HC-VX992M/VZX992M

もっと知ろう 4K AIR もっと知ろう 4K AIR

ビデオカメラで動画を撮ることに慣れてきたら、ただ撮影・記録するだけではなく、もっと違った使い方をしてみませんか。「4K AIR」には、便利で快適な機能や、楽しい使い方が満載です。

撮ったあとに補正して、キレイな画角の動画に保存できます。

あらかじめ4Kで広い範囲を撮影しておいて、あとからアングルを編集・補正することで、キレイな画角のフルハイビジョン動画として、ビデオカメラ本体に保存することができます。下記のような「あとから補正」ができますので、運動会などで撮影に自信がない方は、ぜひお試しください。

あとから追っかけ

4Kで広く撮影したあと、わが子の顔を自動で追っかけて、つねに表情を中心に捉えた動画として編集・保存できます。さらに、「手ブレ補正」も同時に行うことで、フレームアウトの心配がより少なくなります。

●1080/30pのシーンとして保存。編集可能時間は最大20分。

あとから指で追っかけ

顔認識機能では自動で追っかけづらいシーンでも、わが子を指で追っかけて編集することも可能です。フレームのサイズを選び、わが子の動きに合わせて指でそのフレームを動かすことで、好みの画角にした動画にできます。

●1080/30pのシーンとして保存。編集可能時間は最大20分。

あとからスロー&クイック

4Kで撮影した動画に、スローモーションとクイックモーションの効果を加えることもできます。徒競走のゴールシーンなどスローにすることで、より感動的な動画として残すことができます。

●1080/30pのシーンとして保存。設定する区間は最大10個。
●スローモーション効果・クイックモーション効果を設定した区間は、無音の映像になります。

あとからクローズアップ

発表会などを固定で撮影したあとに、わが子だけ、わが子+となりのお友達、わが子+まわりの数人など、アップにしたい画角を決めて編集・保存できます。アップにする範囲を変えれば、画像データのシェアなどにも使えます。

●1080/30pのシーンとして保存。編集可能時間は最大1時間。

あとからズーム

撮影中にズームを上手に使えない方でも、あらかじめ4Kで広い範囲を撮影しておけば、あとからズームの効果を加えられるので安心です。また、わが子の動きが止まったり、変化の少ない単調な映像になってしまっても、あとからパンの演出効果を足すことも可能です。風景シーンからわが子を印象的に登場させるなど、こだわりの動画がかんたんに作れます。

●1080/30pのシーンとして保存。編集可能時間は20秒または40秒。

あとから手ブレ補正

4Kで撮影した動画を、あとから手ブレ補正する編集もできます。運動会などで走るわが子を手持ち撮影していても、あとから手ブレを補正できるので安心です。

●1080/30pのシーンとして保存。編集可能時間は最大1時間。

[あとから補正]

4K技術の進化とエンジンの高性能化により、4Kで広角に撮影した動画を、ビデオカメラ本体であとから編集することが可能に。あらかじめ画角に余裕をもって4K撮影することで、動く被写体やズーム時のフレームアウトを防げます。被写体に合わせて手ブレを補正したり、パンニング編集を行えたり、高精度なフルハイビジョン動画として保存することができます。

高性能なオートフォーカスで、快適な撮影ができます。

パナソニック独自の高性能なオートフォーカス機能で、より快適な撮影が可能です。わが子の動きや位置に合わせて、フォーカスも自動で素早く合わせられ、より高品質な4K動画を残せます。

[4KハイプレシジョンAF]

高速・高精度なオートフォーカス技術により、快適な4K撮影を実現。被写体の遠近が変わる際のフォーカススピード、動く被写体に対する追従性能、パンニング中(本体を動かした際)の捕捉性能に優れています。また、フォーカスレンズを微細に駆動し続けることで被写体の変化に機敏に反応できる、4K撮影用に開発された「微細駆動フォーカスユニット」を導入。よりなめらかで素早いフォーカス追従が可能になり、高品質で安定性のある4K映像を記録できます。

スマホで撮影している動画も、同時に記録できます。

「4K AIR」で動画を撮影中に、スマホで撮っている動画も液晶モニター上に子画面として表示させて、リアルタイムで同時記録が可能です。この「ワイヤレス ワイプ撮り」を使えば、さまざまな楽しみ方が広がります。

※4K撮影・24p撮影での「ワイヤレス ワイプ撮り」はできません。

Case1 1つの子画面に、スマートフォンで撮影中の映像を表示。
Case2 子画面ツイン表示で、複数のスマートフォンで撮影中の映像を表示。

●「ワイヤレス ワイプ撮り」を使用するには、子画面に合成する機器とのWi-Fi®接続および専用アプリ「Panasonic Image App(無料)」が必要です。
●メインカメラで撮影した映像と比べ、スマートフォンから受信した子画面の映像には若干の時間遅れがあります。
※4K撮影・24p撮影での「ワイヤレス ワイプ撮り」はできません。

【ワイヤレス ワイプ撮りの注意事項】
※本機能はWi-Fi®を利用しております。Wi-Fi®電波が届く範囲は、スマートフォンの場合、障害物や他の電波がない環境で5m~10m程度です。ただし、ご使用の機器や環境条件によって大きく変わりますので、あくまでも参考値となります。
※Android機器はCPUコア数が4以上(クワッドCPU以上)、iOS機器は最新機種を推奨します。
 ●ワイヤレス ワイプ撮り機能の子画面の撮影に使用可能なデジタルビデオカメラについては、お客様サポートサイトをご参照ください、

逆光でも暗くならず、目で見た印象に近い映像で記録できます。

撮影するときに逆光になっていても、本体のHDRボタン※を押すだけで、目で見た印象により近いナチュラルな映像で記録できます。

逆光でも笑顔を明るく、よりナチュラルな映像に!

※もう一度ボタンを押した場合や電源を入れ直した場合は、インテリジェントオートモードに切り替わります。

[HDR動画モード]

従来では陰って撮りづらかった逆光シーンなどで、露光時間の異なる明暗2映像を両方撮影してリアルタイムで合成。白とびしてしまう箇所を暗く、黒つぶれしてしまう箇所を明るく撮影した映像を合わせることで、被写体を目で見た印象により近い映像で記録できます。

屋外の撮影でも、さまざまな声や音を高音質で録音できます。

風などの雑音を効果的に抑える高性能な「ウインドシールドマイク」を搭載しているので、屋外でも高音質な録音が可能です。また、音質の設定を選べる「サウンドシーンセレクト」で、撮りたいシーンに適した音声で記録できます。

オート 標準的な設定で録音
音楽 音楽コンサートなど幅広い音域・音量が必要な撮影時
スピーチ スピーチ・トークイベントなど本機前方からの音に重点を置いた撮影時
自然 森・川などの静かな環境での撮影時
お祭り お祭り・花火大会など大音量が出る場面での撮影時
お好み マイクゲイン(大音量録音時の調整)、周波数特性(高域・低域レベル)、指向性(サラウンド/ステレオ・モノラル)をお好みで調整可能

わが子の決定的な瞬間を、感動的なスロー再生で楽しめます。

肉眼でも見えなかったようなわが子の決定的瞬間を、感動的なスローモーション再生で観ることができます。運動会での活躍シーンなど、ドラマチックな動画にして楽しめます。

こんなシーンにおすすめ!
家族の思い出に
スポーツに
SNS用に
趣味・遊びに

●記録方式が「MP4/iFrame」、記録モードが「1080/28M」になり、設定の変更はできません。
●ハイスピード撮影した区間は音声記録されません。

[スーパースロー]

常時スローの設定では録画中ずっと、区間スローの設定では録画中にSlowボタンを押している間だけ(1回の撮影時に3回までスーパースロー撮影が可能)、2倍のスピードで高速撮影。その撮影映像を再生するときにさらに2倍(合計4倍)補間して、スーパースロー1/4倍速変換によるなめらかなスローモーション再生(本体再生時)が可能です。また、スロー区間速度変換で変換(別途レンダリングが必要)すれば、データも1/4倍速で保存できます。

フィルム映画のような、味わい深い動画も残せます。

フィルム映画と同じ秒間24フレーム撮影もできるので、フィルム映画のような味わい深い映像で家族の思い出を残すことができます。

こだわりのライカレンズで、さらに鮮やかな撮影ができます。

「4K AIR」は、名門ライカカメラ社と共同開発した、高性能なライカディコマーレンスを搭載しています。これにより、わが子の笑顔や家族の思い出を、クリアで鮮やかなカラーで記録することができます。

●LEICA/ライカは、ライカマイクロシステムIR GmbHの登録商標です。
●DICOMAR/ディコマーは、ライカカメラ社の登録商標です。
●LEICA DICOMARは、ライカカメラ社が設定した品質基準に基づき、ライカカメラ社が認定した測定機器と品質保証システムによって生産しています。

[ライカディコマーレンズ]

厳しい審査基準をクリアし、名門ライカカメラ社の光学技術が活かされたレンズ。ゴースト・フレアの発生を抑えるマルチコートや、色収差を抑える低分散ガラスの採用により、端正で歪み・色にじみの少ないクリアな映像描写を実現しています。

家にいるわが子の様子を、外出先のスマホで確認できます。

室内にセットした「4K AIR」で撮影している動画を、外出先からスマホの画面上で観ることができます。家で待っているわが子やペットの様子などを、仕事先などから見守れて安心です。

外出先で自宅をチェック

※AVCHD HEモードに対応。
●パナソニックのスマートフォン用アプリ「Panasonic Image App(無料)」のダウンロードおよび起動が必要です。動作確認済みスマートフォンについてはこちらでご確認ください。
●対象ビデオカメラが、無線LANアクセスポイント(無線LANルーター)に接続されている必要があります。また、お使いのスマートフォンは、3GやLTEなどの携帯電話回線で使用してください。

●「Panasonic Image App」は、「Google Play™」または「App Store」より入手することができます。3GやLTEなどの携帯電話回線を利用してのダウンロードやインターネット接続時には、別途パケット通信料がかかります。
※1 HC-VX992M/VZX992Mとお使いのスマートフォン・タブレットを接続するためには、「Panasonic Image App」が必要になります。対応OS(2019年4月現在)/Android™用:Android™ OS 4.4以上、iPhone用:iOS 9.3以上。
※2 遠隔操作時は、本体での操作ができません。本体が見える位置から10m程度までの距離で遠隔操作可能。ただし、電波状況により変化します。
●Wi-Fi®は、Wi-Fi Alliance®の登録商標です。
●Android™およびGoogle Play™は、Google Inc.の商標または登録商標です。
●iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
●iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
●App Storeは、Apple Inc.のサービスマークです。

妊娠・育児期間を、ベビー用の機能で楽しくサポートしてくれます。

ママを楽しくサポートする「マタニティ・ベビー機能」を搭載しています。「ベビーモニター」モードを使えば、スマホで別室にいる赤ちゃんの様子を見守ることが可能。赤ちゃんが泣き出したときには、音声検知で異変を検出してママのスマホにプッシュ通知され、スマホから赤ちゃんに声をかけることもできます。また、妊娠中におなかが大きくなる過程のコマ撮り再生が楽しめる「かんたんコマ撮りモード」や、赤ちゃんの月齢単位でイベントを表示する「ベビーカレンダー」など、楽しく充実した機能でママと赤ちゃんをサポートします。

●「ベビーモニター」を使用するには、パナソニックのスマートフォン用アプリ「P 」のダウンロードおよび起動が必要です。動作確認済みスマートフォンについてはこちらでご確認ください。
●対象ビデオカメラおよびスマートフォンが、無線LANアクセスポイント(無線LANルーター)に接続されている必要があります。

商品特長

4K AIRというスタイル

かんたんにキレイに撮ろう 4K AIR

撮影した動画を見よう 4K AIR

動画を保存しよう 4K AIR

もっと知ろう 4K AIR

注意事項

●各機能は、すべての環境下での効果を保証するものではありません。
●画面はハメ込み合成写真です。
●写真・イラストの内容はイメージです。
●製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。