RF美顔器 EH-SR73 使い方

理想のフェイスラインの肌に仕上げるための使い方

使い方は簡単。下から上に、引き上げるように動かすだけ。

  • 使用回数の目安:1日1回約10分。1日以上あけて週3回まで(お肌の様子を見てお使いください)。

まず始めに

ふだんお使いの化粧品か専用ジェルをご用意ください。
 

ふだんお使いの化粧品を使う場合
本体をすべらせやすくするような化粧品をお使いください[〇]美容液、乳液、ジェル・ゲルタイプ[×]化粧水、オイル、クリーム

本体をすべらせやすくするような化粧品をお使いください。

  • プローブ面と肌の間に空気があるとRFや超音波が伝わらないため、化粧品やジェルを使います。
  • 油分が多い化粧品は、RFや超音波が伝わりにくい場合があります。

専用ジェルを使う場合
専用ジェルのウォータークリアジェル

付属の「ウォータークリアジェル」をお使いください。

「ウォータークリアジェル」は、RFや超音波をより効果的に肌に伝え、リフトケアをスムーズにする専用ジェルです。

  • 1本は週3回の使用で約3~4ヵ月分
  • 一回の使用目安:さくらんぼ1粒程度(約2~3g)

STEP1

RF美顔器の電源を入れ、お好みのリズムと温感RFレベルを選ぶ(予熱がスタート)

[1]リズムを選ぶ。

選択中のリズムが青く点滅します。

電源を入れる、リズムを選ぶ、点滅

押すたびに切り替わります。(選択中のリズムが点滅:青)
リズム1:一定のリズム
リズム2:変化のあるリズム

  • 画像はリズム1の場合

[2]温感RFレベルを選ぶ。

選択中のレベルが青く点滅します。

レベルを選ぶ、点滅

温感RFレベルは、「高/中/低」が選べ、押すたびに切り替わります。(選択中のレベルが点滅:青)
温感RFレベルが高いほど、プローブ面(超音波/温感部)の温感も温かくなります。

  • 画像はレベル「中」の場合


約1分で予熱が完了します。

[3]お手入れ部分に専用ジェル、または化粧品をのばす。

STEP2

ヘッドを肌にあてて動かす

使用中に滑りが悪くなってきたら、お肌の負担にならないよう、ジェルまたは化粧品をつけ足してください。

  • お手入れの時間は1日合計約10分間まで。
  • 額やまぶた、眼球、耳、唇、首には使用できません。

[1]フェイスライン⇔口もと~目もと
約8分…①~⑫をくり返す

頰を下から上へ引き上げるように動かす。1つの矢印あたり約5秒。

フェイスライン

【イメージ図】フェイスライン

口もと~こめかみ・目もと

【イメージ図】口もと~目もと

~ピピピッと音で時間をお知らせ~

 

[2]口もと
約2分…⑬~⑱をくり返す

口もとをほうれい線に沿って、引き上げるように動かす。1つの矢印あたり約5秒。

口もと

口もと

POINT

1.プローブ面(超音波/温感部)とフレーム全体を肌に密着するように押しあてると、ヘッドが振動します。

  • ヘッドが振動していないと、RFや超音波の効果が得られません。

プローブ面とフレーム全体を肌に密着させるように押しあてる

2.オーバーケア防止センサーと密着センサーが働くと「ピピッピピッ」と鳴るので、安心です。

〈センサーでお知らせ〉オーバーケア防止/密着センサーがはたらくと、「ピピッピピッ」と鳴ります。

STEP3

自動電源オフ

本体に残っているジェルや化粧品をティッシュなどでふき取る。

※本体は水洗いできません。

 

専用ジェルをお使いの場合

お手入れの後は、顔のジェルを洗い落とし、ふだんお使いの基礎化粧品でケアしてください。

イメージ画像

最後に

日頃お使いのものを、使用後の肌の状態(しっとり度合いなど)に合わせてご使用ください。

EH-SR73の特長
美容クリニックでも人気のRF(ラジオ波)と超音波で、肌を引き上げるようにケア
美容クリニックでも人気のRF(ラジオ波)と超音波で、肌を引き上げるようにケア
年齢の出やすい部位に集中アプローチ
年齢の出やすい部位に集中アプローチ
肌にしっかり密着、グイっと引き上げ。リフトケア※1しやすい形状を追求
リフトテクノロジーで年齢の出やすい部位に集中アプローチ
理想のフェイスラインの肌に仕上げるための使い方
理想のフェイスラインの肌に仕上げるための使い方

※1 引き上げるように動かすこと

Panasonic Beauty SNS公式アカウント