イオンエフェクター 高浸透※1タイプの正しい使い方

ヒアルロン酸も、 コラーゲンも、高浸透※1。イオンエフェクター 高浸透※1タイプ正しい使い方のメイン画像です。 ヒアルロン酸も、 コラーゲンも、高浸透※1。イオンエフェクター 高浸透※1タイプ正しい使い方のメイン画像です。

肌状態や悩みごとのモードの使い分けと組み合わせ方

case1.「みずみずしい潤いと、ハリが欲しい。」 case1.「みずみずしい潤いと、ハリが欲しい。」
そんな時は、プレケアモードとリズム保湿モードを組み合わせ!

高分子浸透※2のプレケアモードをリズム保湿モードの前に使用することで、化粧品に含まれるヒアルロン酸やコラーゲンなどの高分子美容成分の浸透※2をアップ。みずみずしい潤いとハリを与えることができます。

case1.プレケアモードとリズム保湿モードを組み合わせ case1.プレケアモードとリズム保湿モードを組み合わせ
高分子浸透※2プレケア技術のメカニズム
エレクトロポレーションメカニズムの説明動画です。
case2.「日差しが気になる。透明感のある明るい肌※3になりたい。」 case2.「日差しが気になる。透明感のある明るい肌※3になりたい。」
そんな時は、ブライトニングモード!

ビタミンC、ビタミンC誘導体を含む化粧品を使って、ブライトニングモードでケアをすることで、化粧品に含まれるビタミンCを肌の角質層までしっかり届けます。日頃からしっかりビタミンC浸透※1ケアをしてあげましょう。

使用シーン画像
case3.「洗顔で毛穴の汚れが本当にとれているのか気になる。」 case3.「洗顔で毛穴の汚れが本当にとれているのか気になる。」
そんな時は、スキンクリアモード!

メイクや古い角質、余分な皮脂がつまっていては、化粧品の効果も十分に発揮できません。スキンクリアモードを使って、手での洗顔では落としきれなかった汚れを引き出してコットンに吸着。化粧品の保湿成分を浸透※1しやすいように、肌表面を整えます。

使用シーン画像
case4.「肌が乾燥している。潤いをとどめたい。」 case4.「肌が乾燥している。潤いをとどめたい。」
そんな時は、プレケアモードとリズム保湿モードを組み合わせ!

乾燥はお肌の大敵なので、保湿がとても大切です。プレケアモードで肌のラメラ構造を一時的にゆるめ、リズム保湿モードで化粧品の保湿成分を肌の角質層までしっかり浸透※1。化粧水を手で塗ったときと比べて、保湿成分の角質層への浸透量がアップします。

使用シーン画像
角質層への浸透量 ヒアルロン酸4.9倍 コラーゲン4.0倍 角質層への浸透量 ヒアルロン酸4.9倍 コラーゲン4.0倍

【モデル試験方法】単回
イオンレベル:強
温感:高
プレケアモード使用後、ヒアルロン酸水溶液、またはコラーゲン水溶液をコットンに含ませリズム保湿モードを使用(角質層への浸透。ヒアルロン酸分子量5000 ~10000、コラーゲン分子量1000~5000を使用した浸透量試験を実施。)
【測定部位】前腕
【被験者】30~50代男女 10名
○当社調べ ○効果には個人差があります

*1:プレケアモード使用後、ヒアルロン酸水溶液をコットンに含ませて、リズム保湿モード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合の浸透面積6,900 μm2/mm2、ヒアルロン酸水溶液をコットンに含ませて手で塗布した場合の浸透面積1,400 μm2/mm2 前腕での比較(当社調べ)
*2:プレケアモード使用後、コラーゲン水溶液をコットンに含ませて、リズム保湿モード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合の浸透面積6,100 μm2/mm2、コラーゲン水溶液をコットンに含ませて手で塗布した場合の浸透面積1,500 μm2/mm2 前腕での比較(当社調べ)

使い方

お手持ちの化粧品をご使用いただけます。
使用できる化粧品のイメージ画像です。

化粧水・とろみのある化粧水
ジェルタイプ
乳液
美容液
クリーム
アイクリーム
マッサージクリーム
シートマスク
クリーム状マスク(洗い流さない浸透タイプのもの)

●ブライトニングモードでは、ビタミンCやビタミンC誘導体を含む化粧品をお使いください。

スイッチの操作手順
step1

電源を入れて、モードを選ぶ。押すたびにモードが切り替わります。

step2

イオンレベルを選ぶ。「弱」と「強」が押すたびに切り替わります。

step3

温感(ヘッドの温度)を選ぶ。「低」「中」「高」が押すたびに切り替わります。

使い方を動画でチェック
高分子美容成分の浸透※2を高めたいとき
ビタミンCの浸透※1を高めたいとき

気になる部分のパーツケア

ひたい
使用イメージです
頬骨まわり
使用イメージです
口角まわり
使用イメージです
トライアングルヘッド

マッサージクリームやアイクリームを使って、気になる部位を温かいトライアングルヘッドで引き上げるように念入りにケア。年齢や化粧品に応じたエイジングケアを。

肌を引き上げやすいストレート形状、トライアングルの角は小鼻などの細部に。冷感を伝えやすいフラット形状

よくあるQ&A

【ご使用について】

Q. 1日に何回使ってもいいの?
A. 1日合計15分以内で、お使いください。過度な使用は、かえって肌に良くありません。

Q. お風呂でも使えるの?
A. お使いいただけません。水がかかったり湿気の多い場所では、使用・保管しないでください。

Q. スキンクリアモードは、メイク落としにも使えるの?
A. お使いいただけません。クレンジング・洗顔後に、お使いください。

Q. イオンレベルと温感は 使用中に変更できるの?
A. 使用途中でも変更できます。

【こんなときは】

Q. コットンがはずれやすい
A. カチッと鳴るまで、コットンリングをはめてください。コットンの種類によってサイズや厚み、形状が異なり、取りつけられない場合があります。別のコットンをお使いください。

Q. 肌がピリピリするときは?
A. 化粧品を足すか、イオンレベルを「弱」にしてお使いください。化粧品が少ないと、刺激を感じる場合があります。 

商品紹介

導入※1美容器 イオンエフェクター
<高浸透※1タイプ>EH-ST86

高分子浸透※2プレケアで、ヒアルロン酸やコラーゲンなど高分子保湿成分の浸透※2をアップ。肌の奥、角質層から、みずみずしいうるおいとハリを実感。

おすすめコンテンツ

ヒアルロン酸、コラーゲンをあきらめない。

イオンエフェクターの体験イベント情報やヒアルロン酸・コラーゲンの講座をご紹介

※1 角質層まで
※2 角質層への浸透。ヒアルロン酸分子量5000~10000、コラーゲン分子量1000~5000を使用した浸透量試験を実施。
※3 キメが整うことによる肌の見え方

Panasonic Beauty SNS公式アカウント