ETC2.0サービス対応

高速道路での運転支援情報サービス・ETC2.0限定割引などETC2.0を活用したサービスに対応。
さらに今後、道路交通情報や走行履歴・経路情報などのビックデータを活用して、新しいサービス展開が導入される予定です。

ETC2.0の運転支援情報サービス

ETC2.0では最大約1,000kmの広域交通情報が受けられます。
遠方の事故渋滞などを避け、よりスマートな経路選択が可能になることにより、目的地までの所要時間が短縮可能です。

スイテルート案内(ダイナミックルートガイダンス)
安全運転支援情報
広域道路情報

圏央道、新湘南バイパス『ETC2.0限定割引』

例:休日に厚木から久喜にゴルフに行く場合(※東名高速[厚木IC]~東北自動車道[久喜IC]を普通車で往復利用した場合の比較)ETC2.0割引+圏央道経由により、往復1,480円お得(ETCを利用して首都高速を経由した場合との比較)

主な区間の料金例(普通車)

大井松田⇔相模原 往復640円お得
入間⇔境古賀 往復1,000円お得
つくば中央⇔神崎 往復420円お得
松尾横芝⇔木更津東 往復980円お得
  • 平日9時~17時の基本料金。朝夕・深夜割引や休日割引などの割引は含まず。
  • 2018年8月時点の料金で将来変更になる場合があります。

一時退出しても料金変わらず

ETC2.0搭載で目的地まで高速道路を利用した場合と同じ料金になります。

一時退出のイメージ
利用条件 ①ETC2.0搭載車が対象(全行程で同一のETCカード利用)。②ICで一時退出し、指定の道の駅に必ず立ち寄る。③退出後1時間以内に同じICから目的地方向へ再進入。

全国20箇所の道の駅への一時退出が可能です。(実験中)
出典:国土交通省

経路情報を活用したサービス(予定)

大都市部では環状道路の整備に伴って、経路選択の幅が飛躍的に増加中。
「ETC2.0」を装着することで、経路情報の収集・蓄積が可能となります。
目的地へ向かう途中の渋滞、事故等の状況に応じて経路選択を行うことにより、ドライバーの負担を軽減します。
大都市圏などで、環状道路などを使って同じ目的地に向かう場合、
渋滞を避けたルートを走行した時に高速道路料金割引になるサービスが検討されています。

賢い経路選択が可能に

ETC2.0で多様な民間サービスが登場(予定)

ドライブスルーやガソリンスタンドでの自動料金決済など、より便利で快適な民間サービスへと展開される予定です。

関連技術を活用した民間サービスの展開

高速道路での交通情報サービスは2022年3月31日をもって電波ビーコン(2.4GHz)が停止となり、
今後はITSスポット(ETC2.0)に一本化されます。

  • 公共駐車場(自動料金決済)
  • ガソリンスタンド(自動料金決済)
  • ドライブスルー(車内での注文/自動料金決済)
  • フェリー港(フェリー乗船の簡素化)
  • 店舗(広告発信/顧客管理等)