パナソニック・ホーム 個人向けトップ > パソコン(個人向け) >Windows 7サポート終了!Windows 10移行ガイド

Windows 7を
ご使用の方は
要注意!

2020年1月14日終了!Windows 7
サポート終了で
起こること

let's note イメージ

2020年1月14日にマイクロソフト社によるWindows 7の延長サポートが終了しました。
サポート期限が経過しても、Windows 7を使い続けること自体は可能です。しかし、サポート終了後はセキュリティの問題点を解決する「セキュリティ更新プログラム」を含む、
ソフトウェア更新プログラムの提供が行われなくなります。
また、新たに販売されるソフトやアプリケーションはWindows 7の環境下では使えなくなる可能性が高まります。

サポート終了のパソコンを
使い続ける危険性

サポート切れによる一番の問題は、パソコンがセキュリティ上非常に危険な状態となることです。セキュリティ被害には「脆弱性」という、悪意ある攻撃を受けやすい欠陥を狙ったものが多く存在します。本来、これらの脆弱性は発見され次第Windows Updateのセキュリティ更新プログラムで修正されてきました。
しかしサポート終了後はセキュリティ更新プログラムが提供されないため、脆弱性を修正することができません。このため、コンピュータウイルスの感染や個人情報漏えいの可能性が非常に高まります。
まだWindows 7を使い続けている方は、速やかに最新の環境に移行しましょう。

危険にさらされる
情報一例

  • クレジットカード情報クレジットカード情報クレジット
    カード情報
  • 顧客売上など会社の機密情報顧客売上など会社の機密情報顧客売上など
    会社の機密情報
  • 名前や住所などの個人情報名前や住所などの個人情報名前や住所などの
    個人情報

Windows 7サポート終了の
対策は?

2016年7月29日まではWindows 7からWindows 10の無償アップグレードが可能でした。しかし2019年現在アップグレードは終了しています。マイクロソフト社は2023年1月まで有料の「Windows 7延長セキュリティ更新プログラム(ESU)」を提供することを発表しており、かたち上はWindows 7サポートの再延長が可能です。一方でサービス対象は「ボリュームライセンス契約のWindows 7 Professional/Enterprise」のみ。
ボリュームライセンスとは1つのソフトウェア製品に複数のライセンスを付与するもので、主に企業向けの契約となります。個人でパソコンを使う場合は、Windows 10パッケージ版を購入する、またはWindows 10搭載のパソコンに買い替えるなどの対策が必要となります。

Windows 10のシステム変更点と
セキュリティの進化点

Windows 7など従来のOSは3年に1回程度、Windows 8やWindows 8.1など新しいWindows OSを提供していました。Windows 10では年に2回程度、大規模なアップデートを自動的に行い新機能を提供。アップデートごとにサポート保証期間が更新される形に変更となりました。また常に最新のOSが使用できる「Windows as a Service(WaaS)」という概念を導入。これにより、Windows 10では購入後のパソコンにも最新のツールやプログラムを組み込むことができるようになりました。

またセキュリティ面でもWindows 10は大きく進化。Windows 7はマルウェア対策機能がなく、追加で購入する必要がありました。一方、Windows 10ではセキュリティ機能の一つである「Windows Defender」が標準搭載。機能面が大幅に強化され、マルウェア対策機能も追加されました。またウイルスからの保護やクリーンアップ、不正プログラムの防止など高機能なツールを使ってパソコンを保護することができます。

Windows Defender イメージ

Windows Defender ロゴ
Windows Defenderの機能一例

  • ウイルスから守るリアルタイム保護機能ウイルスから守る
    リアルタイム
    保護機能
  • 不正な通信を阻止ファイアウォール不正な
    通信を阻止
    ファイアウォール
  • システム全体を調査するクリーンアップシステム全体を
    調査する
    クリーンアップ
  • 不正なWebサイトから保護Smart Screen不正な
    Webサイトから保護
    Smart Screen
  • 不正なプログラム実行を阻止Exploit Protection不正な
    プログラム実行を阻止
    Exploit Protection

Windows 10は
大きく分けると2種類

Windows 10はWindows 10 ProとWindows 10 Homeの2種類があります。
基本的な機能はどちらも同じですが、Windows 10 Proはビジネス向けの機能がより充実しています。購入の際は、用途に合ったOSを選びましょう。

Windows 10 Pro or Windows 10 Home

Windows 10 Pro
独自の機能

機能名 機能詳細
機能名:BitLocker パソコンのSSDデータや外付けメモリを暗号化する
機能名:リモートデスクトップ 別の場所にあるパソコンを遠隔で操作する
機能名:Hyper-V 仮想パソコンを起動する
ソフトウェアの動作検証や古いOSを動作する時に使用する
機能名:グループポリシー ユーザーやコンピューターに対する設定を一元的に管理する

Windows 10 参考情報

Windows 10 操作ガイド

下記ホームページで、「Windows 10 操作ガイド」がご確認いただけます。Windows 7 またはWindows 8.1 と対比して、表示画面や操作方法の変更点をご確認いただけます。Windows 10 のデスクトップモードとタブレットモードについても説明されています。

https://www.microsoft.com/ja-jp/atlife/article/windows10-portal/upgrade.aspx
(マイクロソフト社提供、最新 OS への移行準備をしましょう!)

Windows 10 のメリットを活用するためのポイント

下記ホームページで、「Windows 10のメリットを活用するためのポイント」がご確認いただけます。Windows 10 のメリットや留意点、活用するためのポイントが紹介されています。

https://home.jeita.or.jp/cgi-bin/page/detail.cgi?n=74&ca=14
((一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)提供、パーソナルコンピュータ(PC)ユーザーサポート関係)