携帯電話をお使いのお客様へ 安全にお使いいただくためのお願い

電池パックの特性について

高温の場所での使用、保管、放置に関するお願い

お客様からの情報:携帯電話をガス温風ヒーターのそばにおいていたところ発火し、カーペットと衣服に引火して腰に軽いやけどをした。【 2006年12月 】⇒調査結果:携帯電話の筐体と電池パックのケース樹脂は外部からの熱を受け、溶解、変形した痕跡が見られました。再現試験の結果より、外部からの異常な加熱により、発煙・破裂に至ったものと思われます。

高温の場所で使用、保管、放置しないでください。

火のそばや炎天下など高温の場所で使用、保管、放置すると、機器の変形、故障や電池パックを漏液、発熱、破裂、発火させる原因となります。
またケースの一部が熱くなり、やけどの原因となります。

危険な使用例

  • 火の中に投下したり、加熱する。
  • 高温になる場所(火のそば、ストーブのそば、コタツの中、直射日光のあたる場所、炎天下の車内など)で使用、保管、放置する。
危険な使用例イメージ
分解や改造、修理に関するお願い 電子レンジなど加熱調理機器に関するお願い