DP-UB9000(Japan Limited)機能 [HDR画質の進化]

より自然でリアルな
HDR映像を楽しめる

シーンごとに輝度を最適化して忠実な映像を再現 HDR10+/Dolby Vision対応

国内で初めて最新のHDR規格である「HDR10+」「Dolby Vision」の両方に対応。

HDRは、従来のSDR(スタンダードダイナミックレンジ)に比べてより広い明るさの幅(ダイナミックレンジ)を表現できる技術で、より自然でリアルな描写が可能になります。
従来のHDR(HDR10)は映像の明るさを表すメタデータとして映像作品ごとの値を用いていましたが、「HDR10+」「Dolby Vision」は一歩進めて映像作品内のシーンごとのメタデータを用いる事により、各シーンの明るさを最適に表示し、映像製作者の意図により忠実なHDR映像が再現できます。
さらに、「HDR10+」「Dolby Vision」はHDR10と下位互換があるため、HDR10対応テレビに接続した場合、HDR10相当の高画質でお楽しみいただけます。

*国内市販のブルーレイディスクプレーヤーとして。2018年12月7日発売。

[HDR10+/Dolby Visionに関する注意事項]

●HDR10+仕様で映像出力するには、プレーヤー、映像作品、ディスプレイのすべてがHDR10+に対応している必要があります。
●Dolby Vision仕様で映像出力するには、プレーヤー、映像作品、ディスプレイのすべてがDolby Visionに対応している必要があります。
●HDR10+仕様で映像出力を行っている場合は、HDR関連の画質調整機能が無効になります。
●Dolby Vision仕様で映像出力を行っている場合は、画質調整機能が無効になります。

映像作品ごとに自動的に適切なHDR映像を再現 HDRトーンマップ

通常はディスプレイ側で行うトーンマップ処理をプレーヤー側で高精度に行う独自の「HDRトーンマップ」技術を採用。ディスプレイが表現しきれないHDR映像の高輝度部の色や階調を、独自の処理で映像作品ごとに自動的に最適化します。お使いのディスプレイによらず、より安定してHDR映像をお楽しみいただけます。液晶テレビや有機ELテレビに加えて、プロジェクターに最適化したモードも搭載しています。

●お買い上げ設置設定では、HDRトーンマップは「切」状態となっています。
●HLG/SDRコンテンツの再生時や、 HDR10+/Dolby VisionコンテンツをHDR10+/Dolby Vision仕様で映像出力している時は、HDRトーンマップは無効となります。

HDRディスプレイタイプの設定

接続するHDRディスプレイのタイプを選択することで、HDRトーンマップの性能を最適化することができます。

HDRディスプレイタイプは初期設定画面で変更できます。

プロジェクター専用設定を株式会社JVCケンウッドと協力して開発

UB9000は、自動HDRトーンマップ用のHDRディスプレイタイプとして、「プロジェクター専用設定(高輝度のプロジェクター、ベーシックな輝度のプロジェクター)」を選択できます。
この設定を選ぶと、UB9000がプロジェクターに合わせて映像を最適化するため、これまでプロジェクターでは表現が難しかったHDR映像の高輝度部の色や階調の再現性が向上します※1
この設定は、株式会社JVCケンウッドと協力してHDR映像を最適化する取り組みを行うことにより、実現しました。同社製プロジェクター「DLA-V9R」「DLA-V7」 「DLA-V5」と組み合わせることで、大画面で、HDR映像作品がもつ豊かな色や階調をより適切にお楽しみいただけます。

※1 映像作品によっては効果が得られない場合があります。

パナソニックの技術で色と階調の再現範囲を拡大 パナソニックの技術で色と階調の再現範囲を拡大
連携対応プロジェクター

DLA-V9R

DLA-V9R

DLA-V7

DLA-V7

DLA-V5

DLA-V5

HDR映像やSDR映像のコントラスト感を自在に調整できる システムガンマ調整

HDR映像のコントラスト感は、素材やディスプレイ(液晶テレビ、有機ELテレビ、プロジェクターなど)によってさまざまです。新開発の「システムガンマ調整」を用いれば、HDR映像のコントラスト感をお好みに合わせて自在に調整することができます。HDR映像をSDRに変換して出力する場合やSDR映像に対しても有効です。

●HDR10+/Dolby VisionコンテンツをHDR10+/Dolby Vision仕様で映像出力している時は、システムガンマは無効となります。

HDR映像を見やすく HDR映像の明るさ調整

新開発の画質エンジンにより、当社独自の「HDR明るさ調整」の処理精度が向上。調整時の色や階調の歪みを低減し、さらに高精度な調整が可能となりました。

ダイナミックレンジ調整

HDR映像をHDR対応テレビで視聴する場合に、映像の明るさを調整できます。例えば、明るいリビングで視聴するときでも、HDR映像の暗い部分を明るく調整することで、見やすい映像が楽しめます。
さらに、明るさを抑えるように調整することで、テレビやプロジェクターによっては表現しきれていなかった明部のディテールも映し出すことができます。

ダイナミックレンジ調整 ダイナミックレンジ調整
ダイナミックレンジ調整 ダイナミックレンジ調整
ダイナミックレンジ変換調整

HDR映像をHDR非対応テレビで視聴する場合に、映像の明るさを調整できます。当社独自のダイナミックレンジ変換により、高画質の映像をお楽しみいただけます。

●Ultra HD ブルーレイ規格のHDR信号に対応していないテレビをお使いの場合、ディスクによっては再生できない場合があります。

HDRに関する設定をひとまとめ HDR調整画面

新たに加わった「HDRトーンマップ」「システムガンマ」を含め、HDR調整に関する設定を一か所に集約しました。リモコンからワンボタンで移動できるので、手軽に調整作業を行っていただけます。

HDR10メタデータ(輝度情報)の表示にも対応 再生情報の表示

再生中のDVD、ブルーレイ、Ultra HD ブルーレイ作品、動画ファイルの素材情報とHDMI出力信号情報を各々表示することができます。映像の解像度やフレームレートや音声のコーデック等の一覧をリモコンのボタンひとつで表示できるので、かんたんに接続状況を確認できます。さらにUltra HD ブルーレイ作品のHDR10メタデータ(輝度情報)の表示にも対応。映像制作時に使用したマスターモニターの情報や、コンテンツの輝度情報などを確認することができます。

*動画ファイル(MKV、MP4、MPEG TS/PS)再生時(DLNAなどのサーバー接続時は除く)。
●HDR10メタデータの各情報は、素材側(メディア情報)と出力側(HDMI映像出力情報)を表示します。

■再生情報の内容

映像情報 解像度、フレームレート、HDR/SDR、色空間、階調ビット数、コーデック、ビットレート
音声情報 コーデック、チャンネル数、ビットレート

■HDR10メタデータの内容

マスターディスプレイ情報 RGBプライマリ(x/y座標)、ホワイトポイント(x/y座標)、最大輝度(nit)、最小輝度(nit)
コンテンツ情報 最大輝度(nit)、最大フレーム平均輝度(nit)

お好みに合わせて細かく調整 字幕の輝度・位置調整

市販のブルーレイディスクやDVD映像の字幕の輝度や位置を調整できます。Ultra HD ブルーレイの4K/HDR映像でも、字幕をお好みの明るさ・位置に合わせて作品を楽しめます。

●字幕輝度の設定値は、「標準」、「-1」~「-12」の13段階から選べます。字幕位置の設定値は、「-32」~「-1」、「標準」、「+1」~「+32」の65段階から選べます。
●操作メニュー画面から「字幕設定」を選ぶと、設定が表示されます。

字幕輝度「標準」に設定した場合/字幕輝度「-12」(最も暗い値)に設定した場合 字幕輝度「標準」に設定した場合/字幕輝度「-12」(最も暗い値)に設定した場合

例えば、暗い映像の背景と、字幕の明るさの差が大きく、目の負担に感じるときは、文字色を少し暗めに調整できます。

お気に入り調整値を複数保存できる 映像設定メニュー

映像設定メニューで、標準設定に加えて、「設定1」「設定2」の2種類の画質調整値を保存できます。さらに「設定1」「設定2」の調整値は、Ultra HD ブルーレイディスク、ブルーレイディスク、DVDで個別に保存できるので、合計で標準+6種類のお気に入り調整値が保存できます。

Ultra HD ブルーレイディスクの場合/ブルーレイディスク/DVDの場合 Ultra HD ブルーレイディスクの場合/ブルーレイディスク/DVDの場合

●「ブルーレイディスク」/「DVD」は、同じメニューを設定できます。
●「Ultra HD ブルーレイディスク」と「ブルーレイディスク」/「DVD」では、設定できるメニューが異なります。

ほかの機種と比べる

●記載されている各種名称、会社名、商品名などは、各社の登録商標または商標です。
●機能説明写真、シーン写真、イラストはイメージです。