NEW G9 PRO 顔・瞳認識AF

ポートレート撮影に最適な「顔・瞳認識AF」

ディープラーニング技術を用いた当社独自のオートフォーカス機能は、顔や瞳へのAFに加えて、人体認識AFで被写体の躍動感を表現したり、カメラを意識しない自然な表情を捉えることが可能でポートレート撮影の表現の幅を広げます。

顔・瞳認識AF 魅力的なポートレートを撮る3つのポイント

ポイント1 LUMIXの顔・瞳認識AF

LUMIXの顔・瞳認識AFは瞳にピントを合わせ続けられます。モニターをタッチして、左右の瞳の切り替えも可能。瞳認識が外れても顔認識がピントを合わせます。

LUMIXの顔・瞳認識AF 左右の瞳切り替え
LUMIXの顔・瞳認識AF 瞳認識が外れても顔認識がピントを合わせる

ポイント2 人物の認識機能向上

さらに顔認識が外れても人体を認識してピントを合わせるのでフォーカスをカメラに任せ、レリーズに集中することが出来ます。また、AFモードを変更することなく、ジョイスティックを動かすだけで1点AFへの切替が可能です。

人物の認識機能向上 さらに顔認識が外れても人体認識がピント合わせ
人物の認識機能向上

ポイント3 フォーカスモードのスムーズな移行

ポートレート撮影からブツ撮りへ移行する際もカメラが被写体を自動で認識し、最適なフォーカスモードに合わせます。

フォーカスモードのスムーズな移行  ポートレート撮影からブツ撮り
フォーカスモードのスムーズな移行 最適なフォーカスモードに合わせる

人体認識機能を新たに追加し、人物に対するAF性能が格段に向上 さらに進化した顔・瞳認識AF

従来より搭載されている「顔・瞳認識AF」では、被写体となる人物や撮影環境によってフォーカシングがスムーズに行われない場合がありました。その問題点を解消するため、ディープラーニング技術を用いて、高性能コンピュータ上に独自の人体認識ネットワークを構築。豊富に蓄えられた人体認識ネットワークの情報をヴィーナスエンジンで処理することで、従来では難しかった人物に対するフォーカス性能を格段に向上させました。
画面上の人体の位置と大きさを認識したうえでフォーカシングを行うため、人体に対する認識情報精度が大幅に向上。従来では、顔・瞳認識AFでのフォーカスが難しかった顔が隠れているシーンや後ろを向いた被写体でも、しっかりとピントを合わせます。

さらに進化した顔・瞳認識AF