星野リゾートで過ごす魅惑のサマーバケーション
軽井沢星野エリア

01 軽井沢星野エリア

家族みんなが笑顔になる上質ステイとアクティビティ

古くから文豪や芸術家が集い、コミュニティが形成されていた軽井沢星野エリア。
年間約80種類の野鳥が見られる野鳥の森や大正4年に開湯した星野温泉、個性的な店舗が揃い、ショッピングや食事を楽しむハルニレテラスなど “暮らすように過ごす” くつろぎのエリアが広がっている。
軽井沢の豊かな森を満喫するピッキオの自然体験ツアーでは、小学生を対象にした「ピッキオこども冒険クラブ」を7月15日〜8月31日まで開催する。森でのサバイバルをテーマに、火のおこし方やロープやナイフの使い方などを学べる。
また、野生のコウモリを観察する「コウモリ ミステリーツアー」や森の生きものを観察する「野鳥の森ネイチャーウォッチング」も開催。
軽井沢の自然を堪能しよう。

▲ページの先頭へ

星野リゾート、リゾナーレ八ヶ岳

02 星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳

ワインリゾートで過ごす家族時間

約3カ月間の全館休館を経て、今年4月にリニューアルオープンしたばかり。
「ワインリゾートの更なる進化」をコンセプトに、客室の改装やビュッフェ&グリルレストラン「YYgrill」の空間デザインの一新及び増床などを行った。
アクティビティや宿泊プランなどがさらに充実し、ワインの魅力を存分に味わえる。

▲ページの先頭へ

星野リゾート、リゾナーレ熱海

03 星野リゾート リゾナーレ熱海

心に残る多彩なアクティビティ

全室オーシャンビューの絶景や、都心から新幹線で約40分というアクセスの良さが人気の「星野リゾート リゾナーレ熱海」。
夏休み期間中には海や森のアクティビティを多数用意している。
樹上アスレチックを使った「空中きもだめし」や穴場ダイビングスポットで行うスノーケリングなど夏らしい貴重な体験ができる。

▲ページの先頭へ

星野リゾート、磐梯山温泉ホテル

04 星野リゾート 磐梯山温泉ホテル

会津の旅を満喫するマウンテンリゾート

会津磐梯エリアの雄大な自然に囲まれ、猪苗代湖を眼下に望むリゾートホテル。 この夏は、会津の旅を楽しむファミリー向けに10のプログラムを用意している。
ホテル隣接のヘリポートから飛び立つヘリクルージングや磐梯エリアを代表する観光スポット「五色沼」をガイドと歩く無料ツアー、1日3組限定の「マウンテンBBQ」など、バラエティに富んだ内容だ。
今年4月には磐梯山を望むくつろぎスペース「コデランニ広場」もオープン。 広さ700m²の緑地に大型のテントやハンモックなどを設置するほか、会津の酒文化・米文化に触れるプログラムも用意。
時間によって表情を変える磐梯山を望みながら、のんびりとしたリゾート滞在で最高の時間を過ごそう。

▲ページの先頭へ

星野リゾート、界 伊東

05 星野リゾート 界 伊東

湯自慢の宿で過ごす快適温泉ステイ

美肌の湯としても有名な伊東温泉で、自家源泉を有し、大浴場はもちろん、プールや客室のお風呂も源泉かけ流しで堪能できる。
伊東の夏祭り「松川たらい乗り競争」をイメージしたユーモラスなアクティビティや伊豆の名産・椿を使った椿油作りなど、様々な「ご当地楽」を体験できるアクティビティが満載。夏の思い出に家族で参加しよう。

▲ページの先頭へ

星野リゾート、界 アンジン

06 星野リゾート 界 アンジン

船旅気分を愉しむ温泉宿 開業

伊東市は英国人航海士ウィリアム・アダムス(後に三浦按針)による日本初の西洋式帆船が造船された地。
その歴史にちなみ、随所に海や船旅をテーマにしたデザインが施された「星野リゾート 界 アンジン」を今年4月に開業。
最上階の大浴場や全室オーシャンビューのアートな客室など見どころいっぱい。

▲ページの先頭へ

© Panasonic Corporation 2017