ホームベーカリーでかんたん! 子どもと楽しむ、手づくりパン

手づくりパンのいちばんのハードルは、粉が飛び散ったり、洗い物が増えたり、何かと大変なパン生地づくり。でも、ホームベーカリーがあれば、かんたんラクラク!
面倒な「ねり」〜「発酵」まで全部おまかせできるから、こんなにかわいい成形パンも、驚くほどかんたんな工程でつくることができます。

今度の休日は、子どもと一緒にパンづくりを楽しんでみませんか?

オート機能で「リッチ生地」をつくる

①材料を準備する

<材料>

  • 強力粉…250g
  • バター…40g
  • 砂糖…25.5g(大3)
  • 塩…5g(小1)
  • スキムミルク…12g(大2)
  • 水…140g(mL)
    ※室温25℃以上のときは、約5℃の冷水を使う。
  • 溶き卵…25g(M寸1/2個分)
    ※残った卵は仕上げのつや出し用に取っておく。
  • ドライイースト…2.8g(小1)

★材料の「大1」は、付属の「大スプーン1杯」の意味です。「小さじ」「大さじ」は市販の軽量スプーンのことです

②生地をつくる
  • パン羽根をセットしたパンケースにドライイースト以外の材料を入れ、本体にセットする。
  • イースト容器にドライイーストを入れる。
  • メニュー【d3(リッチ生地)】を選び、スタートする。
  • 約1時間で生地(一次発酵済)が完成。ピッピッと鳴ったら【取消】を押して、生地をすぐ取り出す。(そのまま放置すると、さらに発酵が進みます。生地の配合を変えると、発酵が遅くなることがあります)
  • 生地を6等分して丸め、ぬれふきんをかけて約15分休ませる。

簡単! 動物パンをつくろう。

くまさんパン

①それぞれ耳、顔用に3分割する。

②3分割した生地をそれぞれ丸める。

③丸めた生地をくまさんの形をつくり、30〜35℃で約40分(2倍の大きさになるまで)発酵させる。
表面にドリール(つや出し用溶き卵)を塗り、190〜200℃に予熱したオーブンで約13分焼く。

④粗熱が取れたら、チョコペンで顔を描く。

うさぎさんパン

①それぞれ耳、顔用に3分割する。

②3分割した生地をそれぞれ成形する。

③成形した生地でうさぎさんの形をつくり、30〜35℃で約40分(2倍の大きさになるまで)発酵させる。
表面にドリール(つや出し用溶き卵)を塗り、190〜200℃に予熱したオーブンで約13分焼く。

④粗熱が取れたら、チョコペンで顔を描く。

レシピ監修
坂口もとこさん
メニュープランナー
Motti&BentonFoodConsulting(株)
代表取締役