strada

CN-F1SD NEW

メニュー

大画面の感動をあなたにも。

  • DYNABIG DISPLAY
  • DYNABIG ディスプレイ

みんなのクルマに可能性を広げた 大画面9V型&多車種取付対応。

常識を打ち破る9V型「DYNABIG ディスプレイ」の圧倒的な存在感。大画面だからこそ味わえる迫力の映像、地図の見やすさが、従来のカーナビゲーションにはない未知の快適性を提供します。大画面を装着することが難しかった車種でも搭載することができます。


F1S装着イメージ・対応車種一覧表

画期的発想のフローティング構造 クルマのインテリアが新しくなる。

一体型ディスプレイとは異なり、独特の浮遊感があるフローティング構造を採用することで、曲面の大きなダッシュボードなどインテリア形状の影響を受けにくくなり、大画面ナビを取り付けるのに必要とされる専用パネルを使用することなく、多くの車種に搭載することができます。


CN-F1SDをいろんな角度から見てみよう! ※ナビ画面はCN-F1Dを使用しています。

浮き出すディスプレイの存在感 より手元に近づき、使いやすい。

ナビ本体から浮き出すディスプレイがドライバーとの距離を縮め、視認性と操作性に優れ、遠くまで手を伸ばさず画面にタッチすることができるため、より安定した姿勢でボタンを操作することができます。

手元に近いので、操作しやすい。視認性も大幅にアップ! よりドライバーの手元に近く操作しやすく、さらにモニターもより大きく感じられます。画面が大きくなっただけではなく、通常のインダッシュタイプよりモニター部分がドライバーに近いため、さらに画面が大きく感じられ、操作もしやすくなりました。 より視点に近いのでパース効果により、モニターがさらに大きく感じられます。 画面が大きいから文字が見やすく瞬時に判断が可能。画面の大きさは7インチと比較して面積比約1.7倍(9インチ) 画面の大きさに比例して、文字も大きく表示されるので、マップ上の文字の見やすさも大幅に向上。ボタン操作もスムーズに行なえます。

チルトやスライド機構で自在に ドライバーのベストポジションを叶える。

ディスプレイと本体の接続部分には上下/前後スライド機構と角度調整ヒンジを備えました。必要な距離をアジャストさせることでインテリアとの干渉を避け、より使いやすい位置に配置することが可能となっています。

角度調整 約20度から約60度まで自由に動かせるので、見やすい位置に調整でき、太陽光の反射も軽減できます。※角度調整は、手動操作になります。 上下スライド 上下のスライド機構により、ドライバーにとってのベストポジションに微調整できます。※上下スライドは、手動操作になります。 奥行き調整 ナビ周辺のコンソール形状に応じて、取り付け時に奥行きの調整ができます。※奥行き調整は取り付け時のみ可能です。

耐久試験を繰り返して開発した構造 大画面でも安心の強度。

ドライブで荒れた道を走行した際の振動などを考慮し、耐久性に優れる構造を採用しました。さまざまなデータを基に解析を行い耐久試験を重ねているため、長時間のドライブでも安心してお使いいただくことができます。

前後左右の振動実験により、耐久性を検証

リアシートからも迫力画面 みんなで楽しむドライブに効果を発揮。

大画面の9V型ディスプレイだから運転席や助手席はもちろん、少し離れた後部座席からでも迫力の映像を眺めることができます。だから家族や友達と一緒のドライブでも安心。楽しい時間を共有してください。