おうちクラウドディーガ 全自動モデル UBX7050/UBX4050機能[Ultra HD ブルーレイ再生対応]

4K/HDRの
映像が楽しめる

4K対応の次世代ブルーレイ規格 Ultra HD ブルーレイとは

Ultra HD ブルーレイとは、4K対応の次世代ブルーレイディスク規格です。4K(3,840×2,160画素)解像度に加え、60pの高フレームレートや最大1,000~10,000nitの高輝度で質感あふれる表現が可能な「HDR(ハイダイナミックレンジ)」、色の再現性を大幅に高める広色域規格「BT.2020」などに対応したもので、4K解像度による高精細感、大きな明暗差による立体感や鮮やかな色調、なめらかな動きによる美しい映像表現が可能となります。

Ultra HD ブルーレイとは Ultra HD ブルーレイとは

緻密で動きが滑らかな映像を実現 高解像度4K/60p

フルハイビジョンの4倍の解像度を有する4K(3,840x2,160画素)映像を、1秒間に60コマで高速表示し、緻密で動きが滑らかな映像を実現します。

高解像度4K/60p 高解像度4K/60p

輝く光も陰影に潜む色もリアルに描く 高輝度HDR(High Dynamic Range)

輝度ピークを従来の100nitから最大1,000~10,000nitまで大幅に拡大し、映像のダイナミックレンジを飛躍的に向上させたHDRに対応。 これまで表現が難しかった明るい光源(ライトや太陽光など)や反射光(金属表面や水面の輝きなど)まで、質感豊かに表現できます。

※映像信号(RGB)の最大値と最小値の比率。

高輝度HDR(High Dynamic Range) 高輝度HDR(High Dynamic Range)

高い表現力で、自然で鮮やかな色彩 広色域 BT.2020

4K/8K放送に向けて策定されたITU-R BT.2020の広色域信号に対応。従来のブルーレイディスク(BT.709準拠)では表現できなかった豊かで鮮やかな色彩表現が可能になります。

効率的な伝送で4K映像を美しく再生 高圧縮効率 HEVC(H.265)/10bit/100Mbps

最新の高効率動画圧縮技術HEVC (H.265) による最大100Mbpsの映像信号に対応。従来のブルーレイディスク(MPEG-4・AVC/H.264、最大40Mbps)を大幅に超える圧縮効率と高ビットレートにより、4K/60p、HDR、BT.2020などによる高品位な映像を余すところなく再現します。また、従来のブルーレイディスクは、マスターグレードビデオコーディング(MGVC)で収録されたソフトを除き、色差信号(Y、Cb、Cr)を各8bit(256段階)で表現していましたが、これを各10bit(1,024段階)まで拡張することで、より微小な信号まで忠実に再現し、質感豊かな映像を実現します。

[Ultra HD ブルーレイ再生に関する注意事項]

●著作権保護のために、ディスクによっては本機をインターネットに接続していないと再生できない場合があります。4K/HDRで視聴するためには、HDCP2.2、4K/60p/4:4:4、Ultra HD ブルーレイ規格のHDR信号に対応する機器や端子に接続してください。また、18Gbps対応のHDMIケーブル(別売。UBZ1は付属)が必要です。
●HDCP2.2に対応していない機器や端子に接続した場合、2K解像度で、HDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。また、ディスクによっては正しく再生できない場合があります。4K/60p/4:2:0/8bitまで対応の機器や端子に接続した場合、60p素材の再生はHDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。4K/60pに対応していない機器や端子に接続した場合、2K解像度で出力します。HDRに対応していない機器や端子に接続した場合、HDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。また、ディスクによっては2K解像度での出力、または正しく再生できない場合があります。
●その他、Ultra HD ブルーレイの再生に関する情報は http://av.jpn.support.panasonic.com/support/bd/ でご確認ください。

ほかの機種と比べる

【BS・110度CSによる4K・8K放送について】
本サイト掲載のブルーレイディスクレコーダーには、2018年から放送予定のBS・110度CSによる4K・8K放送(新4K8K衛星放送)の受信および録画機能は搭載されていません。

●記載されている各種名称、会社名、商品名などは、各社の登録商標または商標です。
●機能説明写真、シーン写真、イラストはイメージです。