カーバッテリー取扱方法

カーバッテリー取扱方法

自動車用バッテリー緊急時には

ブースターケーブル取扱い時の注意

車両のライトの消し忘れや車両を長期放置した場合には、カーバッテリーが放電してエンジン始動が困難になるときがあります。応急処置としてブースターケーブルを用いて始動させる場合には次に示すように正しく使用しなければなりません。ブースターケーブルの取扱いは事故を誘発するおそれがあるので十分注意して取扱う必要があります。

  • ケーブル接続の際、カーバッテリーの(+)端子と(-)端子とをケーブルでショートさせない様に注意してください。
  • 救援車のカーバッテリーはカーバッテリーあがり車と同じ電圧のカーバッテリーを使用してください。
  • ブースターケーブルを引っ張った状態で使用しないこと、またクリップはしっかり接続してください。
  • ブースターケーブルでエンジンを始動させる場合には、保護メガネを着用してください。
  • ブースターケーブルはカーバッテリーの大きさに適したもので破損、腐食などの異常のない事を点検してから使用してください。
  • エンジンルーム内にカーバッテリーがない車両や、カーバッテリーを2個使用している車両は、その車両の取扱説明書に従ってください。
(注)ブースターケーブルを用いたエンジン始動は、あくまでも緊急時の応急処置です。

バッテリーがあがってしまった場合ブースターケーブルによるエンジン始動方法

バッテリーがあがってしまった場合、以下の手順でエンジンを始動することができます。

  1. トラブル車(バッテリーあがり車)と同電圧(12Vか24Vを確認)、同等容量の車両に救援を依頼します。
  2. トラブル車、救援車ともにエンジンキー(パワースイッチ)はOFF(切)にしてください。
  3. ブースターケーブルを図の
    の順につないでください。
    は、必ずバッテリーから離れた車両の固定された未塗装の金属部(ボトル、エンジン本体のフックなど)に接続してください。*ブースターケーブルははずれないように確実に固定し、冷却ファン、ベルトに巻き込まれないようにしてください。
  4. 救援車のエンジンを始動し、エンジン回転数を少し高めにしてください。
  5. トラブル車のエンジンをかけてください。
  6. ブースターケーブルをつないだときと逆の順
    にはずしてください。
  7. 最寄りのバッテリー販売店、カーディーラーなどで点検を受けてください。
イラストは、いずれの車両にもRタイプのバッテリーが搭載されている場合としております。実際に作業する場合は、搭載されたバッテリーの(+)(-)の位置を確認のうえ正しく接続してください。
一般的な車両の一例です。詳しくはトラブル車の取扱説明書をご参照ください。④の接続位置などが具体的に指示されている車両もあります。また、エンジンルーム内にバッテリーが搭載されていない車両や、バッテリーを2個使用している車両は、必ずその車両の取扱説明書に従ってください。
バッテリーがあがってしまった場合ブースターケーブルによるエンジン始動方法
(注)ブースターケーブルを用いたエンジン始動は、あくまでも緊急時の応急処置です。