一度にたっぷり洗えて、時間を有効に使える

食器だけなら約6人分45点まで入る 食器だけなら約6人分45点まで入る

食器も調理器具もまとめて一度で

4人分の夕食で使った食器と調理器具が入る 4人分の夕食で使った食器と調理器具が入る

■平皿も、どんぶり鉢や深い大皿もラクに入る食器かご

NEW アレンジエリア

下カゴの棒ピンを折りたたみできるから、深さがある鉢などをラクに入れられます。

どんぶりも入れやすく どんぶりも入れやすく
軽いもの・小さいものを洗うなら

食器洗い乾燥機専用小物カゴ
N-KK1 オープン価格

水流の噴射で飛ばされやすい軽い小物類が入ります。大皿置き場に簡単にセットできます

※ピックやシリコンばらんなどを洗浄する場合は、伏せ置きしてください。

食器洗い乾燥機専用小物カゴ

使い方も、お手入れもカンタン

ふだんの使い方

食器をセットして、専用洗剤を入れ。コースを選びスタート

*残さいフィルターの下に水が残りますが、排水ポンプの構造上残るものなので、異常ではありません。

庫内の汚れが気になったら

「お手入れコース」がオススメ!

「お手入れコース」とは?

お手入れコースのボタン位置

水アカが気になったら

庫内が水垢によって白く汚れたときは、食器洗い乾燥機用庫内クリーナーをお使いください。

食器洗い乾燥機専用庫内クリーナー

静音設計※2 だから夜遅くても使える!

■騒音レベルの比較

食洗器TR9の騒音レベルは約34.5dB(50Hz)、約36.5dB(60Hz)

■動画で実感!食洗機の運転音

2007年発売モデルとの比較も!

※動画内の商品はNP-TR8です。

予約ボタンで、夜間運転。割安な深夜電力が使える!

選択したコースを、4時間後にスタート。就寝前にセットすれば、夜間の割安な深夜電力が使えます。※3

予約ボタンの位置
食洗器を上手に使うために

【食洗機は苦手なものもあります】

●高温に弱いものは洗わないでください。

高温のお湯で洗ってすすぐので、高級漆器や金・銀食器などは洗わないでください。(変色・くもり・破損などの原因になります)
カットグラス、クリスタルグラスなどの高級ガラス食器、金メッキ製・銀メッキ製・銀製食器、アルミ食器、高級漆器。

 

●こげつきや、こびりつきは事前に洗い落としてからセットしてください。

・調理に使った鍋などの焼けコゲ  ・グラタンのこびりつきや、ひどい油の固まり  ・茶碗蒸しなど蒸し物料理のこびりつきなどは洗えませんので、一度洗い落としてからセットしてください。

 

●小さすぎるものは入れないでください。

かご本体の小物入れにセットできるものを除いて、さかずきなどの目方の軽い食器は、水圧でかごから飛び出してしまう恐れがあります。また口の径がせまいものは洗えません。

●アルカリ洗剤に弱いものは、変色の恐れがあります。

アルミ製・銅製の調理器具は専用洗剤の成分により表面が酸化し変色することがあります。鉄製のものはさびる場合があります。クリスタルグラスは白くくもるため洗わないでください。上絵付けの食器は変色・はがれの恐れがあります。  ・プラスチック食器は、乾燥後水滴が残る場合があります。また、食物の色素などで色が付くことがあります。  ・包丁は入れないでください。けがをする恐れがあります。(プチ食洗のみ。NP-TR9、TM9は包丁がセットできます。)

 

●糸底には水が残ります。

食器洗い乾燥機は洗浄から乾燥まで連続で運転するので、食器の糸底など凹状になっていると水が残ります。 また、樹脂食器については乾燥しにくい場合があります。

 

●フッ素加工を施したもので、表面に傷やはがれがあるものは入れないでください。

フッ素加工がはがれる恐れがあります。

*「オープン価格」は本体希望小売価格を定めていません。「オープン価格」商品の価格は販売店にお問い合わせください。
※1 最大43×23 cm(厚み1.5 cm以下)のまな板が入ります。
※2 50 Hzでの運転音約34.5 dB。60 Hz時は約36.5 dB。運転音の表示は、日本電機工業会自主基準「食器洗い乾燥機の性能測定方法(2008年3月5日改訂)」による。使用環境、食器の種類、食器の量によって運転音は変わります。
※3 別途、電力会社との契約が必要です。
・食洗機に非対応のものもありますので、調理器具・食器類・水筒等、お使いの品の取扱説明書をご確認ください。