PHILE WEB × ディーガ

アニメ録画の切り札!パナソニック「全自動ディーガ DMR-4X1000」を“アニヲタ”視点でディープにチェック!

2021年3月12日 高橋 敦 PHILE WEB

アニメ録画の切り札!パナソニック「全自動ディーガ DMR-4X1000」を“アニヲタ”視点でディープにチェック!

録画予約ナシですべてを録画!それがDIGAの「チャンネル録画」

録画予約をし忘れたままアニメ第一話の放送が過ぎ去っていたときの……ノーマークだった作品がすごく面白かったらしいとあとから知ったときの……あの絶望! もう二度と録り逃したくない!見逃したくない!

しかし人は過ちを繰り返す。我々が手動での録画予約をし続ける限り、我々は録画予約を失敗し続けるだろう。特にアニメは、春夏秋冬ごとに膨大な数の新作が放送開始されるので、そのすべてをひとつの見落としも判断ミスもなく完璧に録画し続けるなどほぼ不可能!

だがしかしここに、録画予約を絶対に失敗しない方法がある。

その方法とは……録画予約をしないことだ。録画予約をしなければ録画予約の失敗は起こり得ない。
これはジョークではない。存在するのだ。「録画予約をすることなく録画する」そのためのレコーダーが!そのための機能が!

というわけでパナソニック「全自動DIGA(ディーガ)」シリーズが備える「チャンネル録画」機能に注目したい。指定チャンネルの1日24時間全番組を録画し続けしばらくキープしておいてくれるこの機能があれば、ユーザー側の「録画予約忘れ」も「その番組はノーマークだった」もぜんぶ関係ない。なぜなら、レコーダーがぜんぶ自動で録画しておいてくれてるからだ。

全自動DIGA「DMR-4X1000」

全自動DIGA「DMR-4X1000」

もちろん、そもそも録画に頼らずネット配信中心の視聴スタイルへの移行も、今となっては現実的な選択肢ではある。
しかし前述のようにアニメ作品は膨大。ひとつの配信サービスで全作品をカバーすることはできず、サブスク契約は複数が必要だ。またアニメ本編ではなく関連バラエティや音楽番組には、配信が用意されていない番組も少なくない。

それにマニアという生物には保存欲がある。「録画し、視聴し、特に気に入った作品はディスクダビングして保存する」という流れに魅力や落ち着きを感じる方も、まだ絶滅していないはずだ。
今回はそんな録画を愛するマニアの一人である筆者がチャンネル録画を体験!その推しどころや使いこなしのポイントをお伝えさせていただく。

DMR-4X1000での全チャンネル録画こそ安心レベル最強!

まずは「全自動DIGAのどのモデルを選ぶか?」だが、これがいきなり悩ましい。2021年2月時点で最新の全自動DIGA各モデルについて、チャンネル録画における最大のポイントである自動録画可能ch数の違いを中心にまとめたのが以下の表だ。

表の「チャンネル録画使用可能チューナー合計」が1日24時間録画を実行できるchの最大数。ハイエンドDMR-4X1000のみ10ch、他は6chとなっている。

ハードディスク容量もハイエンドほど大きい。チャンネル録画番組はハードディスク容量の限界に達すると古い順から消去される仕組みなので、ハードディスク容量が大きい機種ほどその消去までの猶予、キープ期間が長くなる。

しかし実はハードディスク容量は、多少の制限はあるが、USBハードディスクの増設であとからでもどうにかできる。なので重要なのはやはり、あとからではどうにもならない録画ch数の方だ。

背面端子部。USB-HDDを外付けして録画容量を増やすこともできる

全自動DIGA「DMR-4X1000」

ではチャンネル録画のch数ってどれくらい必要だろう? 筆者が暮らす「東京でのアニメ録画」と、全国想定の「BS中心でのアニメ録画」を例に考えてみよう。ということで集計。

2021年1~3月期新作をサンプルに、テレビ放送アニメの局ごとの放送作品数をまとめてみた。人力集計ミスもあるかもしれないが、どうせ毎期ごとに変わる数値なのでおおよその参考としていただければと思う。
放送局におけるポイントは、

<東京地上波>では、

  • TOKYO MXで70%弱
  • MXを含めた地上波民放6局で約95%
  • NHK、BSのみ放送の作品は僅か

といったところだろう。

<BS+AT-X>でも民放の強さが目立ち、

  • 民放6局の無料放送で70%弱

となる。

ならばチャンネル録画最大数6chのモデルで民放6局をカバーする作戦で問題ない? ……残念ながら問題はある。

NHKアニメは少数精鋭で、数は少ないが重要度は高い。現在は「進撃の巨人」が放送中だし、これまでにも「3月のライオン」「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星」「メジャー」などが放送されている。

となると最大6chモデルでは、「民放6chをチャンネル録画、NHK放送作品は通常の録画予約」という対応が必要になる。すると「通常の録画予約」分については、録画予約忘れなどの可能性が再び生まれてしまうわけだ。

また通常録画用チューナーは1ch分のみなので、BSのアニメ関連番組との裏被り問題も起きやすくなる、「アニソン!プレミアム」とか「アニゲー☆イレブン!」とか。

録画した番組をディスクに残したり、もちろんブルーレイ/DVD化された作品を再生することもできる

録画した番組をディスクに残したり、もちろんブルーレイ/DVD化された作品を再生することもできる

対してDMR-4X1000なら、NHK総合/教育まで含めた地上波8局をすべてチャンネル録画しつつ、残り3つの通常録画枠でBSのアニメ関連番組なども予約録画可能!テレ玉などアニメ再放送が充実している地方局をチャンネル録画に追加する余裕さえある。

BS中心の場合もBS民放6局+NHK地上波2局などの組み合わせが可能だ。
これなら絶対安心!DMR-4X1000がベスト!

といってもシンプルに「DMR-4X1000は予算的に厳しい」という方もいるかもしれない。その場合は前述の「民放6局をチャンネル録画+残り1chでNHK地上波とBSをやりくり」などを極めることを考えたい。

全自動DIGAでの録画→視聴→保存シークエンスはどうなっている?

ではここからは全自動DIGAのより具体的な機能やその使いこなしを見ていこう。最初に全自動DIGAにおける「録画→視聴→保存のシークエンス」を確認。全自動DIGAの内蔵ハードディスクはチャンネル録画用と通常録画用の領域に分割されており、チャンネル録画領域は「領域容量がいっぱいになったら古い番組から消去されていく」仕組みだ。

なのでユーザーとしては、おおよそ以下のような流れでの利用が基本になるかと思う。

  1. チャンネル録画されている作品を視聴
  2. 気に入った作品は通常録画領域に「保存」移動して確保
  3. 最終話まで視聴して超気に入った作品は通常録画領域からBD-Rにダビング

以降は上記のシークエンスでの運用を意識して読み進めていただければと思う。

チャンネル録画は常在戦場!全時間帯を録画すべし!

まず改めて「チャンネル録画」とは?

  1. 指定したチャンネルの
  2. 指定した時間帯の番組を

すべて録画しておいてくれる機能だ。

チャンネル指定については機種選びのところで考えた通りだ。
そして時間帯指定については……あえて絞り込まずに全時間帯を録画しておくことを強くおすすめしたい!
時間帯を絞り込めばハードディスク容量を節約し、録画番組をキープしておける期間を多少は長くできる。
しかし、だ。

アニメが放送されない時間帯などない!

それにそもそもチャンネル録画の目的は録り逃し見逃しの回避。そのためには最大限片っ端から録画しておくべきなのだ。「今年のプリキュアには推しが出ないから朝帯は録画不要かな」とかいって朝枠は録画しない設定にすれば来年に朝枠の録画設定を復活させ忘れる危険が生まれる! 推しがプリキュアになる瞬間を録画し損ねる危険を冒すなんてありえますか!? そもそも放送開始後に推しが追加キャストとして発表される可能性だってあるんだから毎年5月くらいまでは録画キープしておいてください!

全自動DIGA「DMR-4X1000」

閑話休題。また「声優さんのバラエティ番組出演」などの突発的な事態は時間帯を選ばない。突発番組こそ録り逃しがちなわけで、そこを通常録画に頼るのはこれまた危険だ。

「録画モード」はBD保存も視野に入れて選択!

時間帯を絞り込むことでチャンネル録画のキープ期間を伸ばそうという考えは危険!ならば別の方法でキープ時間をできるだけ伸ばしておきたい。そこで最適な「録画モード」選びが大切になる。

「録画モード」は低倍率ほど高画質、高倍率ほど低容量。チャンネル録画番組のキープ期間を伸ばすためには高倍率モードにしたいがすると画質的には微妙になってくるので、そのバランスを考えて設定するわけだ(なお、チャンネル録画専用チューナーはDR~15倍の録画モード設定が可能だが、チャンネル/通常録画兼用チューナーの録画モードはDRのみとなる)。

おすすめは前述の「録画→視聴→保存のシークエンス」における最後の段階「BD-Rにダビング保存」を前提とした考え方。

アニメ1クールは30分(0.5時間)×13話で6時間30分。するとBD-Rに無変換高速ダビング保存するには3倍録以上にしておく必要がある。その3倍録から放送開始前特番なども想定して3.5倍録、チャンネル録画キープ時間重視での4倍録あたりがスイートスポットではないだろうか。

マニュアルより抜粋

全自動DIGA「DMR-4X1000」

番組数が多そうなジャンルを高倍率設定で狙い撃つ!

録画モードは実は、チャンネル録画全体の基本設定と合わせて、番組ジャンルごとの設定もできる。興味が薄いジャンルを個別で高倍率録画モードに設定すれば全体のキープ時間を多少は伸ばせるわけだ。

ただし、

  1. 個別設定できるのは6ジャンルまで
  2. 個別設定では全体設定より高倍率のモードにしかできない
  3. ジャンル設定をサブジャンル設定で上書きはできない

などの条件があり、例えば以下のような設定はできない。

  • 不可:全体を8倍録にしてアニメだけ4倍録(条件2に反する)
  • 不可:ジャンル「スポーツ」を15倍録にしてサブジャンル「相撲・格闘技」だけ4倍録(条件3に反する)

である設定の基本方針は「全体の録画モードはアニメ最適化の3~4倍録とした上で、自分の興味は薄くて番組数は多そうなジャンルを高倍率にする」となるだろう。

本機のリモコン

全自動DIGA「DMR-4X1000」

例えば、

  • 「ニュース/報道」なら番組数は多く、報道内容さえわかれば画質は重要ではない。なので15倍録モード!
  • 「国内ドラマ」はBD-Rに保存しやすいように6倍録、「海外ドラマ」は興味ないから15倍録!
  • 「演劇/歌舞伎」には興味ないけどそもそも地上波での演劇とか歌舞伎の番組は少なくて節約効果は薄いだろうから無視!

のような具合だ。

「新着番組」でサクサク視聴!「毎回保存」でおまかせ保存!

チャンネル録画設定最適化完了!さあ見まくるターンだ! しかし録画番組は膨大!番組表を遡って番組を探していく「いかにもタイムシフト」的なやり方では、お目当ての作品に辿り着くまで一苦労だ。

そこで「新着番組」機能に注目!録画番組をジャンルごとなど様々な切り口で整理して表示してくれる機能だ。この機能を呼び出すボタンがリモコンの押しやすい一等地に配置されていることからも、その重要性=便利さがわかる。

まずはシンプルに、「アニメ/特撮」ジャンルを集めた画面からアニメを選んで視聴しまくる!
さらに、番組名や個人名を「お気に入り」に登録すれば、そのお気に入りに該当する新着番組を集めた画面も用意してくれる。毎話必ずチェックする作品はここに設定しておくべし!

リモコンの“一等地”に「新着番組」ボタンを配置

全自動DIGA「DMR-4X1000」

また「毎回保存」番組も、新着番組画面の先頭近くにメニューが配置されるのでアクセスしやすい。
その「毎回保存」とは、指定した番組をハードディスクのチャンネル録画領域から通常録画領域に毎回自動でダビングし、消去されないようにしてくれる機能。全話保存しておきたい作品は毎回保存設定にしておき、最終話まで保存されたら最後に一気にBD-RにダビングすればOK!便利!

視聴と保存の両方で活躍する「おとりおき」

「毎回保存」は番組ごとの自動保存機能だが、ジャンルごとに番組をしばらく確保しておいてくれる機能も用意されている。
「おとりおき」機能は、地上波のアニメまたはドラマを、チャンネル録画の期限が来ても消去されないように、通常録画領域に移して確保しておいてくれる機能だ。おとりおき期限は約90日=1クール分。
おとりおき対象に設定できるのは、

  1. ドラマ/2つの時間帯
  2. アニメ/2つの時間帯
  3. ドラマとアニメ/各1つずつの時間帯

…のパターンのいずれか。より多くのアニメをキープしておきたいなら「アニメ/ゴールデン」「アニメ/深夜」あたりを設定しておくのが無難だろう。ただし「おとりおき」はハードディスクの通常録画用領域を圧迫するのでその点は要注意!

外出先でもスマホで視聴!配信もシームレスに大画面視聴!

しかし「新着番組」で視聴効率をアップし「おとりおき」で猶予を伸ばしても、それでもまだ膨大な録画に視聴が追いつかない……。
ならばスマホアプリ「どこでもディーガ」の出番!録画番組をネット経由でいつでもどこでも視聴できるので通勤時間などでのアニメ視聴も可能!番組をあらかじめスマホに転送しておいてデータ通信量を節約することも可能!

さらに最新全自動DIGA、特にDMR-4X1000とDMR-4X600の2モデルは、NETFLIXやAmazon Prime Video、dTVにAbemaなどアニメに強い配信サービスにもずらっと対応。「新作アニメはテレビ録画で視聴&保存!名作アニメも配信でいつでも見られる!」なんてアニメライフも送れる。

配信サービスはスマホやPCでも視聴できるが、DIGAでの視聴に一本化すれば、テレビ録画と同じくテレビやプロジェクターの大画面での視聴、同じリモコンでの操作となり、アニメ体験のシームレス感を高められるのもポイントだ。

楽々簡単とマニア魂を同時に満たす、録画の切り札!

は……!?ついつい長文で語ってしまった!そのせいで「これもしかして使いこなすの面倒なやつなのでは?」と思ってしまった方もいらっしゃるかもしれない。
いや筆者はマニアの習性として事前の分析や設定に凝ってしまったが、実際のところ全自動DIGAは、ここまで執拗に設定を詰めずともサラッと使い始められる。そして使い始めれば録画は全自動なわけだからむしろ楽々簡単アイテムだ。
しかしそれと同時に、長文で語ってしまうほどに、アニメを、ドラマを、テレビを、そしてそれらを録画するという行為を、マニアックに愛する人種のそのマニア心にも響くアイテムでもある。それも全自動DIGAの魅力だ。

「録画したい!そしてぜったい録り逃したくない!」
録画マニアなあなたにこそ、ぜひチェックしてみてほしいレコーダーだ。

• 製品の定格およびデザインは改善等のため予告なく変更する場合があります。

関連記事

AV Watch × ディーガ

日沼諭史氏が最大10チャンネル丸ごと録画のディーガ「DMR-4X1000」にしたら、ストレスフリーなテレビ生活が手に入った話

AV Watch × ディーガ
Stereo Sound ONLINE × ディーガ

BS/CS4K放送の自動録画の便利さと圧倒的な高品位を両立。小原由夫氏が今一番欲しいAV機器「DMR-4X1000」を語り尽くす。

Stereo Sound ONLINE × ディーガ