機能比較一覧

タイプで選ぶ

適用床面積(目安)で選ぶ

「ナノイー」で選ぶ

F-VXP90

F-VXP90

F-VXP70

F-VXP70

F-VXP55

F-VXP55

F-VXP40

F-VXP40

F-PXP55

F-PXP55

F-PDP30

F-PDP30

タイプ 加湿空気清浄機 加湿空気清浄機 加湿空気清浄機 加湿空気清浄機 空気清浄機 空気清浄機
清浄時間
空気清浄運転時 8畳(13㎡)を7分 8畳(13㎡)を9分 8畳(13㎡)を11分 8畳(13㎡)を15分 8畳(13㎡)を11分 8畳(13㎡)を22分
加湿空気清浄運転時 8畳(13㎡)を8分 8畳(13㎡)を10分 8畳(13㎡)を12分 8畳(13㎡)を16分 - -
適用床面積の目安★1
空気清浄運転時 〜40畳 〜31畳 〜25畳 〜18畳 〜25畳 〜12畳
加湿空気清浄運転時 〜35畳 〜29畳 〜23畳 〜17畳 - -
ナノイーX / ナノイー ナノイーX ナノイーX ナノイー ナノイー ナノイー -
花粉1年中無力化★2 スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ・ススキ・シラカンバ・ヨモギ・オリーブ・ビャクシン・モクマオウ・ハンノキ・オオアワガエリ スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ・ススキ・シラカンバ・ヨモギ・オリーブ・ビャクシン・モクマオウ・ハンノキ・オオアワガエリ スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ -
アレル物質抑制※3※4 ダニ/フン・イヌ由来・ネコ由来・コウジカビ・ゴキブリ・ガ・スズカビ・ガンジダ・マラセセチア ダニ/フン・イヌ由来・ネコ由来・コウジカビ・ゴキブリ・ガ・スズカビ・ガンジダ・マラセセチア ダニ/フン ダニ/フン ダニ/フン -
汚れ抑制 カビ菌(付着)※5・菌(付着)※6・酵母・PM2.5・黄砂 カビ菌(付着)※5・菌(付着)※6・酵母・PM2.5・黄砂 カビ菌(付着)※5・菌(付着)※6・酵母・PM2.5・黄砂 カビ菌(付着)※5・菌(付着)※6・酵母・PM2.5・黄砂 カビ菌(付着)※5・菌(付着)※6・酵母・PM2.5・黄砂 -
脱臭 タバコ臭・生ゴミ臭・ペット臭・枕の頭皮臭・汗臭・焼き肉臭・生乾き臭 タバコ臭・生ゴミ臭・ペット臭・枕の頭皮臭・汗臭・焼き肉臭・生乾き臭 タバコ臭・生ゴミ臭・ペット臭・枕の頭皮臭 タバコ臭・生ゴミ臭・ペット臭・枕の頭皮臭 タバコ臭・生ゴミ臭・ペット臭・枕の頭皮臭 -
センサー
高感度ハウスダストセンサー
(0.3μmまで検知)

(0.3μmまで検知)
ハウスダストセンサー -
ニオイセンサー / ひとセンサー - - ニオイセンサー ニオイセンサー
温度センサー - -
照度センサー -
PM2.5解析プログラム - -
気流
ダブルフロー
花粉撃退気流
- - - -
ハウスダスト気流 - -
ニオイ・けむり気流
けむり気流
- -
PM2.5気流 - - -
気流制御
ツインルーバー搭載メガキャッチャー
ダブルフロー
(メガキャッチフォルム)

ダブルフロー
(メガキャッチフォルム)
- - -
ハウスダストキャッチャー - - -
(ルーバー付き)
運転モード
花粉撃退モード
(ひとセンサー非搭載)
- - -
花粉クリーニングモード - - - -
衣類脱臭運転 -
留守そうじ運転 - - -
おやすみ自動運転 -
寝室モード - - - - -
勉強モード - - - - -
集じんフィルター※7
HEPA 集じんフィルター(約10年交換不要) - - -
HEPA集じん ・脱臭一体型フィルター(約5年交換不要) - - - - -
ハイブリッド 集じんフィルター (約10年交換不要) - - - - -
静電フィルター(約2年交換不要) - - - - -
脱臭フィルター※7
スーパーナノテク脱臭フィルター
(約10年交換不要)

(約10年交換不要)

(約10年交換不要)
-
(約10年交換不要)

(約2年交換不要)
HEPA集じん・脱臭一体型フィルター(約5年交換不要) - - - - -
加湿※8
最大加湿量※9 870 mL/h
(タンク容量約4.0L)
700 mL/h
(タンク容量約3.2L)
500 mL/h
(タンク容量約2.3L)
350 mL/h
(タンク容量約1.6L)
- -
加湿設定 高め・標準・控えめ 高め・標準・控えめ 高め・標準・控えめ - - -
「フュージョン」素材採用加湿フィルター※10(約10年交換不要) - -
イオン除菌・防カビユニット - -
付加機能
エコナビ運転 -
切タイマー
(2時間後/4時間後)

(2時間後/4時間後)
- -
(2時間後/4時間後)

(3時間後)
キャスター - - - -
風量(㎥/分)
ターボ 8.7 6.7 5.4 4.0 5.5 2.7
3.1 2.7 1.9 - 2.5 1.7
静音 1.1 1.1 0.9 1.1 1 0.8
運転音(dB)
ターボ 55 54 53 49 52 44
34 33 29 - 32 34
静音 18 18 18 23 18 20
消費電力(W)
ターボ 88 60 53 52 49 28
11 10 8 - 11 20
静音 5.5 5.5 5 5.5 7 14
電気代の目安(円/h)
ターボ 2.4 1.6 1.4 1.4 1.3 0.8
0.3 0.3 0.2 - 0.3 0.5
静音 0.1 0.1 0.1 0.1 0.2 0.4
本体質量(㎏) 11.8 10.2 8.3 7.2 5.8 4.1
本体外形寸法 高さ×幅×奥行き (mm) 640×398×268 (+下部含む奥行は309) 640×398×238 (+下部含む奥行は279) 560×360×230 (+脚部10) 590×330×250 580×300×195 (+脚部10) 540×311×210

★1:適用床面積とは、(一社)日本電機工業会規格(JEM1467)で定められた基準により、30分できれいにできる部屋の広さを表し、集じんによる適用床面積の目安です。
★2:約6畳空間での約24時間後の効果です。※1 ※2

※1:花粉の代表格であるスギ花粉において、花粉に含まれるアレル物質を無害な物質へ99%以上変性。<スギ花粉>【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター 【試験方法】布に付着させたアレル物質をELISA法で測定【抑制の方法】 「ナノイー」を放出【対象】花粉(スギ)【試験結果】8時間で97%以上抑制、24時間で99%以上抑制(4AA33-151001-F01)。<スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ・ススキ・シラカンバ・ヨモギ・オリーブ・ビャクシン・モクマオウ・ハンノキ・ オオアワガエリ花粉>【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター【試験方法】約6畳空間で電気泳動法による検証【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】花粉(スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ・ススキ・シラカンバ・ヨモギ・ オリーブ・ビャクシン・モクマオウ・ハンノキ・オオアワガエリ)【試験結果】24時間で低減効果を確認(No.4AA33-151015-F01、4AA33-151028-F01、No.4AA33-160601-F01、4AA33-160601-F02)。
※2:花粉の代表格であるスギ花粉において、花粉に含まれるアレル物質を無害な物質へ変性。<スギ花粉>【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター【試験方法】布に付着させたアレル物質をELISA法で測定【抑制の方法】「ナノイー」 を放出【対象】花粉(スギ)【試験結果】88%以上抑制(BAA33-130402-F01)。<ヒノキ・ カモガヤ・ブタクサ花粉>【試験機関】信州大学 繊維学部【試験方法】45Lの密閉容器内で直接曝露し電気泳動法による検証【抑制の方法】「ナノイー」を 放出【対象】花粉(ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ)【試験結果】60分で低減効果を確認。
※3:<ナノイー X>【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター【試験方法】電気泳動法による検証【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】アレル物質(ヤケヒョウヒダニ・アルテルナリア・アスペルギルス・カンジダ・マラセチア ・ゴキブリ・ガ)【試験結果】低減効果を確認。(4AA33-160615-F01、4AA33-160615-F02、4AA33-160615-F03、4AA33-160615-F04)。 
※4:<ナノイー>【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター【試験方法】約6畳の試験室内で布に付着させたアレル物質をELISA法で測定【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】付着したダニのアレル物質(ダニのフン・死がい) 【試験結果】24時間で60%以上抑制(BAA33-130304-F04)。 
※5:<ススカビ>【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター【試験方法】約6畳空間において布に付着させたカビ菌の発育を確認【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】付着したカビ菌【試験結果】約8時間で抑制効果を確認 第13044083002-01号 試験報告書発行日:2013年6月14日。
※6:<付着菌>【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター【試験方法】布に付着させた菌数を測定【除菌の方法】「ナノイー」を放出【対象】標準布に染み付いた1種類の菌【試験結果】99%以上抑制(第13044083003-01号)。
※7:集じんフィルターは定期的なお掃除が必要です。交換の目安は、(一社)日本電機工業規格(JEM1467)に基づき当社で算出(強いニオイがある場合、より短い期間で脱臭フィルターの交換が必要になる場合があります)。
※8:加湿時、吹出口の温度が室温より低くなります。
※9:加湿量は(一社)日本電機工業会規格(JEM1426)に基づく、室温20℃ 湿度30%の場合。自己調湿機能により、高湿になると加湿量は減少します。
※10:ご使用状況によっては寿命が早いことがあります。定期的にお掃除が必要です。交換の目安は定格加湿能力に対し、加湿能力が50%に落ちるまでの期間。1日8時間運転に基づき当社で算出。