ファクス

パナソニック・ホーム 個人向けトップ > デジタル・AVC > パーソナルファクス >  パーソナルファクス(子機1台付き) KX-PW520DL

パーソナルファクス(子機1台付き) KX-PW520DL 生産終了

商品特長

SD(SDHC)カード対応で機能が拡がる

■ファクスや通話音声をたっぷり残せる
受信したファクスや読み込んだ原稿、留守番電話などの音声、親機の電話帳などをSDカードに保存することができます。
*「見てから印刷」機能には対応していません。
●ファクス最大1,000件※1、音声最大1,000件※2が保存可能。

■受話器を取ったら自動で録音開始「フル録音」※3
親機にSDカードを入れて設定しておくと、かかってきた外線電話を自動的にSDカードに録音します。

■パソコンで電話帳を編集できる[電話帳編集ソフト(無料)のホームページに接続]
http://panasonic.co.jp/pcc/products/fax/phonebook/index.html
*お客様のインターネット接続環境によっては別途通信料が必要です。
*SD(SDHC)メモリーカードに対応したパソコンが必要です。
*Internet Explorer(R) 6.0以降の環境が必要です。

■受信したファクスをビエラやパソコンで閲覧できる
ビエラは2009年以降発売の機種を推奨します。

さらに充実のあんしん機能

■ボタンを押す約10分前に戻って録音「前から録音」
ボタンを押すと遡って録音。用件を聞き逃したり、怪しいと感じたときに便利です。
・遡る時間は“約1分前”と“約10分前”を選択可能です。

■着信時にメッセージで相手を確認「あんしん応答」
着信時に相手に先に名乗ってもらうよう、メッセージを流してから、電話に出ることができます。
・ナンバー・ディスプレイサービスへの加入は不要です。

■かかってきた相手を音声でお知らせ「着信読み上げ」※4
親機の電話帳に登録している相手から電話を受信すると、該当する親機の電話帳(フリガナ)を読み上げます。
・グループ名を読み上げたり、「さん」を付けたり、アクセントの位置を変更できます。
・おやすみモード時は読み上げません。

見やすくて使いやすいスタイリッシュデザイン(親機)

<約3.8型※5ホワイト液晶>
液晶画面に表示する文字(漢字・数字)サイズが約1.5倍(*)に拡大。さらに見やすくなりました。また操作部に「クリアパネル/ブルーダイヤルライト/クロームメッキボタン」を採用し、上質なデザインに仕上げました。
*当社従来機種KX-PW508(2008年度製)比。

その他の充実機能

■伝言メッセージを録音できる「残して伝言」(親機・子機)
■短縮ダイヤルに登録した相手に自動的に再ダイヤルをくり返す「短縮くり返しコール」(親機)
■お断りのメッセージを流せる「通話拒否」(親機・子機)
■メッセージを流してから録音できる「通話録音」(親機・子機)
■簡単にテレビドアホンと接続できる「ワイヤレスアダプター」機能※6

※1
1件の最大枚数は50枚。
※2
留守番電話の用件1件あたりの録音時間は2分、または60分を選択可能。通話録音/伝言メッセージは最大60分録音可能。
※3
外線電話の着信時のみ自動的に録音が始まります。1件最大60分までです。
※4
NTT東日本・NTT西日本の「ナンバー・ディスプレイ」サービス(有料)のお申し込みが必要です。
※5
ビューエリアのサイズ(液晶パネルの大きさ)です。
※6
当社製の対応テレビドアホンと接続できます。
このサイトの記載内容は発売時点のものです。