エアコンシェルジュ

# 室外機

知らなかった!
室外機って
とっても大事。

空気の入れ換えをする室外機はエアコンに欠かせない機器。
だから、きちんとお手入れすることが大切です!

エアコンの室外機もお掃除が必要って、知っていましたか?
室内機のお掃除ばかりに目がいきがちで、つい見落としてしまう室外機は、
屋外に設置されているので砂埃などによって大変汚れやすいもの。
汚れた室外機は目詰まりを起こし、エアコン故障の原因になることも…。
エアコンを長く使うためにも、とても大切な機器なので、きちんとしたお掃除方法をご紹介します!

知ってる?室外機の役割

エアコンの室外機はその名の通り部屋の外に設置するエアコン機器で、室内機とセットとなって排熱を受け持つ重要な機器です。部屋の温度を下げたいときは、エアコンが部屋の熱を吸い取って室外機から外に送り、放熱された風を再び部屋に送り込んでいます。お部屋の空調は、室内機と室外機の二人三脚でしっかりと成り立っているのです。

室外機の画像です。

室外機の汚れをそのままにしていたらどうなるの?

では、室外機に汚れがたまるとどのような影響があるのでしょうか?

●排熱がスムーズにいかずに、
 無駄な電気を消費してしまう…。
●過負荷がかかり、突然故障してしまう…。
室外機の画像です。

つまり、室外機をお掃除すると、
節電につながり長持ちさせることができるのです。

室外機お掃除のポイントは?

室外機は汚れに強いので、エアコン室内機のようにこまめなお掃除は必要ありません。
ここでは、お掃除を自分で行う場合に、知っておきたいポイントについて紹介します!

■Point1
エアコン室外機のお掃除におすすめの時期

エアコンがベストな状態で作動できるように、年に1~2回室外機をお掃除しましょう。オススメは「冷暖房をそろそろ使おうかな」と考え始めるタイミングの、5~6月と10~11月頃です。

Point1
■Point2
室外機の周りはスッキリキレイに!

室外機の周りにゴミなどが置かれていると、空気がスムーズに流れずに余計な電気を消費します。できれば、室外機の周囲20㎝以内には物を置かないようにして、枯葉や砂なども忘れずに取り除きましょう。

Point2
■Point3
周囲もキレイにしましょう!

室外機の裏側に枯葉などのゴミが溜ってしまうと排熱がスムーズにできなくなるので、丁寧に取り除きましょう。

Point4
■Option
ドレンホースも忘れずお掃除!

室外機と直接つながっていないのですが、脇にあるホースは室内機の熱交換器に溜まった結露水を排出するためのドレンホースです。
このホースは細く、砂埃や虫の巣で詰まりやすいので、忘れずにお掃除を。詰まったゴミは割りばしなどでかき出して取り除きましょう。

室外機の汚れは普段目につきにくく、
衛生的な面でも害はないため、ついつい放置しがちです。
大事なエアコンを長く、経済的に使うためにも、
ぜひ室外機周りのお掃除も心がけてみてくださいね!

その他のアドバイスを見る
# エアコンの選び方(部屋の広さ編)
# 部屋の臭い対策
# お掃除