strada

CN-F1XD NEW

メニュー

ドライバーにとってベストなアングル。

  • ディスプレイ
  • DYNABIGスイングディスプレイ
CN-F1XD装着イメージ・対応車種一覧表

DYNABIGスイングディスプレイNEW 見やすいから運転も安心。

好評の9V型「DYNABIGディスプレイ」の視認性をさらに追求し、運転席からのベストな角度調整機能を追加した「DYNABIGスイングディスプレイ」を採用。ディスプレイを左右15 °にスイングできます。 ※角度調整は手動となります。

SWINGディスプレイ(ドライバー側に向いている)が設置されている運転席

角度調整/奥行き調整/上下スライド さらにベストなポジションに調整できる

ディスプレイと本体の接続部分には上下/前後スライド機構と角度調整ヒンジを備えました。必要な距離をアジャストさせることでインテリアとの干渉を避け、より使いやすい位置に配置することが可能となっています。 ※ハザード、ウインカー、シフトレバーなど、操作の妨げにならない位置に調整してください。




画面傾き補正NEW 車載の状況に応じてディスプレイの傾きを補正。

搭載時の角度調整もシームレスに補正。セット時の本体角度を考慮し、首振り時のディスプレイの傾きを補正します。


動画でチェック!DYNABIGスイングディスプレイ

絶妙なポジションで操作性を向上 操作がらくらく、文字も見やすい

ナビ本体から浮き出すディスプレイがドライバーとの距離を縮め、視認性と操作性がより一層向上しました。遠くまで手を伸ばさず画面にタッチすることができるため、より安定した姿勢でボタンを操作することができます。

手元に近いので、操作しやすい。視認性も大幅にアップ!

大画面だから後部座席にいても見やすい 後部座席からも迫力画面

後部座席からF1Xを見ている様子

大画面の9V型ディスプレイだから運転席や助手席はもちろん、少し離れた後部座席からでも迫力の映像を眺めることができます。家族や友達と一緒のドライブなら、全員そろって楽しい時間を共有できます。

Check Point

悪路の走行試験で耐久性、耐振性が向上。

スイング(首振り)機能を追加するにあたり、構造も一から見直しました。新設されたパナソニックの車両試験場内の凸凹のべルジアン路(石畳路)で検証を繰り返し行い、改良を重ねることで耐久性、耐振性を向上させることができました。

パナソニック株式会社 佐江戸車両試験場 べルジアン路

みんなのクルマに可能性を広げた 大画面9V型&多車種取付対応

常識を打ち破る9V型「DYNABIGスイングディスプレイ」の圧倒的な存在感。大画面だからこそ味わえる迫力の映像、地図の見やすさが、従来のカーナビゲーションにはない未知の快適性を提供します。これまで大画面を装着することが難しかった車種でも搭載可能になりました。

  • トヨタ C-HR(H27/12?現在)
  • トヨタ ヴェルファイア(H27/1?現在)
  • トヨタ ヴォクシー(H26/1?現在)
  • トヨタ シエンタ(H27/7?現在)
  • トヨタ プリウスα(H23/5?現在)
  • ホンダ ステップワゴン(スパーダ含む)(H27/4?現在)
  • ホンダ フィット(H25/9?現在)
  • 日産セレナ(H28/8?現在)
CN-F1XD装着イメージ・対応車種一覧表