strada

CN-RX04WD/RX04D NEW

CN-RX04WD/RX04D NEW

メニュー
ブルーレイ搭載 ブルーレイをクルマの中で楽しめる贅沢。

「ブルーレイ」が、クルマの中でも楽しめる 美しさと臨場感が協演している

市販カーナビゲーションではオンリーワン※となるブルーレイプレーヤー搭載で、車内エンタテインメントにワンランク上のクオリティをもたらします。さらに7V型の大画面で迫力も十分。車内だからとあきらめることなく、ブルーレイならではの美しい映像を臨場感たっぷりで楽しむことができます。 ※Fシリーズ、RXシリーズのみ。2017年8月末現在。国内市販ルート向けAV一体型ナビゲーションとして。当社調べ。

ブルーレイディスクプレーヤー 動画でチェック!ブルーレイ

※動画の製品イメージにはCN-RX01WDを使用しております。

リビングのディーガで録って車内で再生 ロングドライブも退屈しらず

市販のブルーレイ映画ソフトなどはもちろん、ブルーレイ録画機能付きのディーガで撮りためた番組を車内へ持ち込み、高画質のまま再生することが可能です。ロングドライブでも退屈しないブルーレイ対応ナビゲーションは、これからのカーライフに欠かせない必需品です。


家でも車でも 映画、ライブ、ドラマなど

CDを超える高音質な「ハイレゾ再生※」に対応 映像はもちろん、音もいい

CDを各段に超える高い音質を実現したハイレゾ再生に対応しているため、ブルーレイディスクに記録された大量のデジタル情報を忠実に再現することが可能です。映像の美しさに見合った上質な音で、ドライブのBGMをお楽しみください。


CDとブルーレイディスクの比較

※リニア PCM(非圧縮ハイレゾ192 kHz/24bit)音源を再生。DTSデジタルサラウンド形式は48 kHzに圧縮して再生されます。ドルビーデジタル形式は48 kHzに圧縮して再生されます。WAV、FLACファイルなどのハイレゾソースには対応していません。


[サンプリングコンバーター] すべての音源をより高音質に。

ブルーレイディスクのハイレゾ音源をそのまま再生

ブルーレイを楽しむための工夫が盛りだくさん 車載設計だから使いやすい

車載を考慮し、耐振、耐熱性や省スペースを実現した薄型ユニットを採用。クルマの中でブルーレイを楽しむためのさまざまな工夫を採り入れています。

ブルーレイディスクプレーヤー

「スピード再生」 ディスクを入れたらスピーディーにスタート※

自社開発により、読み込み時間のロスを短縮し、映像再生のスピード化を実現しました。 ※当社車載用ブルーレイディスクプレーヤーCY-BB1000Dと比較して。

ブルーレイディスクプレーヤー

「ブルーレイ」が、クルマの中でも楽しめる HDMI接続対応リアモニター

別売市販リアモニターを追加装備することで、リアシートで映像鑑賞が可能※1となります。情報伝達性能に優れたHDMIケーブルでナビゲーション本体と接続できるため、ブルーレイディスクの映像も車内で共有することができます。 ※1 ブルーレイ映像をリアモニターで楽しむ場合は、必ず別売HDMI接続用中継ケーブル(CA-LND500D)が必要です。RCA端子による接続では映像を映す事ができません。
※ 別売市販HDMI入力対応リアモニターとHDMI接続時は、必ず別売HDMI接続用中継ケーブル(CA-LND500D)をご使用ください。