときは、不要な番組を消してください。
4
それぞれのDVDの主な特徴
  ◆ DVD-RAM
  • 何度でも繰り返し記録できます。(DVD-RWより多い、約10万回)
  • デジタル放送録画用(CPRM対応)の記録方式は、「VR方式」「AVCREC方式」のいずれか一方から選びます。
  • 「AVCREC方式」で記録すると、ハイビジョン画質を保持できます。
  ◆ DVD-RW
  • 何度でも繰り返し記録できます。(DVD-RAMより少ない、約1,000回)
  • デジタル放送録画用(CPRM対応)の記録方式は、「VR方式」です。
  • 標準画質(アナログ放送の番組と同様の画質)で記録されます。
  ◆ DVD-R、DVD-R DL(片面2層)
  • 1回だけ記録できます。
  • デジタル放送録画用(CPRM対応)の記録方式は、「VR方式」「AVCREC方式」のいずれか一方から選びます。
  • 「AVCREC方式」で記録すると、ハイビジョン画質を保持できます。
  • DVD-R DL(片面2層)の方がDVD-Rより多く記録できます。
5
記録方式(AVCREC方式、VR方式、ビデオ方式)の主な違い
  ◆ AVCREC方式
  • デジタル放送のハイビジョン画質の番組を、ハイビジョン画質のまま、DVDに記録できる方式です。
  • アナログ放送の番組には対応していません。
  • 新品など、未記録のデジタル放送録画用(CPRM対応)のDVD-RAM、DVD-R、DVD-R DL(片面2層)をフォーマットするときに、選べます。
  • 他のDVD機器(ブルーレイディスクレコーダー、DVDレコーダー、DVDプレーヤー、パソコンなど)で再生するときは、その機器がAVCREC方式に対応していることが必要です。
  ◆ VR方式
  • テレビ放送を記録、編集するために作られた方式です。
  • アナログ放送の番組も、デジタル放送の番組も、標準画質で記録されます。
  • 未記録のデジタル放送録画用(CPRM対応)のDVD-RAM、DVD-R、DVD-R DL(片面2層)、DVD-RWをフォーマットするときに、選べます。
  • 他のDVD機器で再生するときは、その機器がVR方式に対応していることが必要です。
  ◆ ビデオ方式
  • 市販のDVDやレンタルのDVDと同じ方式です。
  • デジタル放送の番組には対応していません。
  • 未記録のDVD-R、DVD-R DL(片面2層)は、すでにこの方式になっています。
  • 未記録のDVD-RWをフォーマットするときに、選べます。
  • ファイナライズすると、ほとんどのDVD機器で再生できます。


このページの内容によって、お客様の疑問・問題は解決しましたか?          
サポート情報ご提供の参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
解決した・参考になった
試してみたが、解決しなかった
難しくてわからなかった

この画面を印刷する この画面を閉じる