NEW 加湿空気清浄機 F-VXR90

加湿空気清浄機 F-VXR90の商品画像です。-TM(木目調)と-W(ホワイト)の2色展開です。適用床面積の目安は~40畳(空気清浄) 加湿空気清浄機 F-VXR90の商品画像です。-TM(木目調)と-W(ホワイト)の2色展開です。適用床面積の目安は~40畳(空気清浄) 加湿空気清浄機 F-VXR90の商品画像です。-TM(木目調)と-W(ホワイト)の2色展開です。適用床面積の目安は~40畳(空気清浄)

「ナノイー X」搭載&手ごわい花粉をパワフル吸引。
たっぷり加湿のプレミアムモデル

搭載機能のロゴです。ナノイーX、PM2.5 解析プログラム、日本製
エコナビ

「花粉撃退テクノロジー」で手ごわい花粉・ハウスダストを徹底除去

「ナノイー X」搭載

日本全国の花粉を1年中無力化

★ 約6畳空間での約24時間後の効果です。※1

「ダブルフロー 花粉撃退気流」搭載

ダブルフローツインルーバーの2方向に吹き出す風で、効率的な床上吸引を実現。花粉の除去性能約2倍!※2

●15年発売F-VXL90と新製品F-VXR90との比較(当社調べ)。
使用状況によって効果は異なります。

パナソニックの「ナノイー X」搭載 加湿空気清浄機は 日本アトピー協会推薦品として認定されました。「ナノイー X」搭載 2018年度モデル  F-VXR90/F-VXR70 パナソニックの「ナノイー X」搭載 加湿空気清浄機は 日本アトピー協会推薦品として認定されました。「ナノイー X」搭載 2018年度モデル  F-VXR90/F-VXR70

特長を詳しく見る

ナノイー X / ナノイー

お部屋に侵入する花粉やPM2.5 などの空気リスク、生活臭などの不快な空気の汚れをクリーンに。

高精度なセンサー

適切な位置に配置された高精度なセンサーが、さまざまな汚れを検知します。

多彩な吸引モード

汚れの種類に合わせて、気流を切り替えて効果的に吸い込む。

高性能フィルター

吸い込んだ汚れを高性能なフィルターがしっかり捕らえて逃がさない。

うるおう

最大1時間に870mL※3のパワフル加湿でたっぷりうるおう。

お手入れカンタン&使いやすい

お手入れしやすい工夫と使い勝手に配慮した親切設計。

ピックアップ

空気清浄機 4つのスゴ技!

花粉に悩むあなたの為の4つのスゴ技をご紹介します!

くつろぎのひとときをあなたにウェスティン ルスツリゾート

「ウェスティン ルスツリゾート」がパナソニックの加湿空気清浄機を導入!

2016年度商品の内容になります。

特別な空間が選んだ空気清浄機-星野リゾート 界 鬼怒川-

大自然に囲まれた、上質な旅館にも調和する空気清浄機「F-VXL90」の魅力をお伝えします。

2015年度商品の内容になります。

みんなのレビュー

”購入者の声”やモニター販売による”発売前の声”が満載

※オープン価格商品の価格は販売店にお問い合わせください。

※1:花粉の代表格であるスギ花粉において、花粉に含まれるアレル物質を無害な物質へ99%以上変性。 <スギ花粉>【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター 【試験方法】布に付着させたアレル物質をELISA法で測定 【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】花粉(スギ)【試験結果】8時間で97%以上抑制、24時間で99%以上抑制(4AA33-151001-F01)。 <スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ・ススキ・シラカンバ・ヨモギ・オリーブ・ビャクシン・モクマオウ・ハンノキ・オオアワガエリ・カナムグラ花粉>【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター【試験方法】約6畳空間で電気泳動法による検証【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】花粉(スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ・ススキ・シラカンバ・ヨモギ・オリーブ・ ビャクシン・モクマオウ・ハンノキ・オオアワガエリ・カナムグラ)【試験結果】24時間で低減効果を確認(4AA33-151015-F01、4AA33-151028-F01、4AA33-160601-F01、4AA33-160601-F02、1V332-180301-F01)。 
※2:約18畳の試験室で、本体を壁際に設置し運転。対向壁際付近の床上で花粉相当の粉じんを発生させ、本体前方床上付近の1点に到達する個数を測定。発生量に対する到達個数の比率を比較:〈2016年度F-VXM90(F-VXR90と同等性能機種)〉比率0.81 〈2015年度当社従来品F-VXL90〉比率0.39。 運転条件:空気清浄運転(加湿設定オフ)、花粉撃退モードでの自動最大風量時。当社独自の試験条件による評価。数値はあくまでも目安であり、設置環境、使用状況によっても効果が異なります。 
※3:F-VXR90の場合。加湿量は(一社)日本電機工業会規格(JEM1426)に基づく、室温20℃ 湿度30%の場合。自己調湿機能により、高湿になると加湿量は減少します。