NEW フルサイズ一眼カメラ DC-S1H

特長|FIRMWARE Ver.2.0

2020年5月25日 ダウンロードサービス開始。

NEW 2020年5月25日 ダウンロードサービス開始FIRMWARE Ver.2.0

※この機能の使用には、最新のファームウェアにアップデートが必要です。
【お詫び】動画RAWデータ出力機能の追加を延期させていただきます。ご不便をおかけして申し訳ございません。

【対応延期】RAW動画出力対応
ATOMOS社製「Ninja V」へ5.9K/29.97p・4K 59.94pなどの動画RAWデータを出力

ATOMOS社製「Ninja V」HDR モニター/レコーダーへ5.9K/29.97pや4K(17:9) 59.94pなどの動画RAWデータの出力が可能になります。動画RAWデータ出力により、ポストプロダクション時の編集やグレーディングに有効なApple ProRes RAWを「Ninja V」で記録できるので、プロの映像制作ワークフローのニーズに柔軟に応えます。また音声データのHDMI出力にも対応しています。

画像:LUMIX S1H×NINJA V

■動画RAWデータ出力対応モード

エリア 解像度 フレームレート アスペクト HDMI出力
フルサイズ 5.9K(5888×3312) 29.97p/25.00p/23.98p 16:9 12bit
S35mm 4K(4128×2176) 59.94p/50.00p/29.97p/25.00p/23.98p 17:9 12bit
S35mm
アナモフィック
3.5K(3536×2656) 50.00p/29.97p/25.00p/23.98p 4:3 12bit
画像:HDMI RAWデータ出力
画像:動画画質

【対応延期】動画RAWデータ出力時のビューアシスト対応

出力された動画RAWデータを確認するために、S1Hのモニターやファインダーに、V-Log撮影時に相当する映像を表示します。また、「V-Logビューアシスト」をONにすると、プリセットのVlog_709を適用した「LUTビューアシスト(モニター)」が使用できます。

V-Logビューアシスト

画像:V-Logビューアシスト

LUT変換後の映像イメージ

画像:LUT変換後の映像イメージ
高解像度撮影中のHDMIダウンコンバート出力に対応

6K、5.9K、5.4Kの動画記録中に4K/FHDにダウンコンバートした映像をHDMIから出力できるようになりました。4Kを超える解像度での映像を内部記録している最中であっても、外部モニターでダウンコンバート映像の確認や記録が可能です。

シャッターボタン(全押し)無効化

動画記録中にシャッターボタン(全押し)を無効化出来る設定を追加しました。シャッターボタン(半押し)でAF-ONする際に誤って全押しして記録停止/開始することを防ぐことができます。

AFCでの[AF+MF]に対応

フォーカスモードを[AFC]に設定しているときに、[AF+MF]が使用できるようになりました。
AFを使用しているときは、AFロック中以外でも[AF+MF]が使用できます。

その他の機能改善

●クリエイティブ動画モード時、コントロールパネルから「動画画質(マイリスト)」を選択できる機能を追加
●撮影時のHDMI出力映像に、MFアシスト拡大表示を出力しない設定機能を追加
●4:2:0/10bitでの動画記録時、特定の撮影環境でバンディングが見えやすくなる現象を改善
●当社製レンズ/シグマ社製レンズ/シグマ社製マウントアダプターとの互換性向上
●SDメモリーカードとの組み合わせによって、動画分割記録機能や400Mbpsの動画記録モードを使用した際に稀にフリーズする現象を改善
など

●詳しくはダウンロードサイトの更新履歴を参照ください。

その他の特長

注意事項

●画面表示は仕様変更により予告なく変更する場合があります。
●画像・イラストは効果を説明するためのイメージです。