あなたの肌悩みの原因は、「浸透ケア」不足かも? スキンケア改革講座

あなたの肌悩みの原因は、「浸透ケア」不足かも?スキンケア改革講座 あなたの肌悩みの原因は、「浸透ケア」不足かも?スキンケア改革講座
あなたが気になるのは? あなたが気になるのは?
1.カサカサ うるおいの足りない肌
2.ザラザラ 角質や毛穴の汚れが気になる肌
3.モヤモヤ 透明感が足りない肌
4.パサパサ 乾燥小じわなどが目立つ肌
5.シナシナ ハリ感がでない肌
6.バタバタ 忙しすぎてケア後回し肌
バタバタ 忙しすぎてケア後回し肌 バタバタ 忙しすぎてケア後回し肌
バタバタ肌イメージイラスト

ちゃんとスキンケアしなきゃいけないのはわかってるけど、忙しい毎日を過ごすので精一杯…。

【こんなシチュエーションには要チェック!】
・帰宅しても疲れてメイクしたまま就寝
・スキンケア化粧品をライン買いするものの続けられない
・ついついオールインワンスキンケア化粧品に甘えがち

Point Point
まずは、1日3分「浸透」習慣を

1:うるおいに優れた「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」などの美容成分を浸透させる
2:シートマスクで顔全体を一気にケア
3:1台5役、しっかり保湿からお肌の引き締めまで一度にケア

イメージ写真
Point Point
パパっと ずっとうるおい続き肌!
Point Point
導入※1美顔器 イオンエフェクター <高浸透※1タイプ> EH-ST97でシートマスクの保湿成分やお手持ちのいつものスキンケア化粧品の美容成分を肌の奥、角質層までしっかりお届け! 導入※1美顔器 イオンエフェクター <高浸透※1タイプ> EH-ST97でシートマスクの保湿成分やお手持ちのいつものスキンケア化粧品の美容成分を肌の奥、角質層までしっかりお届け!

導入※1美顔器 イオンエフェクター <高浸透※1タイプ>なら、ヒアルロン酸・コラーゲンなどの高分子美容成分や、ビタミンC、保湿成分の浸透に加えて、毛穴や角質の汚れの除去、お肌の引き締め機能など、1台で多様な肌悩みを解決へ導きます。

スキンケア化粧品は何を使えば良いの?
一緒に使える化粧品例

いつも使っているお手持ちのスキンケア化粧品やシートマスクと組み合わせて使用できます!

シートマスクの高分子美容成分の浸透量※8はどのぐらい?
ヒアルロン酸浸透性比較 ヒアルロン酸浸透性比較

【モデル試験方法】単回 イオンレベル:強 温感:高
プレケアを使用後、ヒアルロン酸水溶液をシートマスク片に含ませ、リズム保湿モードを使用
【測定部位】前腕
【被験者】30~50代 男女10名
●当社調べ ●効果には個人差があります

手でケアした場合と比べて、浸透量アップ!
シートマスクのみの場合と比べてヒアルロン酸の角質層への浸透量4.6倍※9
いろいろな悩みを解決できるの?
1台5役

いろいろな肌悩みにこれ1台。保湿から引き締めまでうれしい1台5役!

スキンケアの決め手は美容成分の浸透を高め理想の肌へ導く「浸透ケア」。保湿が最大のベースケア。

「浸透」しやすくなることで、より効率的にお肌に美容成分が入ることになります。そのため、手やコットンでケアするよりも肌の奥、角質層まで美容成分が浸透し、よりうるおい・ハリへのアプローチが期待できます。

あなたのスキンケア、見直してみませんか? あなたのスキンケア、見直してみませんか?

しっかりスキンケアしているはずなのに、なんだか肌の調子が良くないかも?もっと理想の肌に近づきたい。そんなあなた!美容成分の浸透を高め理想の肌へ導く「浸透ケア」に着目して、スキンケア改革を始めてみませんか?

他の肌悩みもチェック! 他の肌悩みもチェック!
1.カサカサ うるおいの足りない肌
2.ザラザラ 角質や毛穴の汚れが気になる肌
3.モヤモヤ 透明感が足りない肌
4.パサパサ 乾燥小じわなどが目立つ肌
5.シナシナ ハリ感がでない肌
6.バタバタ 忙しすぎてケア後回し肌

※1 角質層まで
※2 角質層への浸透。ヒアルロン酸分子量5,000~10,000、コラーゲン分子量1,000~5,000を使用した浸透量試験を実施。
※3 プレケアモード使用後、ヒアルロン酸水溶液をコットンに含ませて、リズム保湿モード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合の浸透面積2,093 μm2/mm2、ヒアルロン酸水溶液をコットンに含ませて、手で塗布した場合365 μm2/mm2 前腕での比較(当社調べ)
※4 プレケアモード使用後、コラーゲン水溶液をコットンに含ませて、リズム保湿モード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合の浸透面積1,139 μm2/mm2、コラーゲン水溶液をコットンに含ませて、手で塗布した場合225 μm2/mm2 前腕での比較(当社調べ)
※5 キメが整うことによる肌の見え方
※6 ビタミンC水溶液をコットンに含ませて、ブライトニングモード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合の浸透量18.5 μg/cm2、ビタミンC水溶液をコットンに含ませて、手で塗布した場合11.6 μg/cm2 前腕での比較(当社調べ)
※7  年齢に応じた肌ケアのこと
※8 角質層への浸透。ヒアルロン酸分子量5,000~10,000を使用した浸透量試験を実施。
※9 プレケアモード使用後、ヒアルロン酸水溶液をシートマスク片に含ませて、リズム保湿モード(イオンレベル:強、温感:高)を使用した場合の浸透面積4,030 μm2/mm2、ヒアルロン酸水溶液をシートマスク片に含ませて、10分間貼付した場合の浸透面積858 μm2/mm2 前腕での比較(当社調べ)

●商品使用シーン写真・イラストはイメージです。

 

Panasonic Beauty SNS公式アカウント