47都道府県のアスリートたち

宮城県

綾瀬さんフェンシングが盛んな、気仙沼へ!初体験で初試合の結果は...?!

2016年11月25日

写真

フェンシングを体験する綾瀬さん

2016年10月初旬、綾瀬さんが訪れたのはフェンシングで9年連続日本代表を輩出している宮城県、本吉町フェンシング協会。メンバーのひとりである齋藤利莉(さいとう りり)さんは、小学六年生から三年連続、日本代表メンバーに選出され、今年も代表を狙う中学三年生。綾瀬さんはまず、齋藤さんのご自宅へ訪問しました。あいにくの天気となってしまいましたが、迎えてくれた齋藤さんご家族の笑顔が眩しい。「毎日賑やかで楽しそう!」と綾瀬さん。

写真:齋藤さん家族と綾瀬さん

利莉さんは小学三年生のとき、東日本大震災で父の道利(みちとし)さんを亡くされました。利莉さんは道利さんと毎日一緒にお風呂に入り、就寝時には母・江利(えり)さんと道利さんを取り合うほど大好きな存在でした。しかし震災後、利莉さんはスランプに陥り勝てない日々が続きます。小学五年生のとき、ライバルの藤澤将匤(ふじさわ しょうま)君が日本代表に選出。その姿を見て「私も変わらなきゃ」と考えるように。そこから再びフェンシングと向きあえるようになりました。母・江利さんからは、フェンシングを通して家族のキズナがより深まったお話しも聞くことができました。

利莉さんのご自宅からほど近い海岸で散歩をすることに。ここは利莉さんが小さい頃飼っていた愛犬の散歩コースだったそうです。思い出話をしながら綾瀬さんと一緒に歩く姿はドラマのワンシーンのようでとても素敵でした。

写真:三浦監督からアドバイスを受ける綾瀬さん

写真:選手たちと一緒に練習する綾瀬さん

いよいよ練習会場へ!三浦監督からアドバイスを受け、フェンシング用語であるフランス語で早速練習です。「マルシェ!(一歩前へ)」「ファンデヴ!(突く)」。フェンシング初体験の綾瀬さんでしたが、「フォーム が素晴らしい!」と三浦監督。いくつか練習メニューをこなした後、利莉さんとライバル将匤くんの試合を観戦。他のメンバーも技を盗もうと真剣な眼差しです。結果は将匤くんの勝ち。練習なのに凄く悔しそうな利莉さん。ここにも強さの秘密を感じます。そしていよいよ綾瀬さんと利莉さんの試合。三浦監督からこっそり新技を教えてもらい、いざ「アレ!(始め)」。綾瀬さんの新技は果たして決まったのでしょうか・・・?!動画で試合の様子をぜひチェックしてみてくださいね!

写真:本吉町フェンシング協会の子どもたちと綾瀬さんの記念撮影

最後に三浦監督から剣を持ったポーズの提案で記念写真。掛け声「ラッサンブレ!(試合前の敬礼)」は「世界で羽ばたいて欲しい」と願う三浦監督の想いが表れていたようでした。

動画へ

ふれあい映像

本吉町フェンシング協会の子どもたちと綾瀬はるかのふれあい。前篇

YouTube 動画:綾瀬はるかmeets 宮城フェンシング篇 Long ver.前篇 再生する

本吉町フェンシング協会の子どもたちと綾瀬はるかのふれあい。 後篇

YouTube 動画:綾瀬はるかmeets 宮城フェンシング篇 Long ver.後篇 再生する

おすすめ記事