KX-PD915DL

スマートフォン連携

受信したファクスをお手持ちのスマホ※1で見られる※2

自宅でスマホ※1で見てから印刷

スマートフォン※1に専用アプリをダウンロードして、子機として登録すれば、宅内で受信したファクス画像を見られます。※2

[届いたファクスをメモリーに保存][無線LAN経由で][スマホでファクス画像が見られる] [届いたファクスをメモリーに保存][無線LAN経由で][スマホでファクス画像が見られる] [届いたファクスをメモリーに保存][無線LAN経由で][スマホでファクス画像が見られる]
スマホ※1で見てから印刷
スマホ※1で確認してから親機で印刷できる

ファクスに届いた内容をスマートフォン※1で確認し、必要なものだけを印刷できるので、紙やインクフィルムがムダになりません。

STEP1  手順に従い、印刷したいファクスを選択。

● スマートフォンの操作方法は、専用アプリケーション 「スマートフォンコネクト」の操作説明書をお読みください。

STEP2  親機に記録紙をセットし、印刷する。
スマホ※1でプリント
スマートフォンコネクトで表示したウェブ画面を印刷できる

スマートフォンコネクトのウェブブラウザで表示したウェブページの画面を本機で印刷できます。クーポンやレシピ、地図、時刻表など、必要な画面を印刷できるので便利です。

● 印刷は白黒画像です。ファクスの性能上、ウェブブラウザでの表示のように鮮明に印刷することはできません。

スマホでプリント スマートフォンコネクトで表示したウェブ画面を印刷できる

外出先でメール通知

ファクスをインターネットに接続し、メール通知の設定をすれば、外出先へも受信したファクス画像をメールで転送できます。※2

[ファクスが届くと][インターネット経由で][スマホでファクス画像が見られる] [ファクスが届くと][インターネット経由で][スマホでファクス画像が見られる] [ファクスが届くと][インターネット経由で][スマホでファクス画像が見られる]
メール通知機能※3

● ファクス受信通知 ● 用件録音通知 ● ドアホン着信画像通知 ● 窓/ドアセンサー通知 ● 窓/ドアセンサー定期通知※4 ● あんしんセンサー通知 ● みまもりセンサー通知※4

スマホ※1で見てから印刷 受信したファクスは、スマホ※1にも保存できる

親機の本体メモリーやSDメモリーカードに保存したファクスは、スマートフォン※1にも保存できます。

受信したファクスは、スマホにも保存できる 受信したファクスは、スマホにも保存できる 受信したファクスは、スマホにも保存できる

スマホ※1でファクスを消去 スマホ※1を操作して、親機のファクスを消去できる

親機に保存されたファクスをスマートフォン※1から操作して、消去できます。※5

お手持ちのスマホ※1が自宅電話の子機になる※1

専用アプリ「スマートフォンコネクト」を利用してスマートフォン※1を子機として登録することで、お手持ちのスマートフォン※1で固定電話の発着信ができます(4台まで登録可能)。
スマートフォン※1の電話帳を使用して本機の固定回線を使った発信も可能です。

[発信]お手持ちのスマートフォンの電話帳から「固定電話回線」を使って発信できる
[着信]自宅にかかってきた電話をお手元のスマートフォンで出られる [ベランダで][リビングで][キッチンで]

● スマートフォンコネクトで固定電話回線から発信した場合は、固定電話回線の電話料金となります。
● スマートフォンコネクトで固定電話回線から発信した場合は、相手には固定電話回線の番号を通知します。(回線非通知の場合は通知しません)
● スマートフォンコネクトで利用できる範囲は、接続された無線LANの環境内です。外出先では、スマートフォンを子機としては使えません。
● 固定電話回線の着信をスマートフォンでとるには、常時スマートフォンアプリを起動しておく必要があります。

スマートフォンを4台まで子機として登録可能
スマートフォンを4台まで子機として登録可能 スマートフォンを4台まで子機として登録可能 スマートフォンを4台まで子機として登録可能
スマートフォン※1を子機登録してできること

●内線電話
親機とスマートフォン※1、受話子機とスマートフォン※1、子機とスマートフォン※1で内線電話ができます。(スマートフォン※1どうしの内線通話はできません)

●電話を取り次ぐ
本機にかかってきた電話をスマートフォン※1にまわすことができます。(スマートフォン※1にかかってきた携帯電話通話を本機にまわすことはできません)

●ドアホン応答
ドアホン接続時はドアホンにも応答できます。(音声のみ)※7

 

●あんしん応答
相手の声を確認したあと、電話に出たり、電話を切ったりできます。

●通話拒否
着信中や通話中、相手にお断りのメッセージを流して電話を切ることができます。通話中はチャイムを鳴らして来客があったようにすることもできます。

●電話帳を転送する
スマートフォン※1から親機・受話子機・子機に電話帳を転送できます。(親機・受話子機・子機の電話帳をスマートフォン※1に転送することはできません)

●留守番電話に録音された用件を再生する
本機の留守番電話に録音された用件を再生したり、消去したりできます。

ご自宅への着信を外出先のスマホ※1や携帯電話に転送できる※8

ファクスをご家庭の無線LAN環境に接続し設定すれば、買い物や外での作業中でもご自宅の着信をお手持ちのスマートフォン※1や他の電話へ転送できます。
スマートフォン※1は専用アプリ「SMARTalk」をインストールすれば無料で着信・転送できます。※9

ご自宅への着信を外出先のスマホや携帯電話に転送できる
たとえばこんなシーンで…

●レストランの買い出し中に店へ予約の電話

今日の夜7時から2名で予約とれますか?

●畑仕事中に自宅への電話

明日の出荷の件ですが…

●買い物中に実家のお母さんから電話

頼まれてたものさっき送ったわよ

●家族で買い物中に息子の部活動の連絡網の電話

明日の野球の試合中止になったわよ

※1 Android™ 4.0 以降を搭載し、Google™ Play に対応したスマートフォン/タブレット、またはiOS 8.0 以降を搭載した iPhone 4s 、iPhone 5 、iPhone 5c 、iPhone 5s 、iPhone 6 、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone8、iPhone X 、iPad 、iPad mini(iPod touchには対応していません)受話口のないAndroidタブレットおよびiPadは、常にスピーカーホン通話となります。上記のすべての機器での動作を保証するものではありません。iOS 版アプリでは、固定電話回線通話中に携帯電話に着信があった場合は、固定電話回線の通話は切断されます。ご利用には無線LAN環境および、専用アプリケーション「スマートフォンコネクト」のインストールが必要です。着信をスマートフォンでとるには、常時アプリを起動しておく必要があります。
※2 スマートフォンは別売です。スマートフォンを子機として使用するには、無線LAN(Wi-Fi)環境での接続および、専用アプリケーション「スマートフォンコネクト」のインストールが必要です。外出先ではスマートフォンを子機としては使えません。
※3 メール通知をするには、無線ルーターがインターネットに接続されていて、あらかじめメールアドレスを取得している必要があります。ファクス受信画像のサイズによっては添付できない場合があります。
※4 停電中に通知時刻になった場合、メール通知はされません。
※5 スマートフォンの操作で全消去はできません。
※6 着信をスマートフォンでとるには、常時スマートフォンアプリを起動しておく必要があります。
※7 ワイヤレスアダプター機能付きの当社製1.9GHz帯テレビドアホンを接続できます。
※8 楽天モバイル株式会社が提供するIP電話サービス「SMARTalk サービス」への申し込みが必要です。「SMARTalk サービス」申し込みにより「050」で始まる転送用の電話番号が付与されます。着信転送時、転送先には本機に設定した転送用「050」番号が通知されます(かけてきた相手の電話番号は通知されません)。転送先は1箇所になります。
(お申し込み URL http://panasonic.jp/phone/products/smart.html
※9 「SMARTalk サービス」のアプリ「SMARTalk」をスマートフォンにインストールし、転送先を「SMARTalk サービス」で付与された電話番号に設定すると、基本料およびSMARTalkまでの通話料が無料になります。ただし家庭のインターネット契約やスマートフォンの契約によっては、パケット通信料が高額になったり、通話の途切れ、音声の遅延などが発生することがあります。それ以外の転送先を設定し料金が発生する場合は、楽天モバイル株式会社から請求されます。
● 「スマートフォンコネクト」は、Android 版はGoogle play 、iOS 版はApp Store で提供します。
● “Wi-Fi” は“Wi-Fi Alliance” の商標または登録商標です。
● iPhone、iPad、iPad mini はApple Inc. の商標です。
● iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
● App Store はApple Inc. のサービスマークです。
● Android、Google Play はGoogle Inc. の商標です。
● SDXC ロゴはSD-3C, LLC の商標です。
● ファクス、スマートフォンの液晶画面はハメコミ合成のイメージです。実際の内容と異なる場合があります。
● 写真・イラストの内容はイメージです。
● 製品の色は実際の色とは若干異なる場合があります。