NEW イオン美顔器 イオンブースト EH-ST99

イオン美顔器 イオンブースト EH-ST99イオン美顔器 イオンブースト EH-ST99

保湿から引き締めまでうれしい1台6役のマルチ美顔器

商品写真:イオンヘッド(正面)、プレケアヘッド(背面)、スタンド・コットンリング・保護キャップ付き。N(ゴールド調)
上段:化粧品のイラスト。専用のスキンケア化粧品は不要。ふだんの化粧品をそのまま使える。下段:機能アイコン。高分子浸透技術、6つのモード、3段階の温感、冷却、海外国内両用

イオン美顔器 イオンブースト EH-ST99の4つのおすすめポイント

1. 1台に6モードでマルチなケアを。ご自宅で本格スキンケア体験

うるおい・明るさ※4・引き締め感・汚れ除去など、なりたい肌に合わせた多彩な6つのモードを搭載

* 明るさとは、キメが整うことによる肌の見え方

特長1:1台に6モードでマルチなケアを。ご自宅で本格スキンケア体験
2. 手塗りではできない角質層への浸透エイジングケア※3で、乾燥小じわも目立たない肌へ※5

美容クリニックの、角質層への「高分子浸透※1技術」に着目。浸透しにくい美容成分、ヒアルロン酸5.7倍※6、コラーゲン5.0倍※7浸透

(手塗りとの角質層までの浸透比)
* エイジングケアとは、年齢に応じた、機器を使った肌ケアのこと
* 乾燥小じわの目立たない肌は、効能評価試験済み

特長2:手塗りではできない角質層への浸透エイジングケアで、乾燥小じわも目立たない肌へ
3. ふだんのお手入れをイオンブーストに変えるだけ。カンタン・手軽に、キメの整った透明感のある明るい※4素肌へ

角質層への導入ケアで、ビタミンCの浸透量1.5倍※8

(手塗りとの角質層までの浸透比)

特長3:ふだんのお手入れをイオンブーストに変えるだけ。カンタン・手軽に、キメの整った透明感のある明るい素肌へ
4. おすすめの効果的な使い方

いつものスキンケア化粧品と使える。手軽に保湿したいときは、最短3分から。手軽に角質層への浸透スキンケア

特長4:おすすめの効果的な使い方

1. 1台に6モードでマルチなケアを。ご自宅で本格スキンケア体験

うるおい・明るさ※4・引き締め感・汚れ除去など、なりたい肌に合わせた多彩な6つのモードを搭載

なりたい肌に合わせて2つのヘッドと6つのモードを使い、あなたにぴったりのスキンケアタイムを。

左:イオンヘッドをこちらに向けて持っている写真。右:プレケアヘッドをこちらに向けて持っている写真。保湿から引き締めまで、1台6役!

多彩な6つのモード

高分子美容成分を角質層まで浸透※1させ、保湿効果を高めたいとき
プレケアモードのアイコン
保湿したいとき
保湿モードのアイコン
キメの整った透明感のある明るい肌※4になりたいとき
ブライトニングモードのアイコン
保湿成分もビタミンCも一度で手軽に角質層まで浸透させたいとき
マルチモードのアイコン
角質や毛穴の汚れが気になるとき
スキンクリアモードのアイコン
肌を引き締めたいとき
クールモードのアイコン

高分子美容成分を角質層まで浸透※1させ、保湿効果を高めたいとき

高分子美容成分の角質層への浸透※1を高めたいときに。プレケアモードを保湿モード、またはマルチモードの前に使用することで、角質層に通り道を作り、浸透しにくいヒアルロン酸やコラーゲンなどの大きい分子の美容成分を浸透※1しやすくします。

  • 肌にあてるだけ。化粧品は使いません

  • プレケアモードのみプレケアヘッドを使用します。 保湿モード、またはマルチモードの直前にお使いください。

角質層への浸透イメージ図:プレケアモード(2分)+保湿モード(温感3分)またはマルチモード(温感3分)

保湿したいとき

イオンの流れにのって、化粧品の保湿成分が肌の奥深く、角質層まで浸透。手塗りと比べて、保湿成分の浸透量が1.7倍※9

角質層への保湿成分浸透イメージ図:保湿モード(温感3分)

<使用できる化粧品>

化粧水・ジェルタイプ・とろみのある化粧水・美容液・オイル状美容液・乳液・クリーム・アイクリーム・マッサージクリーム・シートマスク・クリーム状マスク(洗い流さない浸透タイプ)

  • お手持ちの化粧品と使用できます。化粧水はコットンに含ませて使用します。美容液やクリームなどと使用する場合はコットンは不要です。

キメの整った透明感のある明るい肌※4になりたいとき

ビタミンCが角質層まで、手塗りよりも1.5倍※8もしっかり浸透。キメの整った透明感のある明るい肌※4へ。ビタミンC以外にも、マイナスに帯電している美容成分をしっかり角質層まで浸透させたい場合にお使いいただくモードです。コウジ酸を浸透させたいときにもおすすめです。

角質層へのビタミンC浸透イメージ図:ブライトニングモード(温感3分)

<使用できる化粧品>

ビタミンC、ビタミンC誘導体を含む化粧品と一緒にお使いください。化粧水・美容液・オイル状美容液・ジェルタイプ・とろみのある化粧水・乳液・クリーム・アイクリーム・マッサージクリーム・シートマスク・クリーム状マスク(洗い流さない浸透タイプ)

  • お手持ちの化粧品と使用できます。化粧水はコットンに含ませて使用します。美容液やクリームなどと使用する場合はコットンは不要です。

保湿成分もビタミンCも一度で手軽に角質層まで浸透させたいとき

化粧品の保湿成分・ビタミンCを一度で手軽に角質層まで浸透させたいときに。手で塗った場合と比べて、保湿成分とビタミンCの浸透量が1.3倍※10に。

角質層への保湿成分・ビタミンC浸透イメージ図:マルチモード(温感3分)

<使用できる化粧品>

ビタミンC、ビタミンC誘導体を含む化粧品と一緒にお使いください。化粧水・美容液・オイル状美容液・ジェルタイプ・とろみのある化粧水・乳液・クリーム・アイクリーム・マッサージクリーム・シートマスク・クリーム状マスク(洗い流さない浸透タイプ)

  • お手持ちの化粧品と使用できます。化粧水はコットンに含ませて使用します。美容液やクリームなどと使用する場合はコットンは不要です。

角質や毛穴の汚れが気になるとき

プラスとマイナスの電流を交互に流し肌の汚れを角質層から引き出し、コットンに吸着。洗顔で落としきれなかった毛穴などに残った汚れをやさしく取り除きます。

角質層からの汚れ引き出しイメージ図:スキンクリアモード(温感3分)

<使用できる化粧品>

化粧水・ふきとり化粧水

  • お手持ちの化粧水と使用できます。コットンに含ませて使用します。

【モデル試験方法】単回
イオンレベル:強、温感:高
コットンに化粧水を含ませ、スキンクリアモードを使用
【測定部位】半顔
【被験者】30~40代 女性 23名

  • 当社調べ

  • 効果には個人差があります。

肌の汚れ落ち比較グラフ:スキンクリアモードで電源オフで使用した場合に比べ、スキンクリアモード電源オンで使用した場合は1.6倍汚れが落ちる

肌を引き締めたいとき

お手入れの最後に、約10 ℃※13の急速冷却ですっきり引き締まった肌へ。効果の実感が続きます※14

  • 肌にあてるだけ。化粧品は使いません

角質層のイメージ図:クールモード(冷却2分)

【モデル試験方法】単回
スキンクリア3分+保湿3分+クール2分(ありorなし)
イオンレベル:強、温感:高
【測定部位】半顔比較
【被験者】30~40代 女性 10名

  • 当社調べ

  • 効果には個人差があります。

クールモード使用1時間後の引き締まり感比較グラフ(7段階評価):未使用、スキンクリア+保湿、スキンクリア+保湿+クール

2. 手塗りではできない角質層への浸透エイジングケア※3で、乾燥小じわも目立たない肌へ※5

美容クリニックの、角質層への「高分子浸透※1技術」に着目。浸透しにくい美容成分、ヒアルロン酸5.7倍※6、コラーゲン5.0倍※7浸透

(手塗りとの角質層までの浸透比)

人気の高機能ペプチド(プラセンタ成分)など大きい分子の美容成分も角質層までしっかり浸透※1

【モデル試験方法】単回 イオンレベル:強 温感:高
プレケアモード使用後、ヒアルロン酸水溶液またはコラーゲン水溶液、またはオリゴペプチド-1水溶液をコットンに含ませ保湿モードを使用※1
【測定部位】前腕
【被験者】ヒアルロン酸 30~50代男女 10名 コラーゲン 30~50代男女 9名 高機能ペプチド(プラセンタ成分) 30~50代男女 10名

  • 当社調べ

  • 効果には個人差があります。

* エイジングケアとは、年齢に応じた、機器を使った肌ケアのこと
* 乾燥小じわの目立たない肌は、効能評価試験済み

女性が頬に手を当てて浸透を実感しているイメージ写真:ヒアルロン酸5.7倍、コラーゲン5.0倍、高機能ペプチド(プラセンタ成分)6.3倍浸透

乾燥小じわも目立たない肌へ※5

使い続けて効果実感。乾燥小じわも目立たない肌へ※5。うるおい、ハリ感も実感。

【モデル試験方法】4週間使用 イオンレベル:強 温感:高(2018年11月、12月に実施)
化粧品はヒアルロン酸配合化粧水・美容液を使用、手で塗布した場合と、イオン美顔器 イオンブーストを使用した場合の比較
【測定部位】目尻(半顔ずつ比較)
【被験者】30~40代女性 24名

  • 当社調べ

  • 効果には個人差があります。

  • 効能評価試験済み

* 乾燥小じわの目立たない肌は、効能評価試験済み

目もとの小じわ比較写真。手塗とイオン美顔器イオンブーストを、それぞれ使用前/4週間後で比較した写真

パナソニック独自の角質層への「高分子浸透※1技術」。プレケアモードと保湿モード/マルチモードを組み合わせてエイジングケア※3

* エイジングケアとは、年齢に応じた、機器を使った肌ケアのこと

高分子成分が角質層へ浸透する仕組みの解説図。大きい分子の成分は浸透しにくいが、角質層を一時的にゆるめ、通り道をつくることで(プレケア)角質層へ高分子美容成分を浸透させることができる(保湿/マルチ)。高分子成分が角質層へ浸透する仕組みの解説図。大きい分子の成分は浸透しにくいが、角質層を一時的にゆるめ、通り道をつくることで(プレケア)角質層へ高分子美容成分を浸透させることができる(保湿/マルチ)。

角質層への「高分子浸透※1」を実現するパナソニック独自のプレケアヘッド

美容クリニックの技術に着目した角質層への「高分子浸透※1技術」で、手塗りではできない角質層への浸透スキンケアを実現。

* 乾燥小じわの目立たない肌は、効能評価試験済み

プレケアヘッドの解説図。プレケアヘッドには絶縁層を搭載しているため、高い電圧による高分子浸透を実現しながら、ピリピリしないお肌のお手入れを可能に。独自の電極形状なので肌にむらなく、均一に作用させ、美容成分の角質層への浸透ルートを効果的に作ります。プレケア搭載のST99なら、うるおって乾燥小じわも目立たない肌へ。

【モデル試験方法】単回
ヒアルロン酸配合化粧水をコットンに含ませて、手で塗布した場合と、保湿モード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合とプレケアモード使用後、保湿モード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合の比較
【測定部位】頬(半顔ずつ比較)
【被験者】30~50代 女性 手で塗布とプレケア+保湿の比較 10名 保湿とプレケア+保湿の比較 22名

  • 当社調べ

  • 効果には個人差があります。

水分増加比較(化粧水塗布5時間後)グラフ:手で塗布、保湿、プレケア+保湿を比較した場合、プレケア+保湿が最もうるおいを保持できている

3. ふだんのお手入れをイオンブーストに変えるだけ。カンタン・手軽にキメの整った透明感のある明るい※4素肌へ

角質層への導入ケアで、ビタミンCの浸透量1.5倍※8

(手塗りとの角質層までの浸透比)

手塗りではできない浸透スキンケアで、ビタミンCが角質層までしっかり浸透。キメが整うことにより、透明感のある明るい※4素肌へ導きます。

イオンブーストを使用している女性の写真

【モデル試験方法】単回
ブライトニングモード
イオンレベル:強、温感:高
ビタミンC水溶液をコットンに含ませて使用
【測定部位】前腕
【被験者】30~50代 男女 8名

  • 当社調べ

  • 効果には個人差があります。

ビタミンC浸透率の比較写真:手で塗布するよりもブライトニングモードを使用した方が1.5倍浸透

サポート

取扱説明書

イオン美顔器 イオンブースト EH-ST99の取扱説明書をダウンロードすることができます

取扱説明書

FAQ

お客さまによくお問合せいただく「イオン美顔器(旧名称:イオンエフェクター)」についてのご質問をおまとめしました

FAQ

お近くの販売店を探す

おすすめ商品

プラスワンのうるおいケアに。ナノサイズの温スチームと化粧水ミストのダブル保湿で、使うたび、うるおいで満たされる肌へ

スチーマー ナノケア EH-SA0B

EH-SA0B

さらにリフトケア※17も。美容クリニックでも人気のRF(ラジオ波)と超音波で、ハリ感アップ。年齢を重ねた肌に、本格エイジングケア※18

RF美顔器 EH-SR74

RF美顔器 EH-SR74

ながら美容に。装着するだけで、いつものシートマスクやスキンケア化粧品が角質層へもっと浸透。キメの整った透明感のある肌へ

マスク型イオン美顔器 イオンブースト EH-SM50

EH-SM50

フェイスだけでなくボディもケア。4つのフィットカーブで肌に心地よい流れ。温感かっさで、ドレナージュ※19エステ

ドレナージュ※19美顔器 温感かっさ EH-SP21

EH-SP21

イオン美顔器 イオンブースト EH-ST99の特長

6つのモードについて詳しく見る

保湿から引き締めまで、1台6役

6つのモード
角質層へ浸透する仕組みについて詳しく見る

いつものスキンケアがもっと角質層へ浸透。うるおいとハリを実感

角質層へ浸透する仕組み
ビタミンCの角質層への導入ケアについて詳しく見る

カンタン・手軽に明るくキメの整った透明感のある素肌へ

ビタミンCの角質層への導入ケア
効果的な使い方について詳しく見る

各モードの使い方をご紹介

効果的な使い方

* キメが整うことによる肌の見え方

※1 ヒアルロン酸分子量5,000~10,000、コラーゲン分子量1,000~5,000を使用した浸透試験を実施 
※2 海外でご使用の場合には、国や地域に合わせて別途プラグアダプターをお買い求めください。 
※3 年齢に応じた、機器を使った肌ケアのこと
※4 キメが整うことによる肌の見え方
※5 効能評価試験済み
※6 ヒアルロン酸水溶液をコットンに含ませて、浸透試験を実施。プレケアモード使用後、保湿モード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合の浸透面積2,093 μ㎡/m㎡、手で塗布した場合の浸透面積365 μ㎡/m㎡、前腕での比較(当社調べ)
※7 コラーゲン水溶液をコットンに含ませて、浸透試験を実施。プレケアモード使用後、保湿モード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合の浸透面積1,139 μ㎡/m㎡、手で塗布した場合の浸透面積225 μ㎡/m㎡、前腕での比較(当社調べ)
※8 ビタミンC水溶液をコットンに含ませて、浸透試験を実施。ブライトニングモード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合の浸透量18.5 μg/c㎡、手で塗布した場合の浸透量11.6 μg/c㎡、前腕での比較(当社調べ)
※9 グリセリン水溶液をコットンに含ませて、浸透試験を実施。保湿モード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合の浸透量23.6 μg/c㎡、手で塗布した場合の浸透量13.9 μg/c㎡、前腕での比較(当社調べ)
※10 グリセリン・ビタミンC混合水溶液をコットンに含ませて、浸透試験を実施。マルチモード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合のグリセリン浸透量50.0 μg/c㎡・ビタミンC浸透量16.6 μg/c㎡、手で塗布した場合のグリセリン浸透量38.4 μg/c㎡・ビタミンC浸透量10.8μg/c㎡、前腕での比較(当社調べ)
※11 タンパク質汚れ落ち量の比較
※12 コットンに化粧水を含ませて、コットンに付着したタンパク質汚れ試験を実施。スキンクリアモード(イオンレベル:強、温感:高)を電源オンで使用した場合 タンパク質量63.4 μg、スキンクリアモードを電源オフにして使用した場合 タンパク質量39.2 μg 半顔での比較(当社調べ)
※13 室温25 ℃で使用時
※14 1時間後の引き締まり感試験による比較(当社調べ) 
※15 オリゴペプチド-1水溶液をコットンに含ませて、浸透試験を実施。プレケアモード使用後、保湿モード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合の浸透面積2,259 μ㎡/m㎡、手で塗布した場合354 μ㎡/m㎡、前腕での比較(当社調べ) 
※16 分子量 ヒアルロン酸10,000、コラーゲン5,000、ビタミンC 176、グリセリン92、水分子18の場合
※17 引き上げるように動かすこと
※18 年齢に応じた、機器を使った肌ケアのこと
※19 ドレナージュとはエステの手技の名称です。

  • 使い方は一例です。

  • 効果には個人差があります。

  • 商品使用シーン写真・イラストはイメージです。

  • 製品の定格およびデザインは改善等のため予告なく変更する場合があります。