パナソニック・ホーム 個人向けトップ > パソコン(個人向け) > LTEでビジネスがこう変わる!

レッツノートはLTE対応モデルをラインアップ!

仕事が早い人は知っている LTEでビジネスがこう変わる!仕事が早い人は知っている LTEでビジネスがこう変わる!

「FDD-LTEとTD-LTEって何がちがうの?」「SIMフリーって何ができるの?」「通信速度や通信規格は何を基準に選ぶべき?」などなど、LTEに関する様々な疑問を解決!LTEを活用すればビジネスパソコンの使い勝手はさらに加速!

閉じる

「LTE」とはLong Term Evolution(ロング・ターム・エボリューション)の頭文字。 スマートフォンや携帯電話に利用されている通信技術で外出先での利用に強く、カバーしているエリアが広いのが特長です。

そもそもLTEって何?
ビジネスパーソンのための
LTE関連用語解説

LTE(Long Term Evolution)

「第3.9世代移動通信規格」と呼ばれる通信方式。4Gに限りなく近い、高速化した3G回線として登場した。

4G(4th Generation)

「第4世代移動通信規格」の略。パケット通信にのみ対応しており、通信速度が非常に早いことが特徴。LTEやWiMAXなど第3.9世代も総括的にこれに該当する。

3G(3rd Generation)

「第3世代移動通信規格」の略。別名「IMT-2000」と呼ばれ、6つの無線通信方式を含む。通信速度は遅いが、電波が障害物に強く、対応エリアが広い。4G回線の届かないエリアや、音声通信時に使用される。

FDD-LTE(Frequency Division Duplex Long Term Evolution)

携帯キャリアがもつLTE回線など、一般的に「LTE」と言われている通信方式はこのFDD-LTEを指す。上りリンクと下りリンクで異なる周波数を利用して送受信する。

TD-LTE(Time Division Long Term Evolution)

時分割複信(TDD: Time Division Duplexing)の技術を組み合わせた無線通信方式のこと。上りリンクと下りリンクで同じ周波数を時分割して送受信する。

SIMフリー

電話番号などの識別情報が記録されたICカード「SIMカード」にロックが施されていないこと。または、SIMカードの種類を選ばずに使える携帯電話、またそのシステムのこと。SIMフリー/LTE対応のノートパソコンなら、どこでもインターネットにつなぐことができる。

通信速度

インターネットでデータを受け渡す速さを数値化したもの。1秒間に送受信できるデータのbit数が基準。単位はKbps(キロ)、Mbps(メガ)、Gbps(ギガ)などのbps(bit/秒)で表す。

GHz(ギガヘルツ)

Hz(ヘルツ)は、毎秒あたりの振動回数を表す単位。周波数や振動数などに用いられる。1GHz=1000MHz。
通信機器では、周波数帯の単位として使われる。この数値が低く、低周波なほど広範囲に電波が届くとされる。

WiMAX(Worldwide Interoperability for Microwave Access)

高速、大容量のモバイルブロードバンド通信の方式のひとつ。電話番号を持たない、持ち運びができる無線のインターネットサービス。

周波数帯(バンド)

周波数の幅のこと。情報の種類や、通信方法によって対応する周波数帯が異なる。携帯会社も各社、国から割りあてられた周波数帯に合わせた端末を提供している。

プラチナバンド

LTEの周波数帯の中でも、特に携帯無線通信に最適とされている帯域のこと。700MHz~900MHz帯を指す。障害物に強く、どこにでもよく繋がる。

LTE無しのノートパソコンと
Wi-Fiルーターとスマホ所有

LTE対応レッツノート所有

8:00

複数の持ち物を
準備する必要がある…

外回りや出張には、PC、Wi-Fiルーター。
長時間電源が確保できない環境下だと、モバイルバッテリーも必要になります。

持ち物はPCのみ!
スマートに外出準備!

本体がLTE通信に対応しているので、SIMカードを装着すれば、Wi-Fiルーターは必要なく、PCさえ持って出れば大丈夫。軽量のレッツノートと少ない荷物でカバンが軽くなります。

10:00

ネット接続までに
時間がかかる…

PCとWi-Fiルーターの電源オン。接続画面の起動にも時間がかかり、ネットにつながるまで数分時間が必要です。

PCを起動したらすぐ
ネットにつながる!

初回設定以降は、PCを起動してブラウザを立ち上げるだけですぐにネットが見られます。電車の待ち時間やタクシーの移動中など、短い時間でもメールチェックができるので、大事な連絡を見逃しません。

13:00

場所によっては
つながりにくい…

一般的にトンネルや地下など電波状況がよくないエリアだと、ネットがつながらないこともあります。

場所を気にせず
つながりやすい

本体に専用の高感度アンテナを内蔵しているため、受信感度は良好。また、LTE通信回線は広範囲のエリアに対応しているので、新幹線や電車の移動中でも快適にネットが見られます。

16:00

スマホのテザリングだと
バッテリー切れが心配…

テザリングをすると、一般的にスマートフォンのバッテリー消費は早くなってしまいます。電源がとれない場所だと、作業の途中でスマートフォンのバッテリーが切れないか、気になってしまいます。

バッテリー切れの
心配が少ない

本体の大容量バッテリーを使うため、長時間使えます。新幹線の中や出張先でもバッテリー残量を心配することなく作業に集中できます。

LTE対応だとこんなに違うの?!今すぐにでも欲しい!

LTE対応だと
こんなに違うの?!
今すぐにでも欲しい!

●SIMカードは同梱しておりません。
●最新モデルのLTE対応モデルは全シリーズ、nano SIMカード対応です。
●市販のサイズ変換アダプター等は保証の対象外となります。故障の原因になりますので、ご使用にならないでください。

通信速度が速い!

受信時最大300 Mbps/送信時最大50 Mbps。データ通信規格LTEを利用した通信サービス対応のモジュールを内蔵し、快適なデータ通信が可能になります。

※通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。

移動中もつながる!

本体に専用の高感度アンテナを内蔵しているため、受信感度は良好です。

*サービスエリア内であっても電波の弱い場所やトンネルなど一部の区間ではご利用になれない場所があります。

LTE対応モデルのラインアップ