FVシリーズ 仕様

■ブラック/ブラック&シルバーモデル

  CF-FV3DDPCR CF-FV3DFNCR CF-FV1BDMCR
 
OS※1 Windows 11 Pro 64ビット Windows 11 Pro 64ビット Windows 11 Pro 64ビット
Office Office Home & Business 2021 Office Home & Business 2021 Office Home & Business 2021
CPU インテル® Core™
i7-1260P
プロセッサー
インテル® Core™
i7-1260P
プロセッサー
インテル® Core™
i5-1135G7
プロセッサー
コア数 12コア 12コア 4コア
メモリー※2 16GB
(拡張スロットなし)
16GB
(拡張スロットなし)
16GB
(拡張スロットなし)
ストレージ※7 SSD 512GB
(PCIe)
SSD 512GB
(PCIe)
SSD 512GB
(PCIe)
光学式ドライブ
液晶 14.0型 QHD
(2160×1440ドット)
14.0型 QHD
(2160×1440ドット)
14.0型 QHD
(2160×1440ドット)
LTE対応※4
顔認証対応カメラ
指紋認証センサー
USB3.1 Type-C※5 2
(Thunderbolt™ 4 テクノロジー対応※6
USB Power Delivery対応※7
2
(Thunderbolt™ 4 テクノロジー対応※6
USB Power Delivery対応※7
2
(Thunderbolt™ 4 テクノロジー対応※6
USB Power Delivery対応※7
USB3.0 Type-A 3 3 3
タッチパネル
カメラ 約207万画素
(最大1920×1080ピクセル)
約207万画素
(最大1920×1080ピクセル)
約207万画素
(最大1920×1080ピクセル)
駆動時間※8
(JEITA2.0)
約17時間
(付属バッテリーパック
(L)装着時)
約17時間
(付属バッテリーパック
(L)装着時)
約11時間
(付属バッテリーパック
(S)装着時)
約9時間
(別売バッテリーパック
(S)装着時)
約9時間
(別売バッテリーパック
(S)装着時)
約21時間
(別売バッテリーパック
(L)装着時)
質量※9 約1.204kg
(付属バッテリーパック
(L)装着時)
約1.139kg
(付属バッテリーパック
(L)装着時)
約0.999kg
(付属バッテリーパック
(S)装着時)
約1.104kg
(別売バッテリーパック
(S)装着時)
約1.039kg
(別売バッテリーパック
(S)装着時)
約1.099kg
(別売バッテリーパック
(L)装着時)
付属バッテリーパック
>L・Sとは
L(約300g) L(約300g) S(約200g)

■シルバーモデル

  CF-FV1BDTCR
 
4年間保証
OS※1 Windows 11 Pro 64ビット
Office
CPU インテル® Core™
i5-1135G7
プロセッサー
コア数 4コア
メモリー※2 16GB
(拡張スロットなし)
ストレージ※3 SSD 512GB
(PCIe)
光学式ドライブ
液晶 14.0型 QHD
(2160×1440ドット)
LTE対応※4
顔認証対応カメラ
指紋認証センサー(タッチ式)
USB3.1 Type-Cポート数※5 2
(Thunderbolt™ 4 テクノロジー対応※6、USB Power Delivery対応※7
USB3.0 Type-Aポート数 3
タッチパネル
カメラ 約207万画素
(最大1920×1080ピクセル)
駆動時間※8
(JEITA2.0)
約11時間
(付属バッテリーパック
(S)装着時)
約21時間
(別売バッテリーパック
(L)装着時)
質量※9 約0.999kg
(付属バッテリーパック
(S)装着時)
約1.099kg
(別売バッテリーパック
(L)装着時)
付属バッテリーパック S(約200g)

●本製品は、将来的な製品の品質向上のために、ご使用中の製品から情報を、個人を特定できない形で弊社サーバーへ収集しています。その際に発生する通信費用はお客様のご負担となります。情報の活用や、通信費用の詳細についてはこちらをご参照ください。

緊急のお知らせ機能の詳細についてはこちらをご参照ください。

  1. お買い上げ時にインストールされているOS、リカバリー機能またはリカバリーディスクを使ってインストールしたOSのみサポートします。
  2. メモリー容量は、1GB=1,073,741,824バイト。メモリー拡張はできません。
  3. SSD容量は、1GB=1,000,000,000バイト表示。OSまたは一部のアプリケーションソフトでは、これよりも小さな数値でGB表示される場合があります。
  4. SIMロックがかかっていません。国内専用です。受信時最大300Mbps/送信時最大50Mbps。通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。
  5. USB3.1(Gen1/2)、USB Power Delivery、Thunderbolt™ 4 テクノロジー、DisplayPort™ Alternate Mode に対応しています。USB Type-C® 対応のすべての周辺機器の動作を保証するものではありません。
  6. 市販のThunderbolt™ 4 テクノロジー対応周辺機器が必要です。Thunderbolt™ 4 テクノロジーを使用するときのケーブルは、Thunderbolt™ 4 テクノロジー対応の正規認証品をご使用ください。ケーブルによっては、適正なデータ転送ができない場合があります。
  7. 対応するすべての周辺機器の動作を保証するものではありません。
  8. JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)に基づいて測定。バッテリー駆動時間は動作環境・液晶の輝度、システム設定により変動します。満充電容量を段階的に制御してバッテリーパックを長寿命化しています。
  9. 平均値。各製品で質量が異なる場合があります。

Webお申込みが必要です。

お申込みフォームは対象モデルの発売日に公開予定です。

FVシリーズ
インターフェース

本体左面 本体右面

付属のACアダプターがなくても充電できる
USB Power Delivery

USB Power Delivery対応のACアダプターを、USB3.1 Type-Cポートに繋いでPCを充電できます。スマートフォンなど、他機器との共通のACアダプターを使うことができます。

*85W未満のACアダプターの場合、作業負荷によっては充電に時間がかかる場合があります。

スマートフォンも素早く充電可能

5V・900mA(4.5W)までの電力供給が可能な従来のUSB 3.1 Gen1(USB3.0)ポートに比べ、USB Power Deliveryでは、最大5V・3A(15W)まで電力供給可能です。より多くの電力を機器に供給することができるため、スマートフォンなどを素早く充電することができます。
スマートフォンなどの急速充電に対応したポートを装備

データの転送時間が大幅短縮
Thunderbolt™ 4 テクノロジー対応※2
USB3.1 Type-C※3ポート

Thunderbolt™ 4※2 テクノロジーに対応したUSB3.1 Type-C※3ポートを搭載。USB3.0の約8倍※6にあたる最大40Gbps※5という圧倒的な転送速度で、動画や大量の画像など、重いデータを転送する際の待ち時間を短縮できます。

プレゼンをスムーズに行える
HDMI&アナログRGB(VGA)

HDMI出力端子※1とアナログRGB(VGA)端子の両方を搭載。どちらかしかないプロジェクターやモニターにも対応できます。例えば、得意先のプレゼン時、ケーブルが接続できないといったトラブルがなくなり、慌てずにすみます。
プレゼンをスムーズに行える HDMI&アナログRGB(VGA)

Check!

豊富なインターフェース搭載の
現場でのメリット
ノートパソコンのインターフェースはアナログRGB(VGA)端子が搭載されていない機種も増えています。
しかし実際のビジネスの現場では接続端子がアナログRGB(VGA)端子のみということも。その場合は外付けの変換ケーブルを購入し持ち運ぶ手間がありますが、レッツノートならその必要がありません。
  1. 4K60p出力対応:3840×2160ドット(30Hz/60Hz)、4096×2160ドット(30Hz/60Hz)表示可能。
  2. 市販のThunderbolt™ 4 テクノロジー対応周辺機器が必要です。Thunderbolt™ 4 テクノロジーを使用するときのケーブルは、Thunderbolt™ 4 テクノロジー対応の正規認証品をご使用ください。ケーブルによっては、適正なデータ転送ができない場合があります。 Thunderbolt™ 4 テクノロジーは、Thunderbolt™ 3 テクノロジー対応機器も接続可能です。
  3. USB3.1(Gen1/2)、USB Power Delivery、Thunderbolt™ 4 テクノロジー、DisplayPort™ Alternate Mode に対応しています。USB Type-C® 対応のすべての周辺機器の動作を保証するものではありません。
  4. コネクターの形状によっては、使用できないものがあります。
  5. USB3.0との比較。転送速度は規格上の理論値であり、実際の転送速度を示すものではありません。実際の転送速度は、使用環境などにより変わります。