アプリに関するQ&A

アプリに関するQ&A

「接続機器やモバイル機器の状態によって再生できません。」のエラーで再生できない。

以下をご確認ください。

プライベート・ビエラ
(放送中の番組を視聴したい場合)
・モニターの電源がOFFになっていることをご確認ください。
・上記でも改善されない場合は、チューナー部の電源がOFFになっていること、チューナー部の電源がOFF時でも録画が行われていないこと(D6、E6、F6、E5、F5シリーズの場合)をご確認ください。
(録画番組を視聴したい場合)
・モニターの電源がOFFになっていることをご確認ください。


その他の機種、プライベート・ビエラをご使用で上記に該当しない場合
画質設定を変更して再生を試みてください。
1. 再度再生を開始し、再生画面を出します。
2. 右下のスパナアイコンをタップして、画質設定画面を表示します。
3. 高画質(1.5 Mbps)、もしくは最高画質(3.5 Mbps)を選択します。
4. 正しく再生されるかご確認ください。

上記で改善しない場合、Media Accessを再起動すると改善することがあります

※一部の端末において、標準画質、あるいは通信優先の画質設定で再生できないことを確認しております。

「通信エラーが発生しました。モバイル機器または接続機器のネットワーク接続を確認して再実行してください。」のエラーで再生できない。あるいは、再生時に映像が途切れることがある。

ご利用のネットワーク環境をご確認のうえ、画質設定を変更して再生を試みてください。
1. 3G/LTE、またはWi-Fiのアンテナレベルが低くないかご確認ください。
2. 再度再生を開始し、再生画面を出します。
3. 右下のスパナアイコンをタップして、画質設定画面を表示します。
4. 650 kbps以下の画質を選択します。
5. 正しく再生されるかご確認ください。

上記で改善しない場合、Media Accessを再起動すると改善することがあります

機器選択(ログインなし時)、機器設定(ログインあり時)で機器が見つかりません。

対応機器とスマートフォン/タブレットが同じ宅内ネットワーク上にない可能性があります。
登録したい対応機器の準備編をご覧ください。
ビエラ準備編ディーガ準備編プライベート・ビエラ準備編

Media Accessアプリを再起動する方法は?

iOSアプリの場合
1. ホームボタンを押します。
2. ホーム画面が表示されたら、もう一度、ホームボタンを2回連続で押します。
3. 「Media Access」アプリの画面を上方向にフリック(スライド)すると、アプリが終了します。
4. 「Media Access」アプリを再起動してください。

Androidアプリの場合
1. 端末の設定アプリから「アプリ」または「アプリケーション」を選択します。
2. 「すべて」のタブを選択します。
3. アプリ一覧のリストから、「Media Access」を選択し、強制停止を押すと、アプリが終了します。
4. 「Media Access」アプリを再起動してください。

SeeQVault(シーキューボルト)対応のUSBハードディスクに記録した番組はリモート視聴できますか?

SeeQVault対応のUSBハードディスクに記録した番組はリモート視聴できません。

Media Accessは無料ですか?

無料です。ただし、サービスのご利用にはCLUB Panasonic(無料)への会員登録と、ディモーラ(無料)への機器登録が必要です。

Media Accessで宅内視聴もできますか?

宅内の無線LAN(Wi-Fi)を使って視聴ができます。

1台のビエラ/ディーガに登録できる端末の上限はありますか?

最大6台までです。

複数の端末から同時にアクセスできますか?

1台のみとなっています。

LTE(4G)/3Gでリモート視聴できる時間はどのくらいですか?

本表は、月間7GB/1GBの高速通信を契約した場合に1ヶ月間でリモート視聴できる時間の目安です。

LTE(4G)や3Gの携帯電話回線でのリモート視聴では、多くのパケットが必要になりますのでパケット使用量にご注意ください。
通信キャリアとの契約において、1ヶ月間あたりの高速通信できるデータ量(パケット量)に制限があります。
通信キャリアとの契約の内容については、通信キャリアにお問合せください。

画質 ビットレート 視聴時間/7GB 視聴時間/1GB
最高画質(720p) 3.5 Mbps 約4.5時間 約0.5時間
高画質(720p) 1.5 Mbps 約11時間 約1.5時間
標準画質(360p) 650 kbps 約25.5時間 約3.5時間
通信優先(180p) 400 kbps 約41.5時間 約5.5時間
パケット節約(180p) 150 kbps 約111時間 約15.5時間

ビエラやディーガとスマートフォンが宅内ネットワークに接続されているかを調べる方法はありますか?

ビエラ/ディーガと、iPhone / iPod touch / iPad Pro / iPad / iPad mini / Android端末の無線LAN設定から確認してください。

  • iOSの場合

    ●無線LANルーターのLAN側アドレスと同じであることを確認する。
  • Androidの場合

    ●それぞれのIPアドレスの一部が同じであることを確認する。

視聴できないコンテンツはありますか?

録画中の番組を録画一覧やチャンネル録画一覧からリモート視聴することはできません。地上・BS・CSの録画番組と、 放送番組が視聴できます。(ただし、放送番組に関しては、放送サービス高度化推進協会(A-PAB)規定で 視聴禁止のチャンネルがあります)詳しくは放送サービス高度化推進協会(A-PAB)のホームページをご覧ください。

ビエラ/ディーガ側による同時動作制限はありますか?

録画中など、機種の状態によってはリモート視聴ができない場合があります。

ビエラ
*ビエラ本体で下記を行っている場合に、放送番組/録画番組のリモート視聴ができない場合があります。
録画、ダビング、HDMI入力視聴、マイチャンネルの表示、ひかりTV、Skype、2画面、3D表示、Webブラウザーやメディアプレーヤーでの写真・動画再生、ソフトウェアの更新
*DX850シリーズにおいて、ハイレゾ設定を「音質優先」に設定中は、放送転送や録画番組の再生ができないことがあります。

ディーガ
*DMR-BRX7020 / BRX4020 / BRX2020 / BRX6000 / BRX4000 / BRX2000においてチャンネル録画の追加チャンネルを設定している場合、放送番組は本機が電源オン中または録画中はリモート視聴できません。また、録画済み番組は本機が電源オン中はリモート視聴できません。
*BXT970 / BXT870においてチャンネル録画の追加チャンネルを設定している場合、番組録画中または電源オン時は放送番組/録画番組のリモート視聴はできません。
*DMR-BRS510 / BRS500 / BRT260は、放送番組は本機が電源オン中または録画中はリモート視聴できません。また、録画番組は本機が電源オン中はリモート視聴できません。
*BRG2010においてチャンネル録画を設定している時間帯は放送番組のリモート視聴できません。また、視聴・録画用チューナーで3番組録画中は放送番組のリモート視聴できません。

一度初期の設定を済ませたら宅外からの操作のみで録画と視聴ができますか?

視聴できます。ただし、宅内ネットワークでペアリング処理を実行したあと90日で視聴できなくなります。90日以内に宅内ネットワークからビエラ/ディーガにアクセスすると、その機器とのペアリング期限を自動的に90日間に更新します。

ログイン時に「サーバーとの通信エラーです」のメッセージが表示されログインできない

Panasonic Smart Appなどで取得したCLUB Panasonic IDをお使いの場合は、CLUB Panasonicサイトにて追加情報の登録が必要です。こちら(スマートフォン専用)からログインして必要な情報を入力後に、本アプリで再度ログインしてください。

Android端末で、アプリを起動すると、「アプリケーションを起動することができません。USBデバッグが有効の場合は無効にしてください。」と表示され、アプリが終了してしまう

root化された端末ではご利用になれません。また、端末のUSBデバッグ機能が有効になっている場合はUSBデバッグ機能をすべて無効に設定してからご利用ください。

(USBデバッグ設定を無効にする方法)
●[設定]>[開発者向けオプション]の順にタップして、[USBデバッグ]の項目のチェックを外してオフにする
●[設定]>[ドコモのサービス/クラウド]の順にタップして、[USBデバッグ切り替え]の項目のチェックを外してオフにする

※端末によっては上記設定が存在しない、または設定名が異なる場合があります。 なお、端末や環境によっては正しく動作しないことがあります。

Bluetooth®イヤホンなどのBluetooth®オーディオ機器でリモート視聴の音声を聴くことはできますか?

聴くことができます。Bluetooth®対応オーディオ機器への音声出力に対応しています。ただし、すべてのBluetooth®対応オーディオ機器において、動作を保証しているわけではありませんので詳しくはお使いのスマートフォン/タブレットとBluetooth®オーディオ機器の取扱説明書をご確認ください。

Bluetooth®オーディオ機器と接続時にBluetooth®オーディオ機器側からの一時停止などの操作はできますか?

Bluetooth®オーディオ機器側からの操作には対応していません。お使いのスマートフォン/タブレットの画面上のアイコンで操作してください。

Wi-Fi利用時にBluetooth®音声出力を行うと、映像の途切れが発生してしまいますがどうしたらよいですか?

お使いのスマートフォン/タブレットのWi-FiとBluetooth®が干渉している可能性があります。屋内で使用されている場合は、Wi-Fiの接続を5GHzに変更すると改善する可能性があります。お使いの機器が5GHzでのWi-Fi接続に対応しているかはスマートフォン/タブレット、Wi-Fiルーターの取扱説明書をご確認ください。定名が異なる場合があります。 なお、端末や環境によっては正しく動作しないことがあります。

「推奨環境ではないため、接続できません。設定を変更すると接続できる場合があります。」のエラーで再生できない。

ご自宅のルーターのUPnP機能を有効にしてください。もし、複数のルーターを経由して接続している場合は、全てのルーターのUPnPを有効にする必要があります。ご自宅のルーターの設定変更が難しい場合は、モバイル機器の回線を別の回線に変更することで状況が改善する場合があります。

例:Wi-FiをLTEに変更する
接続しているWi-Fiルーターを別のものに変更する

リモート視聴チェックの結果「接続中のネットワークでは宅内接続のみご利用いただけます。リモート視聴をご利用いただくには、ルータやプロバイダーの設定を変更し、通信の遮断を解除する必要があります。」と表示される

ルーターのセキュリティー設定で、予め登録したサーバー以外との通信を通過させない設定の場合は、下記のサーバーとの通信が可能になるように、ルーターの必要な項目を設定してください。詳細な設定方法については、お持ちのルーターの取扱説明書をご参照ください。

サーバーIPアドレス プロトコル ポート
114.179.237.36 TCP 48443
114.179.237.36 TCP 48501〜48502
114.179.237.129 TCP 47808
114.179.237.23 TCP 47825
114.179.237.54 TCP 49000〜49030
any TCP 443
any UDP any

※通信方向は、両方向で許可設定する必要があります。
※サーバーの増強や新しいサービスの追加などの理由により将来変更されることがあります。ルーターのセキュリティー設定には、ネットワークに関する高度な知識が必要です。また、誤った設定を行なうとインターネットに接続できないなどのトラブルに至ることがありますので、お客様の責任において慎重に設定してください。プロバイダーのセキュリティ設定で通信が遮断されている可能性がある場合には、契約されているプロバイダーにご相談ください。

●Bluetooth®のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc. が所有する登録商標であり、パナソニック株式会社は、これらのマークをライセンスに基づいて使用しています。その他の商標およびトレードネームは、それぞれの所有者に帰属します。


Page Top