47都道府県のアスリートたち

秋田県

秋田県秋田市、綾瀬さんが陸上の格闘技を疑似体験!

2018年02月27日

写真:体育館で選手たちとランニングをする綾瀬さん

暮れも押し迫る2017年12月下旬、綾瀬はるかさんは秋田県を訪れました。綾瀬さんが会いにいったのは、秋田大学医学部陸上競技部・広田有紀さんです。今回のテーマは、広田さんの専門種目である、中距離800m走。綾瀬さんは、秋田大学で特別講義やトレーニングを体験しました。

特別講義「中距離800m走とは?」

写真

綾瀬さんに陸上競技の講義をする広田さん

秋田大学の講堂で、綾瀬さんを出迎えてくれたのは、秋田大学陸上競技部&医学部陸上競技部のみなさん。挨拶を済ませると、特別講義がスタートです。まずは、医学部陸上競技部と、全学陸上部(通常、医学部生以外が所属する陸上部)の違いを広田さんが解説。

写真

みなさんと一緒に講義を聴く綾瀬さん

「医学部と他の学部では、カリキュラムが違うため、練習時間が合いません」 そのため、医学部の学生が入る運動部が存在しており、医学部陸上競技部もそのひとつだそうです。

医学部陸上競技部の背景がわかったところで、いよいよ競技のレクチャー。陸上競技の中でもトラックでの競走は、短距離ブロック、中距離ブロック、長距離ブロックに大きく分類されます。広田さんの専門種目である800m走は中距離ブロックです。

画像:走る時の注意点が書かれたトラックのイラスト

画像:ラストスパートポイントが書かれたトラックのイラスト

写真

綾瀬さんが、気になるポイントを広田さんに質問

ここからは、ホワイトボードの図を使っての解説。800m走は400mトラックを2周します。1周目の「場所取り」のための接触ポイントから、2周目のバックストレートのつらさ、残り200mでのスパートまで、広田さんは臨場感たっぷりに800m走のレース展開を講義。綾瀬さんも熱心に耳を傾けていました。

「陸上の格闘技」を疑似体験

写真

準備運動は、ランニングからスタート

講義を受けたあとは、いよいよ綾瀬さんが広田さんたちとのトレーニングに参加します。ただ、12月の秋田は雪景色ゆえ、トラックではなく、体育館での練習となりました。まずはランニングと体操で身体を温めます。

写真

綾瀬さんもコース取りに体を張って挑戦

続いては、講義の中で綾瀬さんも興味津々だった、場所取りや接触を体感。体育館をトラックに見立てて、綾瀬さんを含めて横一列に並びます。スタートの合図とともに、最初のバックストレートに入ったイメージで、一気にコース取りのために内側に突っ込んでいきます

写真

肘をつかって陸上の格闘技を体感

最初は遠慮がちだった綾瀬さんも何本かやるうちに、だんだん調子があがってきます。ガシガシと肘を横に張って、前に出てくる綾瀬さん。何回目かには、うまくコース取りを決めて、スッと前に抜け出すことに成功。ゴールとともに、思わず笑顔が飛び出します。

サーキットトレーニングにも挑戦!

中距離は、スピードとともにスタミナも求められる競技。そこで、過酷なサーキットトレーニングにも挑戦。体育館で4つのポイントをジョギングで回ります。各ポイントでは、最初にジャンプしてスクワットをする「空気イス」、次に足を交互に前後させながら腰を落とす「ジャンピング・ランジ」、さらに手足を大きく広げて跳ぶ「スタージャンプ」、最後に腕立てふせの態勢からジャンプして手を叩く「バーピー」を行います。

写真:サーキットトレーニング「空気イス 」に挑戦する綾瀬さんと選手たち

「空気イス 」

写真:サーキットトレーニング「ジャンピング・ランジ 」に挑戦する綾瀬さんと選手たち

「ジャンピング・ランジ 」

写真:サーキットトレーニング「スタージャンプ 」に挑戦する綾瀬さんと選手たち

「スタージャンプ 」

写真:サーキットトレーニング「パーピー 」に挑戦する綾瀬さんと選手たち

「パーピー 」

選手のみなさんが語る、"夢"

写真

みなさんの"夢"に耳を傾ける綾瀬さん

体験を終えた綾瀬さんは、広田さんたちに練習のことや勉強と運動の両立について話を聞きました。「練習がオフのときでも走っているんですか?」 綾瀬さんの質問に広田さんは、「気分転換として明るいうちに走るようにしています」と話します。広田さんにとって、ジョギングはリフレッシュ。みなさんも「走ることは勉強の息抜き」と言います。「たしかに、走ると前向きになれるし、切り替えにはいいかも」と、綾瀬さんも共感していました。

「夢はなんですか?」 綾瀬さんの質問に、「頼りにされる医師になりたい」「仕事しながら走ることは続けたい」「来年は全国大会に出られるようにがんばりたい」など、大学生・医学部生として、あるいはランナーとして、それぞれ夢を語ります。

写真:選手たちと綾瀬さんの集合写真

そして広田さんの夢は、東京2020オリンピックへの出場。「2020年の日本選手権で一位になれば、(オリンピックに)出られるので、そのための練習をひたすらやります」と広田さん。綾瀬さんは、みなさんの夢を語る力強い言葉に大きくうなずいていました。

動画へ

ふれあい映像

秋田 秋田大学医学部陸上部と綾瀬はるかのふれあい

YouTube 動画:綾瀬はるか meets 秋田・陸上篇 Long Ver. 再生する

おすすめ記事