健康な空気と暮らすために

エオリアコンセプト「健康な空気と暮らすために」のメインビジュアルです。リビングで家族がくつろいでいます。 エオリアコンセプト「健康な空気と暮らすために」のメインビジュアルです。リビングで家族がくつろいでいます。

「エオリア」をおすすめする3つの理由

1.エアコン内部がいつもキレイ のイメージ画像です。リビングで奥さんがシーツをたたんでいます。 1.エアコン内部がいつもキレイ のイメージ画像です。リビングで奥さんがシーツをたたんでいます。

エアコン内部のカビ※1、ホコリを徹底抑制。

ホコリ捨てまで自動で行う15年目のフィルターお掃除ロボットのほか、
熱交換器にはホコリレスコーティング、送風ファンには防汚・防カビ※3コーティング、
そしてエアフィルターはAg除菌*1
さらには「ナノイーX」がエアコン内部のカビの成長を抑制※1
エアコン内部を清潔に保つ工夫が満載です。

*1:当社調べ。実使用空間での実証効果ではありません。効果は使用環境により異なる場合があります。※2

2.お部屋の空気がいつもキレイ のイメージ画像です。リビングで赤ちゃんがおもちゃで遊んでいます。 2.お部屋の空気がいつもキレイ のイメージ画像です。リビングで赤ちゃんがおもちゃで遊んでいます。

お部屋にただよう空気の汚れをしっかり除去。

エアコンに最適な高性能フィルターで微細な汚れを逃さずキャッチ。
冷暖房している時も、していない時も、
室温や空気の汚れに応じて可動し、自動で空気を清浄します。

*2:空気中に浮遊するウイルスの抑制、カビ・細菌の除去効果については、第三者機関にて25㎥の密閉空間で試験。ウイルスは約32分後、カビは約21分後、細菌は約45分後の効果であり、実使用空間での実証実験ではありません。※4

3.カビ、花粉などの空気リスクを抑制 のイメージ画像です。小さなお子さんがお母さんと一緒にケーキを作っています。 3.カビ、花粉などの空気リスクを抑制 のイメージ画像です。小さなお子さんがお母さんと一緒にケーキを作っています。

家庭で発生するおもなカビを抑制※7

ナノイーXのロゴです。 ナノイーXのロゴです。

自然の水から生まれた、次世代健康イオン「ナノイーX」が、
エアコンの中やお部屋で発生すると言われる8大カビを抑制。※7
さらに、花粉*3やウイルス*4、生活5大臭などの空気リスクにも効果を発揮。
住空間を清潔な空気で満たします。

*3:約6畳空間での約24時間後の効果です。※8
*4:約6畳密閉空間での、〈浮遊ウイルス〉約6時間後、〈付着ウイルス〉約2時間後の効果です。※9 実使用空間での実証効果ではありません。

おすすめのエオリアはこちら

区切り線です。 区切り線です。

19年度モデル

NEW WXシリーズ

省エネ性に優れたプレミアムモデル

19年度 WXシリーズの画像です。クリックすると19年度 WXシリーズの品番ページにリンクします。
NEW Xシリーズ

AI先読みができる空気清浄機能搭載モデル

19年度 Xシリーズの画像です。クリックすると19年度 Xシリーズの品番ページにリンクします。
NEW AXシリーズ 

省エネ性にこだわったシンプルな高性能モデル

19年度 AXシリーズの画像です。クリックすると19年度 AXシリーズの品番ページにリンクします。
NEW EXシリーズ 

フィルターお掃除搭載ながら奥行きコンパクトモデル

19年度 EXシリーズの画像です。クリックすると19年度 EXシリーズの品番ページにリンクします。
NEW GXシリーズ 

フィルターお掃除搭載ながら高さコンパクトモデル

19年度 GXシリーズの画像です。クリックすると19年度 GXシリーズの品番ページにリンクします。
NEW Jシリーズ 

「ナノイー X」搭載 スタンダードモデル

19年度 Jシリーズの画像です。クリックすると19年度 Jシリーズの品番ページにリンクします。
NEW Fシリーズ 

スタンダードモデル

19年度 Fシリーズの画像です。クリックすると19年度 Fシリーズの品番ページにリンクします。

19年度モデル 寒冷地エアコン

NEW UXシリーズ 

寒冷地エアコン、プレミアムモデル

19年度 UXシリーズの画像です。クリックすると19年度 UXシリーズの品番ページにリンクします。
NEW TXシリーズ 

進化した寒冷地エアコン スタンダードモデル

19年度 TXシリーズの画像です。クリックすると19年度 TXシリーズの品番ページにリンクします。

※1:【試験機関】環境生物学研究所 【試験方法】25㎥(約6畳)、室温25℃、湿度70%の試験室にて、エアコン内部にカビセンサーを設置、1日2時間の冷房運転後に「内部クリーン」運転ありとなしの条件において、4日後のカビの菌糸長を比較 【抑制の方法】エアコン内部の加熱と乾燥【対象】エアコン内部に付着したカビ【試験結果】カビセンサー内のすべてのカビ(2種類)で、成長が抑制されることを確認( No.141104)。 
※2:【試験機関】(一財)ボーケン品質評価機構【試験方法】菌液吸収法に基づく。フィルターを試験瓶に入れ、試験菌を接種し、20時間後に菌が99%以上減少していることを確認(試験番号 20218006759-1)。(試験は2種類のみの菌で実施) 
※3:【試験機関】(一財)ボーケン品質評価機構【試験方法】JIS Z 2911かび抵抗性試験方法(プラスチック製品の試験法B法)準拠【対象】JIS規定の菌株5種類【試験結果】かび抵抗性表示が2以下、「コーティングなし」と比較して1段階以上下回ったことを確認(試験番号20217071730-1)。【防カビ剤ポジティブリスト】第JP0501054A0001R号、第JP0501003A0002M号、第JP0501055A0003U号を使用【防カビ加工部位】送風ファン【防カビ加工方法】塗装【注意事項】防カビ試験は、SIAA指定方法にて実施しています。防カビ加工は、カビを死滅させるものではありません。使用条件によってはカビが発生する場合があります。SIAAの安全基準に適合しています。 
※4:【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】CS-X409C2において、25㎥の試験室にて、〈浮遊ウイルス〉ウイルス(1種類)を浮遊させ、〈浮遊カビ〉カビ胞子(1種類)を浮遊させ、〈浮遊細菌〉菌(1種類)を浮遊させ、エアコンを空気清浄運転【試験結果】空気清浄運転前に比べて、〈浮遊ウイルス〉約32分で99%減少(北生発2017-0023号)、〈浮遊カビ〉約21分で99%減少(北生発2017-0025号)、〈浮遊細菌〉約45分で99%減少(北生発2017-0024号)。 
※5:CS-X409C2において、日本電機工業会規格(JEM1467)に準拠し確認、風量設定「パワフル」(当社調べ)。タバコの有害物質(一酸化炭素など)は除去できません。
※6:【試験機関】新日本空調(株)【試験方法】CS-X409C2において、60㎥試験室にて、30μmのAPPIE標準粉体を浮遊させ、エアコンを空気清浄運転。継時的に試験室内(室内中央・床上120cm)の粉体数を計測 【試験結果】空気清浄運転前に比べ、約5分で99%減少。
※7:【試験機関】(一社)カビ予報研究室 【試験方法】25㎥(約6畳)、室温25℃、湿度70%の試験室にて、エアコン内部にカビセンサーを設置、1日3時間の冷房運転後に「オートクリーンシステム」ありとなしの条件において、7日後のカビの菌糸長を比較 【抑制の方法】オートクリーンシステム(「Ag+除菌」フィルター、フィルターお掃除ロボット、ホコリレスコーティング(熱交換器)、防汚・防カビコーティング(送風ファン)、内部クリーン(「ナノイー X」放出)、カビみはり)【対象】エアコン内部に付着したカビ【試験結果】カビセンサーのカビ8種類の成長が抑制されることを確認(報告書No. 180301、180302)。
※8:花粉の代表格であるスギ花粉において、花粉に含まれるアレル物質を無害な物質へ99%以上変性。【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター 【試験方法】試験室(約6畳)内で、布に付着させたアレル物質をELISA法で測定【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】花粉(スギ)【試験結果】約8時間で97%以上抑制、約24時間で99%以上抑制(4AA33-151001-F01)。【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター【試験方法】試験室(約6畳)で電気泳動法による検証【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】花粉(スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ・ススキ・シラカンバ・ヨモギ・オリーブ・ビャクシン・モクマオウ・ハンノキ・オオアワガエリ)【試験結果】約24時間で低減効果を確認(No.4AA33-151015-F01、4AA33-151028-F01、No.4AA33-160601-F01、4AA33-160601-F02、4AA33-160701-F01)。
※9:〈浮遊ウイルス〉【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】試験室(約6畳密閉空間)においてウイルスを浮遊させ空気中のウイルス感染価を測定【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】浮遊したウイルス【試験結果】約6時間で99%以上抑制(北生発24_0300_1号)。〈付着ウイルス〉【試験機関】ホーチミンパスツール研究所【試験方法】試験室(約6畳密閉空間)においてウイルスを布に付着させウイルス感染価を測定【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】付着したウイルス【試験結果】約2時間で99%以上抑制(2017年7月24日、Accreditation No. VILAS Med 014)。(試験は1種類のみのウイルスで実施)