パナソニック・ホーム 個人向けトップ > デジタル・AVC > テレビ ビエラ > 4Kテレビの疑問解決! > 有機ELテレビってなに?4Kとはどう違うの?

有機ELテレビってなに?4Kとはどう違うの?

液晶、プラズマとは異なる新しいパネル構造を採用した、次世代の4K対応テレビです。

有機ELテレビは、液晶テレビに必要なバックライト、プラズマテレビの特徴である放電スペースが不要で、非常に薄く作ることができます。 現在の液晶テレビの薄さ約5〜7cmと比較しても、有機ELは約1/10程度となる5mmという薄さを実現しています。

有機ELテレビの映像表示は「自発光方式」。方式はプラズマテレビと同じですが、発光材料に有機物を使います。 有機物は電圧がかかることで発光し、その現象を「有機エレクトロ・ルミネッセンス(Electro Luminescence)=有機EL」というため、有機ELテレビという名称になりました。
主な解像度は現在の4K対応液晶テレビと同じく、4K(3840×2160)です。4Kよりさらに上の8K(7680×4320)の開発も進められています。

※有機物=ジアミン、アントラセン、金属錯体(有機物の陽イオンが鉄・コバルト・ニッケル・銅などの金属イオンと結合した化合物)など。

■有機ELパネル

バックライトや発光に必要な放電スペースが不要なため、非常に薄く作ることができます。

  • ●1画素毎に明るさを調整できるので、完全な黒を表現できる。
  • ●他の方式に比べ、構造が単純なので薄型化、軽量化が可能。

液晶テレビ(4K対応テレビ)

■液晶パネル

「バックライト」から光を出し、「液晶」で明るさを調整。光が「カラーフィルター(赤・青・緑)」を通ることで映像が表示されます。

  • ●映像が明るい。テレビサイズが豊富。
  • ●バックライトの光漏れにより、黒表現に課題。
  • ●部品が多いため、薄型化に限界。

プラズマテレビ

■プラズマパネル

電圧がかかった希ガスが放電、紫外線が出ることにより、「蛍光体(赤・青・緑)」が自発光します。

  • ●自発光なので、画素単位の明るさ調整が可能。
  • ●放電スペースなどが必要で、薄型化に限界。
  • ●画素を小さくするのが難しく、高解像度が困難。

パネルが薄くなったことにより、テレビ本体にも大きな差が出ました。
有機ELテレビは、従来の液晶テレビの約1/10の薄さが可能、重さも約10kgほど削減することができます。

しかもビエラなら!

自発光のプラズマテレビで培われた技術を、有機ELの映像技術に反映!

4K有機ELビエラは、専用にチューンナップされた高画質エンジン「ヘキサクロマドライブ プラス」を搭載。自発光方式による色鮮やかな映像と、まさに「漆黒」といえる黒表現を実現しました。

プラズマテレビのテクノロジーを反映! Technicsのチューニングによるスピーカーシステム搭載!

ビエラ4K対応テレビ ラインナップ

Page Top