パナソニック・ホーム 個人向けトップ > パソコン(個人向け) > レッツノート2018夏モデル タッチ&トライイベントレポート

レッツノート タッチアンドトライ イベントレポート

ビジネスマンが行き交う東京駅のイベントスペースにて、LVシリーズをはじめとした最新のレッツノートに触れられるタッチ&トライイベントを開催しました。今回は「劇場版コード・ブルー ―ドクターヘリ救急救命―」とのタイアップ企画として開催され、多くのご来場者様で賑わいました。

スペシャルゲストが登場!

「劇場版コード・ブルー」出演の比嘉さん・浅利さんご来場! 「劇場版コード・ブルー」出演の比嘉さん・浅利さんご来場!

今回のタッチ&トライイベントは、レッツノートの宣伝キャラクターを務める比嘉愛未さん出演の「劇場版コード・ブルー ―ドクターヘリ救急救命―」とのタイアップ企画として開催。パートナー役の浅利陽介さんも参加していただき、イベント会場を大いに盛り上げていただきました!

劇中の冴島はるかのクールな印象とは打って変わって可憐なドレス姿で登場した比嘉さん。「新登場のLVシリーズは、バッテリー駆動時間が3時間伸びました!」と、レッツノートの宣伝キャラクターとしてPRも忘れません。

※CF-LV72DGQRとCF-LX6LDGQRの比較。

今回新たに撮り下ろした「コード・ブルー×レッツノート」のコラボレーションCMを披露。「高速」をテーマにしたレッツノート最新シリーズが、一秒たりとも無駄にはできない救命救急現場を支えています。撮影時の裏話について語るお二人の掛け合いから、仲の良さが伝わってきます。

新登場のLVシリーズは、高速サインインを実現するWindows Helloの顔認証機能を搭載。その精度の高さを浅利さんが実際に体感することに。満面の笑顔でのチャレンジでも問題なく顔認証され、会場は笑いに包まれました!

※ご使用環境によっては、顔認証できない場合があります。パスワードやPINは、忘れないように管理してください。

最後に、LVの超特大オブジェにお二人で仲良くサイン。USB3.1 Type-Cポートなど、細かい個所の出来栄えの良さに浅利さんも驚きを隠せないご様子でした。LVのオブジェは神戸工場に展示する予定です。これも国内生産にこだわり続けるレッツノートならでは。

※USB3.1(Gen1/2)、USB Power Delivery、Thunderbolt™ 3、DisplayPort™ Alternate Mode に対応しています。USB Type-C™対応のすべての周辺機器の動作を保証するものではありません。

トークショー終了後、お集まりいただいた方々を対象に「劇場版コード・ブルー ―ドクターヘリ救急救命―」のチケットが当たるプレゼント抽選会を開催。医療の現場を支え続けるコード・ブルーのスタッフのように、レッツノートはビジネスの現場を支え続けます。

18年夏モデルの最新情報をチェック!

高速CPU搭載 14型のLVシリーズを体感 高速CPU搭載 14型のLVシリーズを体感

イベントに参加できなかった方に向けて、
最新LVシリーズの特長をWeb上でご体感いただけるコンテンツをご用意しました。

VOICE

LVシリーズをご体感された方々の声 LVシリーズをご体感された方々の声

LVシリーズを実際に触ってみて、キーボードが本当に打ちやすいなと感じました。1つ1つのキーの大きさといい、押したときのクリック感といい、わたしが今使っている15型のノートパソコンよりも打ちやすいなと実感しました。

(50代女性)

実際に手で持ち上げてみたのですが、想像以上に軽かったです。14インチという画面の大きさでここまで軽いのは驚きですね。

(20代女性)

外国メーカーのものが増えてくるなかで、日本で製造し続けているレッツノートには信頼感がありますね。今ちょうど、モニターサイズが大きいノートパソコンを探していたところなので、今回発売されたLVシリーズは第一候補になりそうです。

(60代男性)

一番良かったのはLVシリーズ。最新モデルの処理性能がとにかく速い!今のパソコンはここまで進化しているのかと驚きました。また、キータッチがとても軽いのも印象的でした。財布は旦那持ちなので、買い替えてもいいか相談してみます笑

(30代女性)

自分だけの1台を見つけよう!

カスタマイズレッツノート 限定モデルをチェック! カスタマイズレッツノート 限定モデルをチェック!

カスタマイズレッツノートのブースでは、パナソニックストアモデルのカラー天板を展示。
自分仕様のレッツノートを希望される方も多く、熱心に説明員の話に聞き入っていました。

新登場のLVシリーズ以外にも、SVシリーズ、XZシリーズ、RZシリーズの夏モデルの実機を豊富にラインアップ。説明員がそれぞれの機種の特長をご紹介。

エクセルアートを用いたSVシリーズとSXシリーズ(旧モデル)との処理速度比較や、USB3.1 Type-CとUSB3.0 Type-Aの転送速度比較など、新シリーズの高速&高性能をご体感いただけるデモンストレーションも実施。

軽さを確かめたり、キーボードの打感を確かめたり、実機を触ることができる貴重な機会。気になるポイントやわからないことをスタッフにすぐに聞けるのもタッチ&トライイベントならでは。

VOICE

タッチアンドトライにご来場された方々の声 タッチアンドトライにご来場された方々の声

ホイールパッドを初めて触りましたが、スクロールがとても楽で便利そう。処理能力が高く、フリーズしなさそうな点も好印象です。カスタマイズレッツノートはカラーがたくさん選べるので良いですね。特にピンクが素敵です。

(10代女性)

SVとSZの転送速度比較コーナーが特に良かったです。画像をコピーする機会が多いので、Thunderbolt™ 3はいいなぁと思いました。説明員の方が機械の構造や仕組みから丁寧に教えてくださったので高額である理由がわかり、とても納得できました。

(20代男性)

ちょうどXZへの買い換えを検討していたところだったので立ち寄りました。世の中にオシャレで軽いパソコンはたくさんありますが、本当に丈夫で軽くてカスタマイズできるのはレッツノートだけ。約20年間レッツノートを使い続けていますが、変わらないでいてほしいです。

(50代女性)

今はLX6を問題なくサクサク使っていますが、やはり次もレッツノートかなぁと思っています。新登場のLVは大画面で軽いですしCPUも高性能。頑丈さもあるので良いと思います。

(50代男性)

※市販のThunderbolt™ 3対応周辺機器が必要です。Thunderbolt™ 3を使用するときのケーブルは、Thunderbolt™ 3対応の正規認証品をご使用ください。ケーブルによっては、適正なデータ転送ができない場合があります。

新モデル発表時に開催される
タッチ&トライイベント。
今回も多くの方にご来場いただき、
誠にありがとうございました。
次回のイベントもぜひご期待ください。

ご好評いただいた
最新の夏モデルをチェック!