みずみずしいうるおいとハリを実感したいときに

ハリ感が気になる肌。
いつものスキンケアでもハリ感を実感したい。

角質層まで届く「浸透スキンケア」で、目指すは、 ハリ感・キメ感のある肌!

ヒアルロン酸など配合のスキンケア化粧品の美容成分を、肌表面だけでなく角質層まで一気にチャージ※1

これであなたの理想へ!これであなたの理想へ!

美容クリニックの技術に着目した高分子浸透※1プレケア技術の「プレケアモード」で角質層に美容成分の通り道をつくります。その後「保湿モード」を使用し、その通り道から大きい分子の美容成分であるヒアルロン酸・コラーゲンなどを肌の表面ではなく角質層までぐんぐん浸透※1させます。

角質層に美容成分の通り道をつくる

STEP1 プレケアモード(2分)

高分子美容成分の角質層への浸透※1を高めたい時に。「プレケアモード」を「保湿モード」の前に使用することで、角質層に通り道を作り、浸透しにくいヒアルロン酸などの大きい分子の美容成分を浸透※1しやすくします。

プレケアモード(2分)

STEP2 保湿モード(温感3分)

電気浸透流※2の流れに乗って、化粧品の保湿成分が角質層へぐんぐん浸透。手で塗った場合と比べて、保湿成分の角質層への浸透量が1.7倍※3

保湿モード(温感3分)

※1 角質層への浸透。ヒアルロン酸分子量5,000~10,000、コラーゲン分子量1,000~5,000を使用した浸透量試験を実施。
※2 プラスからマイナス電極へ向かって発生する水の流れを利用し、保湿成分の角質層への浸透性を高める。
※3 グリセリン水溶液をコットンに含ませて、保湿モード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合の浸透量23.6 μg/㎠、グリセリン水溶液をコットンに含ませて、手で塗布した場合の浸透量13.9 μg/㎠ 前腕での比較(当社調べ)
※4 角質層まで

●商品使用シーン写真・イラストはイメージです。

Panasonic Beauty SNS公式アカウント