HC-W585M

その他の特長

定番のシーンを自動でキレイに おまかせiA・iA+

撮りたいものにカメラを向けるだけで、カメラがシーンを自動で認識して、最適な設定で撮影できます。

「おまかせiA」モードを選ぶと5つのシーンを自動認証 / よくあるシーンが自動でキレイ! 「おまかせiA」モードを選ぶと5つのシーンを自動認証 / よくあるシーンが自動でキレイ!

動画撮影モードで、「おまかせiA」モードを選ぶだけ! 動画

顔を検知。 最大5人まで認識します。/ 人物を引き立て 美しい肌に。
顔 認識

顔を自動検出してキレイに描写。最大5人までの顔を検出し、露出、ピントを調整し、美肌補正をかけます。

焦点距離の遠さと、 上部の明るさから認識。/空の色もくっきりと、 見た目に近い映像に補正。
風景 認識

白トビしやすい空も、鮮やかな青色で再現。同時に、暗く見づらい影などの暗部も最適に補正します。

極端な明暗から認識。/ スポットライトが 当たってあるところを最適に。
スポットライト 認識

極端に明るいところの白トビを抑え、暗く沈んでしまっているところは、明るく最適に補正します。

暗さから検知。/弱い光でも明るく撮れる。
ローライト 認識

暗い部屋や薄暗い夜などの被写体が暗いシーン時、スローシャッター(1/30)と明るさ調整で、被写体を明るく撮影。

明暗差から検知。/ 手ブレを抑えながら 最適なコントラストに。
ノーマル

手ブレによる映像の揺れを軽減し、コントラストが強い場面でもキレイに補正します。

静止画同時記録でもOK!

写真撮影モードで、「おまかせiA」モードを選ぶだけ! 写真

顔 認識

露出と色調をコントロール。人物を引き立て、人肌を美しく表現。

風景 認識

ピントを遠くに合わせます。

動き 認識

被写体の動きをとらえて、シャッタースピードを調整。

接写 認識

広角側で1cmまで接写が可能。

夜景 認識

通常より遅いシャッタースピードで、夜景をしっかり描写。

●「おまかせiA」モードによるシーン認識は、撮影条件によってシーンを判別できない場合があります。

おまかせiAで撮るときも、自分好みの味付けで iA+(インテリジェントオートプラス)

おまかせiA 撮影時に、画面をタッチするだけの直感的な操作で、自分好みに明るさ・色合いを調整できます。動画/静止画どちらでも調整可能です。

テレビ放送を超える、なめらかさ 1080/60p記録

ハイビジョン放送で採用されているインターレース方式1080/60i に加えて、2 倍の情報量を持つプログレッシブ方式1080/60pでの記録に対応。細部までくっきりと再現します。

1080/60i 記録 インターレース方式 / 1080/60p 記録 プログレッシブ方式 / こんなシーンで「スポーツ」「風景」

アートな映像が簡単に撮れる クリエイティブコントロール

好みの色合いや表現に応じた映像効果が楽しめる、クリエイティブコントロールを搭載。効果は4種類の中から選べます。

●AVCHD撮影時に対応。

ジオラマ

映像の周辺のぼかす部分とぼかさない部分を意図的につくり、模型を撮影したようなジオラマ効果のある映像を撮影できます。

8ミリムービー

色あせたレトロな映像を撮影できます。

サイレントムービー

周辺の光量を落として、音声のないモノクロ映画のような映像を撮影できます。

インターバル撮影

長時間かけてゆっくり動くシーンを、記録間隔を空けてコマ撮りをし、短時間のビデオとして記録します。

動画撮影中、同時に写真も撮れる 動画静止画同時記録

動画撮影中でも、フォトショットボタンを押すことで、高画質な静止画を同時に記録することが可能。お気に入りのベストシーンを、動画だけでなく高精細な写真としても残せます。

●ワイプ無し映像同時記録中は、「動画静止画同時記録」はできません。

動画撮影中 - フォトショットボタンをプッシュ!- 静止画として記録 動画撮影中 - フォトショットボタンをプッシュ!- 静止画として記録

静止画切り出し

記録済みの動画の中から、お気に入りのワンシーンを写真として保存できます。動画再生中にフォトショットボタンを全押しするだけで手軽に動画から静止画を切り出せます。

●通常の写真撮影モードと画質が異なります。

本体で動画生成中 - フォトショットボタンをプッシュ!- 気に入ったシーンを静止画に 本体で動画生成中 - フォトショットボタンをプッシュ!- 気に入ったシーンを静止画に

写真も高精細でキレイ 静止画記録

写真撮影モードで、高精細写真記録が可能。緻密な模様もくっきりと鮮明に描写し、大判プリントをした際にも、キレイな静止画が楽しめます。

旅先での2台持ちが不要。写真もムービーで取れば感動性もアップ!

MacPCへの取り込みに便利な撮影モード iFrameモード

MacPCのiMovieに最適なiFrameモードを搭載。MacPCへの取り込み時間とデータ容量を大幅に削減することができます。

取り込み時間短縮!データ容量も小さい! 取り込み時間短縮!データ容量も小さい!

ハイライトシーンに演出を挿入して楽しく再生 新おまかせムービースライドショー

撮影した映像の中からカメラが自動でハイライトシーンを抽出し、演出効果やBGMとともに短縮して再生。長時間イベントを短時間で見たいときなどに便利なダイジェスト版の映像が、ショートムービー感覚で楽しめます。保存形式は、高画質なAVCHDと、PCで扱いやすいMP4の2種類から選択でき、スマートフォンで作成したタイトル画像を取り込むことも可能です。

● 再生時間は、1分30秒・3分・おまかせ(最長5分)から選択できます。
● iFrameで保存されたシーンは、おまかせムービースライドショーに対応していません。
● MP4は、1920×1080/30p、1280×720/30p、または640×360/30pで保存されます。

撮影した映像 - ハイライト再生 - 4つのモードから演出を選択 撮影した映像 - ハイライト再生 - 4つのモードから演出を選択

簡単3ステップでSDカードに保存

ハイライトシーンを、簡単操作でSDカードに保存ができるので、撮り終わった後にその場でお友達と共有することができます。

レンズと一緒にマイクもズームアップ ズームマイク

撮りたいものにカメラを向けるだけで、カメラがシーンを自動で認識して、最適な設定で撮影できます。

マイクも一緒にズームアップして十区の声もクリアに捉える! マイクも一緒にズームアップして十区の声もクリアに捉える!

屋外でも風音ノイズを抑える 風音キャンセラー

本体内蔵マイクに収音される風雑音を自動的に除去。屋外など、風のある場所での撮影時も、被写体の声をクリアに記録します。

風音キャンセラーOFF : 風の音で声が聞こえにくい / 風音キャンセラーON : 風邪によるノイズを自動で抑制 - マイクに記録される風雑音を自動で抑制。クリアな音声が楽しめます。

ムービー本体で簡易編集 本体編集機能

本体だけでシーンの分割・削除など、簡易編集が可能。不要なシーンを手元で簡単に削除できます。

削除したいシーンの「始まり」と「終わり」を分割・削除 - 不要なシーンがなくなり完成! 削除したいシーンの「始まり」と「終わり」を分割・削除 - 不要なシーンがなくなり完成!

※MP4/iFrameにて記録した映像では、1つのシーンを分割し、分割点から前または後ろを消去する編集機能となります。

予期せぬ一瞬でも約3秒前から録画 3秒前録画 プリREC機能

あらかじめ「プリREC(PRE-REC)」を設定しておけば、撮影ボタンを押した約3秒前からの映像を記録しているので、大切な一瞬を逃さず撮影。ムダ撮りを減らせるので、メディアも有効に使えます。

※撮りたい被写体に向けて、事前にカメラを構えておく必要があります。

プリREC機能のしくみ

液晶モニターを開いて約1秒で撮影可能 クイックパワーオン

電源が切られた状態から、スピーディに撮影可能状態に入ることができます。

液晶モニターを開くと約1秒※で電源ON
 
カメラを向けたらピントがすぐ合う!

内蔵メモリーからSDカードへ連続記録 リレー記録

撮影中に内蔵メモリーの容量がなくなっても記録先を自動でSDカードに切り替え、 続けて記録する「リレー記録」機能。切り替えの際、録画を止めることがないので、撮り逃しの心配がありません。また、撮影後もめんどうな編集作業を行うことなく、ワンタッチでデータをまとめることが可能です。

●AVCHDのみ可能。

「リレー記録」なら、容量がいっぱいになっても、記録メディアを自動で切り替え! 取り逃しの心配なし! 「リレー記録」なら、容量がいっぱいになっても、記録メディアを自動で切り替え! 取り逃しの心配なし!

ワンタッチでデータ転送&ファイル結合

リレー録画が起動した際、内蔵メモリーに記録されたデータをSDカード側にまとめて保存することができます。データ転送とファイル結合は、液晶モニターの指示に従って、ワンタッチで完了。

リレー記録で記録したデータをSDカードにまとめて保存

大容量のハードディスクに、撮った映像をたっぷり残せる USBハードディスク対応

残しておきたい映像なのに、内蔵メモリーやSD カードの容量が足りない。そんなときは、推奨の外付けUSB ハードディスクに撮影した映像をどんどん保存。たくさん撮ってもしっかり残せます。

USB接続ケーブル / 外付けUSBハードディスク

ハードディスクに保存した映像もそのまま再生可能

ハードディスク内の映像も、本体ですぐに再生可能。さらにテレビとつなげば、大画面でも楽しめます。

●本機と推奨のUSB ハードディスクを接続してコピーしたビデオ・写真、またはHD Writer LE 3.2でコピーしたビデオ・写真のみ再生できます。
●推奨のUSBハードディスクについての情報は、お客様サポートサイトをご確認ください。

[接続図]外付けUSBハードディスク - ビデオカメラ - TV

商品特長

「ワイプ撮り」を楽しんで笑顔をたくさん残そう!

撮影機能を利用してもっと上手に撮ろう!

ネットワーク機能を便利に使おう!

注意事項

★=在庫僅少
●各機能は、すべての環境下での効果を保証するものではありません。
●画面はハメ込み合成写真です。
●写真・イラストの内容はイメージです。
●製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。