寒冷地エアコンスペシャルサイト

福井県で活躍する加藤直也さんも フル暖 Eolia はじめてます! 福井県で活躍する加藤直也さんも フル暖 Eolia はじめてます!

加藤直也さんのプロフィール

福井県越前市出身。
2005年デビュー。DJ・ラジオパーソナリティー・リポーター・ドラマCD声優・ナレーター・司会・俳優業など、福井県を中心に北陸3県でマルチタレントとして活躍。

加藤直也さん加藤直也さん

加藤直也さんのEoliaガイド

厳しい冬でも春や秋のような快適さ!厳しい冬でも春や秋のような快適さ!

2019年は暖冬でしたが、例年は毎朝氷点下、最高気温で5℃前後、道路も車も凍結。雪は100cm前後積もっているのが通例の豪雪地帯。
天気が良くても朝の冷え込みは厳しく、氷点下まで下がります。家族全員仕事の為、朝8時にはみんな出勤。

その為朝6時からエオリアをタイマー&おまかせ機能で稼働。エオリアがあるLDKだけは別空間!服装を気にすることも無く、寒さとか冬とかを感じさせない、心地良い温かさ。
春か秋くらいの「ちょうどよく、何も気にしない」といった環境にしてくれていました。
全く何も気にならない空間をエオリア1台で作り出しているので、玄関に出た瞬間「今って冬なの?」と実感するほどでした!

エアコンの温度調節、風量、風向き等、エアコンって、本当に面倒で、「触らず勝手に調節してくれたらいいのに。」と思っていました。
ところが、エオリアは本当に「おまかせ=放っておけばいい」という状態で管理してくれるため、正直驚いています。

さらにパナソニックのアプリを使い、外出先から遠隔操作!両親から「○時頃に部屋を暖めておいて欲しい」とラインなどメール等が入ると、ネット経由で操作できるという文明の利器!これは凄い!

北海道の冬

設置前は心配していた接続環境やパワーですが、なんの不満もないというのが第一印象です!
パワーに関しては申し分ないというより、「これエアコンであって、ドライヤーじゃないよね?」と驚いてしまうほど。
高温の温風が勢いよく出てくるので、お風呂上がりでエオリアの前に立つと、髪も体も乾かせるほど。

両親は僕以上に、「エアコンはあくまで夏の冷房用」という疑念が強かった方ですが、エオリアで逆転勝利です(笑)
「空気感が自然であり嫌らしくない。冬を感じさせない自然な温かさ。」「エオリアがある部屋に洗濯物を干しておけば一気に乾く。天気が悪くても安心。」

北海道の冬

「アンタ(加藤直也)は肉が好きでよく料理する。牛丼を買ってきたときは、部屋中に牛丼の臭いが充満していたから、エオリアを付けたら、次の日の朝は全く臭わなかったからよかったわ~」と笑ってました。

今までエアコンは何度か買い替えていましたが、特に寒い冬、エアコンは止まりました。「電源を入れているのにエアコンって、時折止まるよね?なんでやねん!?」って思っていたくらいで、なぜ止まるのか?が分からなくて、パナソニックのエオリアを知った時、技術開発のスタッフさんとお話をさせて頂いた時、初めて理由がわかりました。現段階でエオリアが「止まったこと」は見たことが無いです。

パナソニックのエオリアは、使ってみると「エアコンってこんなだっけ?」と驚かされます。度肝抜かされることもあるというのが個人的実感です。今年は実験段階状態でしたが、来年は「灯油の注文と、ストーブの使用をしなくてもいい冬」をエオリアに期待して、実際に実験してみたいと思っています。

POINT ・おまかせ機能が快適に調整してくれる! ・ナノイーXで食べ物の臭いも気にならない!POINT ・おまかせ機能が快適に調整してくれる! ・ナノイーXで食べ物の臭いも気にならない!
エアコンのイメージを変えてくれることに期待!エアコンのイメージを変えてくれることに期待!

この度、フル暖Eoliaを設置しました。

正直、エアコンは夏場に使うもの。基本は冷房。暖房にするには、力が足りない。足元を温めるには及ばないと思っていました。

そんなイメージをフル暖 Eoliaが払拭してくれることに期待したいと思います!。エアコン一台で完結してくれたらなによりです。
足元が十分に暖かくなる足元暖房や、ハイブリッドエネチャージで暖かい風が止まらないというのも楽しみです。
毎年、冬場はいろいろな対策をしていますが、今年からフル暖Eoliaで快適な冬を過ごせるのだと、期待しています!

POINT 結露除去でも暖かさが止まらない「ハイブリッドエネチャージ」に期待POINT 結露除去でも暖かさが止まらない「ハイブリッドエネチャージ」に期待

加藤直也さん出演のCMもチェック!

寒冷地エアコン ラインナップ

UXシリーズ

寒冷地エアコン、プレミアムモデル

TXシリーズ

進化した寒冷地エアコン スタンダードモデル

スペシャルコンテンツ