strada

CN-F1XD NEW

メニュー

高音質に、さらに磨きがかかった。

  • エンタテインメント
  • 高音質&ハイレゾ再生

さまざまなハイレゾ音源に対応NEW ハイレゾ音源をそのままの高音質クオリティで楽しめる。

音楽を楽しむ環境がますます進化している中、F1XDは最高音質のハイレゾ音源のFLAC、WAV形式に対応。SDカードやUSBメモリなどに保存したハイレゾ音源を自由に聴くことができ、ハイレゾ音源のクオリティ(192kHz/24bit)を損なうことなく、最高音質をそのままお楽しみいただけます。

※ ハイレゾ品質で音楽を聴くにはプレーヤーからスピーカーまで全てハイレゾ対応製品でカーオーディオシステムを構成することをお勧めします。

Hi-Res AUDIO
再生までの流れ図
Check Point

ハイレゾとは

ハイレゾとは「高解像度」の意味で、ハイレゾ音源とは従来CDなどには入りきらなかった音の情報をたくさん持った音源です。その情報量は一般的なCD音源の6.5倍。CDでは聞こえなかった息づかいや空気感も感じ取ることができます。SDカードやUSBメモリにハイレゾ音源を入れてお楽しみください。
※ハイレゾ品質で音楽を聴くにはプレーヤーからスピーカーまで全てハイレゾ対応製品でカーオーディオシステムを構成することをお勧めします。

ハイレゾ再生

ブルーレイのハイレゾ音源も鮮やかに再生。

サンプリング周波数が44 kHzであるCD音源に対し、解像度や音質が各段に高い192 kHzのハイレゾに対応しているため、マスター音源の臨場感や輪郭を正確に表現することが可能となりました。情報量が多いブルーレイの繊細な音も、しっかり耳に届きます。

再生までの流れ図 ブルーレイディスクのハイレゾ音源をそのまま再生

アップコンバートにより、いままでの音源がさらに高音質に。

CDやMP3、AACなどの音源もハイレゾ品質に。高速演算DSPがすべての音源をハイレゾ品質の192kHzにアップコンバートし、BBブランドの高音質D/Aコンバータがハイクオリティな音楽空間を車内に生み出します。

アップコンバート
動画でチェック!高音質〜ハイレゾ再生〜

高音質がより効果的に活きる 躍動感と空気感を描く「音の匠」でハイレゾ音源も“いい音”で聞く

音のプロ集団ミキサーズ·ラボとコラボして手がけた「音の匠」で、ドライブシーンやスピーカーに合わせて高音質が楽しめます。ハイレゾ音源やアップコンバートされた音源を「音の匠」で再生させれば、より効果的にハイレベルの音質で高い満足感が得られます。

TAKUMIマスターサウンド

レコーディングやマスタリングを手がける音のプロによるチューニングで、よりスタジオマスターサウンドに近い音を再現したモード。(2wayスピーカー向き)

KIWAMI高域強調

音楽性を重視して高域補正した、メリハリのある感じで音楽を楽しめるモード(フルレンジスピーカー向き)

NAGOMI会話重視

レコーディングやマスタリングを手がける音のプロによるチューニングで、よりスタジオマスターサウンドに近い音を再現したモード。(2wayスピーカー向き)

stradaが考える「いい音」とは

音の匠3つのサラウンドモード

stradaが考える「いい音」とは

音の匠3つのサラウンドモード


パーツを厳選したストラーダ·サウンドエンジン だからドライブを耳でも楽しめる。

構成部品や回路など細部まで吟味したことで、スタジオマスターサウンドの忠実な再現が可能となりました。さらにハイレゾ再生を支える新パーツが加わり、従来の圧倒的なダイナミックレンジを得たストラーダ·サウンドエンジンが車内に「よりいい音」を響かせます。


いい音をささえる「ストラーダ・サウンドエンジン」

前後独立イコライザー設定NEW どの席にいても最適な音質が楽しめる

車内のスピーカー特性に合わせて、前席用イコライザーの値と後席用イコライザーの値を別々に調整可能です。家族や友人たちとのドライブなら、みんなが満足する音質に設定できます。

前席用イコライザー設定
後席用イコライザー設定
前後連動イコライザー設定

マスキング適応イコライザ(MAEQ)NEW ドライブの環境に応じて音楽を楽しめる

騒音適応モードでノイズ連動音量を補正できます。車内の走行騒音に連動して最適なイコライジングを行い、オーディオの音量や音質を自動的に補正するので、快適な音響空間を保てます。


サブウーファー対応 迫力ある重低音で音の厚みが出る

重低音を響かせ、より広いステージ感の再現に欠かせないサブウーファー用の出力端子を搭載しているため、サウンドシステムのレベルアップにもスマートに対応します。