MATERIAL

マテリアル(素材)ページのイメージ写真です。 マテリアル(素材)ページのイメージ写真です。
一本一本選び抜かれた
北米産ウォールナットを採用。

時間の経過さえも美しさに変える、
世界三大銘木のウォールナット。 
重厚な木質は、格式高い木材として
世界中の人々に愛され、 高級家具をはじめ、
銃床や楽器にも使われています。 
なかでもRINTOがポール部分に採用する
ウォールナットは、 高い品質を産する
北米の五大湖周辺から採取される木材を厳選。 
現地のサプライヤーへ足を運び、
その一本一本をきびしい目で 選定しています。

天然木ウォールナットを採用したRINTOのポール部分の写真です。
天然木ウォールナットのイメージ写真です。 天然木ウォールナットのイメージ写真です。
ポールに採用している、ウォールナットについて

天然樹木の証・個性として、葉節(ピンノット)と呼ばれる小さな節の点在や、重厚感あふれる複雑な杢柄など独特な柄の形成を持ち合わせているため、ポール1本ごとに木理は異なり、風合いに違いが発生します。

RINTO一本ごとに異なるウォールナットの木目を説明する写真です。
①板目 ②柾目

1本の板材から楕円形状に削り出しているため、
年輪が山型のような柄(板目)と
年輪が線状の柄(柾目)が出現します。

③杢柄

部分的に複雑な杢柄が出ることがあります。

④葉節(ピンノット)

葉や小さな枝があった痕が交じり、
独特の柄を形成することがあります。

⑤筋

年輪部に濃い色の筋が入ることがあります。