一眼カメラ DC-GX7MK3

洗練された描写力と操作性が、撮る者の想像力をかき立てる。
フィルムライクな表現を追求したストリートフォト一眼。

DC-GX7MK3 ファームウェアアップデートサービスのお知らせ(2019年7月9日更新)

ユーザーの投稿作品

LUMIX GX7 MarkⅢユーザーによる投稿作品の中からPicMate事務局が選りすぐりの作品を公開中!

ユーザーの投稿作品 LUMIX CLUB PicMate

機能紹介

ストリートフォト

ストリートフォトへのこだわりが、新たなる進化を創り出す。

  • GX7 MarkⅢの進化点

高画質

解像力にこだわった、細やかで自然な描写を。

  • 20M Live MOS センサー
  • ヴィーナスエンジンなど

デザイン/操作性

機能美と操作性を兼ね備えた、こだわりの上質デザイン。

  • 機能美デザイン
  • 約276万ドット相当 チルト式LCDファインダーなど

4K PHOTO

一瞬の躍動感を、一枚の感動的な作品に。

  • 4Kフォトモード(秒間30コマ連写)
  • 軌跡合成など

高速性能

撮りたい瞬間に、すぐに対応できる性能を。

  • 空間認識AF
  • 約9コマ/秒 高速連写※1など

クリエイティブ

感性を刺激する多彩な効果で、こだわりの表現に。

  • フォトスタイル
  • クリエイティブコントロールなど

多彩な撮影機能

多様な機能で、撮る喜びと楽しさを。

  • 多彩なブラケット機能
  • メカニカルシャッター/電子シャッターなど

動画

高精細な4Kで、ありのままの美しい映像を。

  • 4K動画記録
  • 動画撮影時のAF追従性能など

連携機能

スマホとかんたん接続、写真で人とつながる。

  • Bluetooth 4.2 (BLE : Bluetooth Low Energy) 対応
  • 専用無料アプリ「Panasonic Image App」など

付属ソフト

PHOTOfunSTUDIO 10.0 AE

4K PHOTOの一括保存やオートマーキングに対応し、4Kフォトでの撮影をもっと快適に

おすすめコンテンツ

UPDATE THE MASTERS GALLERY

LUMIXを愛用する写真家が描く、珠玉の作品の数々。G9 PROを中心に撮り下した新たなストーリー、はじまる。

LUMIX GF PHOTOレシピ

想い描いた一枚に近づく、撮り方のヒミツが満載!

商品をチェック!

Gシリーズ 一眼カメラ商品ラインアップ

注意事項

※オープン価格商品の価格は、販売店へお問い合せください。
※1 連写撮影速度は、使用レンズ、絞り、シャッター速度などの諸条件によって、低下することがあります。
●本体のデザインは、予告なく変更する場合があります。
●画面デザインは、変更になる場合があります。
●画像・イラストは、効果を説明するためのイメージです。
●SDXCロゴはSD-3C、LLCの商標です。
●HDMI・High-Definition Multimedia InterfaceおよびHDMIロゴは、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing, LLC の商標または登録商標です。
●“AVCHD”、“AVCHD Progressive”、および“AVCHD Progressive”のロゴはパナソニック株式会社とソニー株式会社の商標です。
●Dolby、Dolby Audio、ドルビー及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの商標です。
●“Wi-Fi CERTIFIED™”ロゴは、“Wi-Fi Alliance®”の認証マークです。“Wi-Fi®”は“Wi-Fi Alliance®”の登録商標です。“Wi-Fi Protected Setup™”、“WPA™”、“WPA2™”は“Wi-Fi Alliance®”の商標です。
●Bluetooth®のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、パナソニック株式会社は、これらのマークをライセンスに基づいて使用しています。その他の商標およびトレードネームは、それぞれの所有者に帰属します。

無線LAN/Bluetooth機器使用上の注意事項

この機器の使用周波数帯域では、電子レンジなどの産業・科学・医療機器のほか、工場の製造ラインなどで使用される移動体識別用の構内無線局(免許を要する無線局)および特定小電力無線局(免許を要しない無線局)、ならびにアマチュア無線局(免許を要する無線局)が運用されています。
1. この機器を使用する前に、近くで移動体識別用の構内無線局および特定小電力無線局ならびにアマチュア無線局が運用されていないことを確認してください。
2. 万一、この機器から移動体識別用の構内無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合には、すみやかに使用場所を変更するか、または電波の使用を停止したうえ、下記連絡先にご連絡いただき、混信回避のための処置など(例えば、パーティションの設置など)についてご相談してください。
3. その他、この機器から移動体識別用の特定小電力無線局あるいはアマチュア無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合など何かお困りのことが起きた時は、下記のLUMIX(ルミックス)ご相談窓口へお問い合わせください。

■ 2.4GHz帯使用周波数

2.4: 2400 MHz帯を利用する無線設備を表します。
DS/OF/XX:変調方式がDSSS、OFDM、その他の方式であることを示します。
1: 想定される与干渉距離が約10mであることを示します。
4:想定される与干渉距離が約40mであることを示します。