接続可能携帯一覧

BLUETOOTH®接続対応表(携帯電話)[2017年11月現在]

※ダイヤルアップ接続に対応していない携帯電話では次の機能はご使用できません。
・オンライン検索(楽曲タイトル情報取得) ・オンラインおでかけ旅ガイド ・ホームネットワークカメラ

携帯電話 (○使用可能  ×使用できません  -接続機器に機能が搭載されていません)

キャリア 携帯型番 ハンズ
フリー
電話帳
転送
AUDIO ダイヤル
アップ接続
NTT
docomo
P-03C
※1※2
P-05C
※1※2
P-01F
※1※2
P-01G
※1※2
P-01H
※2
P-01J(P-smart ケータイ)
※3

※1※2
-
N-02C
※1※2
N-03C
※1※2
N-05C
※1※2
N-02D
※1※2
N-01E
※1※2※4
-
SH-07B
※2
SH-05C
※2
SH-06C
※2
SH-09C
※2
SH-10C
※2
SH-03D
※2
SH-05D
※2
SH-06G(AQUOS ケータイ)
※8

※1
-
SH-01J(AQUOS ケータイ)
※3

※1※2
-
F-01C
※2
F-02C
※2
F-03C
※2
F-09C
※2
F-10C
※2
F-02D
※2
F-04D
※2
F-01E
※4
-
F-07F
※2※7
F-05G
(ARROWS ケータイ)

※3

※1※2
-
F-02J
(らくらくホン)

※3
- - -
CA-01C
キャリア 携帯型番 ハンズ
フリー
電話帳
転送
AUDIO ダイヤル
アップ接続
au S006
(Cyber-shot
ケータイ)

※4
S007
※4
SOY05
(URBANO affare)

※4
G11
(iida)
SH011
※4
SHF31
(AQUOS K)

※1
×
SHF32
(AQUOS K)

※1
×
SHF33
(AQUOS K)

※1※2
×
T006
※4

※5
T007
※4
T008
※4
CA007
※4
F001
※4
KYY06
(GRATINA)
-
KYY08
(MARVERA)

※4
KYY09
(MARVERA 2)

※4
KYY10
(GRATINA2)
-
KYF31
(GRATINA 4G)

※3

※2※9
×
KYF33(TORQUE X01)
※3

※1※2
×
softbank 001P
(LUMIX Phone)

※2
103P
(COLOR LIFE 3)

※1※2
×
301P
(COLOR LIFE 4)

※1
401PM
(COLOR LIFE 5)

※1※2
001SH
(PANTONE3)

※6

※2
004SH
(THE PREMIUM7)

※4
109SH
(THE PREMIUM9)

※4
202SH
(PANTONE)

※2
301SH
(THE PREMIUM 10)

※2
501SH
(AQUOSケータイ)

※1※2
601SH
(AQUOS ケータイ2)

※3

※1※2
501KC
(DIGNO )

※3
×
※1※2

ハンズフリーモード=ハンズフリー機器を使って通話するモード/プライベートモード=携帯電話を通じて通話するモード

※1 早送り、巻き戻しはできません。

※2 他のオーディオや、ハンズフリー状態からBLUETOOTH AUDIOに遷移した場合、BLUETOOTH AUDIO再生操作や接続操作が必要となります。

※3 携帯電話から発信した場合や携帯電話で着信した場合でもハンズフリーとなります。

※4 BLUETOOTH AUDIOのみの使用はできません。ハンズフリーとBLUETOOTH AUDIOの両方を設定してください。

※5 データ通信終了後、ハンズフリーやBLUETOOTH AUDIOに自動接続できません。ナビゲーションシステムおよび携帯電話を操作して再接続してください。

※6 携帯からナビへの通話転送する場合は、携帯での操作となります。

※7 ナビゲーションシステムとのBLUETOOTH接続が切断した場合は、手動にて接続してください。

※8 フリップクローズ状態のとき、発信を失敗することがあります。このときは、もう一度発信してください。

※9 BLUETOOTH AUDIO再生中、カーナビから早送り/早戻しを行った後、ボタンを離してもしばらく通常再生に戻らず行き過ぎることがあります。

<お知らせ>

1.ナビに表示される携帯電話のステータス(電波状況、電池残量、BLUETOOTH®通信状況)については、携帯電話とナビの表示が異なる場合があります。

2.一部の携帯では同じ電話番号へのリダイヤルを短時間で繰り返し行うと、その電話番号への発信が一時的にできなくなることがございます。その場合は、しばらくお待ちになってから、おかけ直しください。

3.BLUETOOTH AUDIO再生は、電波状況や周囲環境により音が途切れることがあります。

4.トラック名/アルバム名/アーティスト名が表示されないことがあります。

5.折り畳み式携帯電話機の場合、フリップクローズ状態でハンズフリーから電話機通話に通話切替を行うと、通話が切断する場合があります。電話機の設定をお確かめください。

6.マナーモード時はAUDIO出力がでないことがあります。このときはマナーモードを解除するか、端末で音量調整を行ってください。

※掲載している携帯電話は2017年11月までに一定の条件下で動作を確認したものです。機種によっては動作確認後に仕様変更が行われ、一覧表の情報が変更になる可能性があります。通信できなかったり、一部の機能が動作しない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

※2017年11月現在、未調査もしくは動作確認が取れていない機種については掲載しておりません。あらかじめご了承ください。

※この一覧は、検証に使用した特定の個体に関しての確認結果です。同一型番の機種全てについて結果を保証するものではありません。

※BLUETOOTH AUDIO機能を利用する場合、接続する機器が、A2DP(Advanced Audio Distribution Profile)、AVRCP(Audio/Video Remote Control Profile)の各プロファイルに対応していることが必要です。

※携帯電話でハンズフリー通話を行なうには、携帯電話がHFP(Hands Free Profile)に対応していることが必要です。

※携帯電話の電話帳を転送するには、携帯電話がOPP(Object Push Profile)に対応していることが必要です。携帯電話によってはOPP対応していてもBLUETOOTH®による電話帳転送ができない機種があります。

※ハンズフリー通話中に、ノイズが発生する場合があります。

※ハンズフリー通話中にエコーが聞こえる場合があります。

※一部、着信時、通話への切り替え時などにボツッというノイズが発生する場合があります。

※SoftBankの第3世代携帯電話VGSは、一覧表のBLUETOOTH®対応の携帯電話以外は対応していません。

※一部、ハンズフリー着信、及び通話の音量が大きな機種があります。運転前に必ず音量の確認、調整を行ってください。

※携帯電話の仕様や設定により、接続できない場合や、操作方法・表示・動作が異なる場合があります。

※BLUETOOTH®無線技術にて接続を行なうと、接続した機器の電池の消耗が早くなりますのでご注意ください。

※携帯電話を長期間車内に放置しないようにして下さい。故障の原因となる場合があります。

※「FOMA/フォーマ」は株式会社エヌ・ティ・ティドコモの登録商標です。

※「2in1」は株式会社エヌ・ティ・ティドコモの登録商標です。

※「cdmaOne」はCDG(CDMA Development Group)の登録商標です。

※その他製品名称等の固有名詞は各社商標または登録商標です。

閉じる ×