NEW ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0B 9月上旬発売予定

「ナノイー」は、新時代へ。ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0B メイン画像 「ナノイー」は、新時代へ。ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0B メイン画像

ヘアードライヤー ナノケア シリーズ初 高浸透「ナノイー」搭載ドライヤー、デビュー!速乾、しかも髪質改善

*毛髪にうるおい、ツヤを与えることによる。

ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0B 体験キャンペーン実施中 クリックするとキャンペーン詳細に移動します。ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0B 体験キャンペーン実施中 クリックするとキャンペーン詳細に移動します。
高浸透「ナノイー」、水分量3、Wミネラルマイナスイオン、5つのモード、風量1.3㎥/分(ターボ時)、速乾ノズル(本体内蔵)、セットノズル(取りはずし式)、イオンチャージPLUS、セットノズル付き高浸透「ナノイー」、水分量3、Wミネラルマイナスイオン、5つのモード、風量1.3㎥/分(ターボ時)、速乾ノズル(本体内蔵)、セットノズル(取りはずし式)、イオンチャージPLUS、セットノズル付き

EH-NA0Bの7つのおすすめポイント

1. 驚きの水分発生量、 高浸透「ナノイー」誕生

NEW 水分発生量が従来の18倍※1に。「ナノイー」は高浸透「ナノイー」へ。

イメージ写真

2. 内側までうるおう、理想の髪へ

NEW 髪へのうるおい(毛髪水分増加量)、1.9倍※2(当社従来品比)。

イメージ写真

3. ずっと触っていたくなる、 なめらかな指通りに

高浸透「ナノイー」&ダブルミネラル※3で、髪ケア効果実感アップ※2。使い続けることで差が出るなめらかな髪へ。

イメージ写真

4. 毎日忙しいあなたの髪を、速く、美しく乾かす

風を計算し尽くしたパナソニックならではの速乾ノズルなら、髪がからまず、美しい仕上がりに。

イメージ写真

5. 5つのモードで、地肌から毛先、お肌まで健やかに美しくケア

1台のドライヤーで、毛先にまとまり、髪にツヤ感、お肌にうるおいを。

イメージ写真

6. 憧れのサラツヤヘアーのための、おすすめの乾かし方

仕上げにドライヤー搭載のモードを使うだけ。ポイントをおさえて、毛先までまとまったツヤ髪へ。

イメージ写真

7. 速乾&髪質改善*実感の声

*毛髪にうるおい、ツヤを与えることによる。

ご愛用の皆さまのリアルな実感の声をご紹介。

イメージ図

8. スペック

商品の基本スペックや、お手入れ方法などをご紹介。

商品写真

1. 驚きの水分発生量、高浸透 「ナノイー」誕生

イメージ写真イメージ写真

NEW 水分発生量が従来の18倍※1に。「ナノイー」は高浸透「ナノイー」へ。

●高浸透「ナノイー」って?

高浸透「ナノイー」とは、髪への浸透性を高めた「ナノイー」のことです。EH-NA0B搭載の高浸透「ナノイー」は、マルチリーダー放電を使用することで、従来の「ナノイー」に対して水分発生量を18倍※1に増加しました。

【図】「ナノイー」と高浸透「ナノイー」の比較。さらに水分量18倍

Check!

15年目の進化、高浸透「ナノイー」誕生までの歩み

パナソニックが初めて「ナノイー」搭載ドライヤーを発売したのは、2005年のこと。その後2016年に至るまで、三度の「ナノイー」水分発生量アップに成功しました。もっと高いレベルの髪効果を目指して、さらに研究を重ねた2019年、ついに「ナノイー」水分発生量の大幅アップが実現!満を持して、水分発生量が従来の18倍※1の、高浸透「ナノイー」搭載ドライヤーを皆さまの元にお届けできることになりました。

「ナノイー」発生量がどんどんアップ!「ナノイー」発生量がどんどんアップ!

●そもそも「ナノイー」って?

空気中の水分を超微細化した水分たっぷりのイオン。一般的なマイナスイオンの約1,000倍以上※4(体積比)の水分が含まれています。

【図】マイナスイオンと「ナノイー」の比較イラスト

2. 内側までうるおう、理想の髪へ

イメージ写真イメージ写真

NEW 髪へのうるおい(毛髪水分増加量)、1.9倍※2(当社従来品比)。


●髪の内側までしっとりうるおう

水分発生量が従来の18倍※1の高浸透「ナノイー」がキューティクルのわずかな間から入り込み、髪の表面だけでなく髪の内部にまで水分を与え、毛髪水分増加量がアップ※2。毛先まで、まるで水のベールに包まれたような手触りに。

▼毛髪水分増加量

【モデル試験方法】
毛髪に、下記条件で施術し、乾燥直後の水分量をFT-NIR計測
【サンプル】
マイナスイオン/当社2018年発売 EH-NE6A
「ナノイー」/当社2018年発売 EH-NA9A
高浸透「ナノイー」/EH-NA0B
【施術条件】
1)毛束を水に浸す
2)ドライヤーにて乾燥させる(距離10cm、温風/ターボ)

●当社調べ ●効果には個人差があります

イオンなし、「ナノイー」&ダブルミネラル※3、高浸透「ナノイー」&ダブルミネラル※3の比較。イオンなし(0)、「ナノイー」&ダブルミネラル※3(0.136)、高浸透「ナノイー」&ダブルミネラル※3(0.263(「ナノイー」の1.9倍※2))

3. ずっと触っていたくなる、なめらかな指通りに

イメージ図イメージ図

高浸透「ナノイー」&ダブルミネラル※3で、髪ケア効果実感アップ※2。キューティクルの密着性を高めるミネラルマイナスイオンと高浸透「ナノイー」でキューティクルを引き締め、密着性を高めます。枝毛の発生率や紫外線による髪への影響をおさえ、使い続けることで差が出るなめらかな髪へ。

●高浸透「ナノイー」&ダブルミネラル※3で、髪ケア効果実感アップ※2

効果実感グラフ(従来品EH-NA9Aとの比較)まとまり+0.4、くせの伸び+0.4、ツヤ+0.3、指通り+0.3、ツルツル感+0.5、さらさら感+0.2、しっとり感+0.8、柔らかさ+0.2【しっとり感などアップ!※2】効果実感グラフ(従来品EH-NA9Aとの比較)まとまり+0.4、くせの伸び+0.4、ツヤ+0.3、指通り+0.3、ツルツル感+0.5、さらさら感+0.2、しっとり感+0.8、柔らかさ+0.2【しっとり感などアップ!※2】

「しっとり感」や「まとまり」など、全項目で効果実感がアップ※2。「使用中から手触りが変わる。ツルツル感がよくわかる。」 「しっとり、さらさら、なめらか、ツルツル!良いトリートメントを使ったみたい。」など、試された方はしっかり効果を実感されています。

【モデル試験方法】洗髪後、日常的に使用するのと同様に、毛髪が乾くまでヘアードライヤーナノケア(EH-NA0Bと従来品EH-NA9A)を温風/ターボで使用した後に髪の状態を官能評価
【被験者】30~50代 10名

●当社調べ ●効果には個人差があります ●個人の主観的な感想です

●高浸透「ナノイー」&ダブルミネラル※3で、キューティクルを密着ケア

キューティクルがはがれると、水分が流出しやすくなり、髪のパサつきやダメージ進行の原因に。高浸透「ナノイー」&ダブルミネラル※3を使用すると、高浸透「ナノイー」が髪に浸透し水分を与え、キューティクルを引き締めて、密着性を高めます。

【イラスト】高浸透「ナノイー」&ダブルミネラル※3とイオンなしを使用した髪のキューティクル状態差比較

●ブラッシングなどの摩擦ダメージをおさえる

キューティクルを密着させることで、ブラッシングなどによる摩擦ダメージをおさえます。使い続けることで、なめらかな指通りに。

▼キューティクル密着の効果

これは、ドライヤーで乾燥後、くしで約1,000回とかした後の毛先の写真です。高浸透「ナノイー」&ダブルミネラル※3を搭載していないドライヤーを使用した場合は、毛先がささくれ傷んでしまっているのに対し、搭載しているドライヤーを使用した場合は、摩擦ダメージに強く傷んでいない状態であることが分かります。

【モデル試験方法】毛束を洗浄、ドライヤーにて乾燥した後(約1分30秒)、約1,000回くしで髪をとかし加速試験。高浸透「ナノイー」&ダブルミネラル※3を「使用しない場合」と「使用した場合」の毛先状態の例

●当社調べ ●効果には個人差があります

【図】高浸透「ナノイー」&ダブルミネラル※3を使用した場合と使用しない場合の毛髪比較(拡大写真)

▼枝毛発生率の差

ブラッシングなどによる摩擦ダメージをおさえるので、枝毛発生率も低減されます。

【グラフ】イオンなしと高浸透「ナノイー」&ダブルミネラルでの枝毛発生率比較 イオンなし(30.7)、高浸透「ナノイー」&ダブルミネラル※3(3.0…摩擦ダメージを抑制)

●紫外線による髪への影響をおさえる

キューティクルを密着させることで、UVケア効果がアップ※5。イオンなしの場合と比べ、紫外線による髪への影響をおさえます。

【太陽光のイメージ画像】UVケア効果アップ!

Check!

ドライヤーの熱で髪は傷むの?

髪に熱を加える事は傷みが気になるものですが、過度にあてなければ、ドライヤーの温風では髪は傷みません。

【グラフ】温度ごとのキューティクル損傷レベル測定 ドライヤーの温風(125 ℃)では毛髪は熱ダメージを受けない(当社調べ)*EH-NA0B温風モード時 約125 ℃(ドライ、室温30 ℃の時)【モデル試験方法】毛髪をシャンプー・リンスした後に、タオルドライをしてからヘアードライヤーで乾燥(約6カ月相当の180回施術)し、キューティクルの損傷レベルを検証。・キューティクルの状態には個人差があります。・当社調べ・効果には個人差があります【グラフ】温度ごとのキューティクル損傷レベル測定 ドライヤーの温風(125 ℃)では毛髪は熱ダメージを受けない(当社調べ)*EH-NA0B温風モード時 約125 ℃(ドライ、室温30 ℃の時)【モデル試験方法】毛髪をシャンプー・リンスした後に、タオルドライをしてからヘアードライヤーで乾燥(約6カ月相当の180回施術)し、キューティクルの損傷レベルを検証。・キューティクルの状態には個人差があります。・当社調べ・効果には個人差があります

4. 毎日忙しいあなたの髪を、速く、美しく乾かす

イメージ写真イメージ写真

風を計算し尽くしたパナソニックならではの速乾ノズルなら、髪がからまず、美しい仕上がりに。

●パナソニックならではの速乾ノズルがポイント

「風量が多い=速く乾く」とは限りません。また、強さが一定の風量だと、洗髪後の水分によって密着している毛束がほぐれにくく、乾くのが遅くなりがちです。パナソニックの速乾ノズルは、強弱差のある風を起こして素早く毛束をほぐすから、乾燥性に優れています。ほぐしながら乾かすので髪がからみにくく、時間のない朝や、早く寝たい夜もサッとドライが完了。「風の強弱差」「風圧」「風温」「風量」にまでこだわったバランスのよい風で、毎日忙しいあなたの髪を「速く」「美しく」乾かすサポートをします。

洗髪後は水分によって髪の毛同士が密着している
 

【イラスト】洗髪後は髪の毛同士が密着

[速乾ノズルなし]
風の強さが一定だと…毛束がほぐれず、乾きにくい

【イラスト】風の強さが一定

[速乾ノズルあり]
強弱差のある風で、素早く毛束をほぐす
 

【イラスト】強風と弱風が同時にでる速乾ノズルがポイント!

●髪の乾燥ステップ

①風の強弱差

強弱差のある風でぬれた毛束をほぐし、風のあたる表面積を増やします。

【イラスト】point:速乾ノズル 髪の毛同士がほぐれると水滴が現れます

②風圧

勢いのある風で水滴を吹き飛ばします。
 

【イラスト】ほぐし切った髪の毛には水膜が残ります

③風温・風量

残った水膜を適した風温で効果的に蒸発させ、風を全体にむらなく届けます。

【イラスト】全体にむらなく風を届けます

5. 5つのモードで、地肌から毛先、お肌まで健やかに美しくケア

1台のドライヤーで、毛先にまとまり、髪にツヤ感、お肌にうるおいを。

毛先集中ケアモード

……毛先の集中ケアに

【アイコン】毛先集中ケアモード

温冷リズムモード

……髪にまとまり・ツヤ感を出す

【アイコン】温冷リズムモード

インテリジェント温風モード

……温風の熱さを低減し快適に髪を乾燥

【アイコン】インテリジェント温風モード

スカルプモード

……地肌にやさしい温度の風でドライ

【アイコン】スカルプモード

スキンモード

……仕上げに1分。肌のうるおいを保ち、しっとり肌へ※6

【アイコン】スキンモード

毛先集中ケアモード

風量 SET を選び、風温切替ボタンを1回押す

【アイコン】毛先集中ケアモード

「毛先集中ケアモード」は、周囲の温度をセンサーで自動検知し、最適な間隔と風量で毛先の仕上げに適した温風・冷風を交互に発生します。毛先を逃しにくいセット(弱風)風量なので、風をあてやすく、集中的にケアできます。

セット(弱風)風量なので、毛先に風をあてやすい
周辺温度検知センサー搭載なので自動で温冷切替!

▼毛先集中ケアモードの効果

【モデル試験方法】
洗髪後、日常的に使用するのと同様に毛先が乾くまでドライヤーを使用した場合。毛先集中ケアモード搭載ヘアードライヤー ナノケアを「使用しない場合」と「使用した場合」の例

●当社調べ ●効果には個人差があります

【写真】使用した場合としない場合の毛先仕上がり比較。使用したほうが髪の広がりをおさえ、まとまりアップ。

【モデル試験方法】
毛束を手ぐしで整えながら温風で乾燥させた場合の毛先幅変化率0.66と、温風で9割乾燥後に毛先集中ケアモードを毛先まで使用(約24秒)した場合の毛先幅変化率0.5の比較
毛先幅変化率の逆数を毛先まとまり度として増加率約1.3倍を算出

●当社調べ ●効果には個人差があります

【グラフ】温風のみと毛先集中ケアモードを使った場合でのまとまり比較。温風のみ(0.66)、毛先集中ケアモード(0.5(まとまり約1.3倍))

温冷リズムモード

TURBO または DRY を選び、風温切替ボタンを1回押す

【アイコン】温冷リズムモード

髪のツヤを出すためには、「温度」が重要なポイントです。温風と冷風を自動で交互に切り替える「温冷リズムモード」は、温風であたためながら髪のくせをのばして、冷風で冷やすことでしっかりキープ。髪の表面が整うので、光が反射し、ツヤツヤでしなやかな髪に仕上がります。

頭頂部から毛先に向けて手ぐしを通しながら
周辺温度検知センサー搭載なので自動で温冷切替!

▼髪のツヤ感比較

【モデル試験方法】
洗髪後、日常的に使用するのと同様に毛髪が乾くまでドライヤーを使用した場合。「温冷リズムモード」搭載ヘアードライヤー ナノケアを「使用しない場合」と「使用した場合」の例

●当社調べ ●効果には個人差があります

【写真】使用した場合としない場合の髪のツヤ感比較。使用したほうがまとまり感、ツヤ感アップ

インテリジェント温風モード

TURBO または DRY&HOT を選び、風温切替ボタンを1秒以上長押しする

【アイコン】インテリジェント温風モード

▼室温と風温の関係

室温に合わせて、ドライヤーが風温を自動でコントロール。暑い時期でも、温風の熱さを低減し、快適に髪を乾燥します。

【グラフ】室温が約20℃の時:風温約110℃、室温や約30℃の時:風温約60℃(室温18℃以上で風温を下げる)

スカルプモード

SCALPを選択

【アイコン】スカルプモード

地肌の表面に水分が残ると、ベタつきなどの不快感の原因に。スカルプモードは、地肌にやさしい温度、約60 ℃※7の風で心地よくドライします。

約60℃※7の風なので地肌に近づけても熱くない

▼美しい髪は健やかな地肌づくりから

水分たっぷりの高浸透「ナノイー」がうるおいを与え、地肌ストレスの原因となる乾燥をおさえます。さらに地肌の余分な皮脂を周辺の水分と混ざりやすくし、健やかな地肌を保ちます。

【モデル試験方法】
洗髪後、日常的に使用するのと同様に毛髪が乾くまでドライヤーを使用した場合。ヘアードライヤー ナノケアに搭載の高浸透「ナノイー」を「使用しない場合」と「2週間使用した場合」の頭皮状態の例(当社調べ)

【写真】使用した場合としない場合の地肌比較(拡大写真)。使用したほうがうるおっている状態。

スキンモード

SET & COLDを選択

【アイコン】スキンモード

お風呂上がりの乾燥しやすい肌に、高浸透「ナノイー」とミネラルマイナスイオンを含んだ風で肌のうるおいを保ち、しっとり肌へ。※6

●目を閉じてご使用ください。
●化粧水や乳液などのスキンケアは、普段と同じ方法・タイミングでケアしてください。

【写真】高浸透「ナノイー」を含んだ風でお肌にもうるおい※6

6. 憧れのサラツヤヘアーのための、おすすめの乾かし方

仕上げにドライヤー搭載のモードを使うだけ。ポイントをおさえて、毛先までまとまったツヤ髪へ。

まず、おおまかに髪の水分をふき取り、ブラシや手ぐしで髪のもつれを取ります。

STEP1
髪の根元から乾かします。

髪の根元→中間→毛先の順番で乾かします。髪から10 cm程度離して軽く振るのがポイントです。ぬれた髪の毛束がなくなるまで、しっかり乾かしましょう。

【写真】ドライヤーで髪を乾かしている女性(根元→中間→毛先の順で乾かす)

STEP2
仕上げに「温冷リズムモード」でツヤ髪へ。

髪全体を1/4ずつくらいに分け、手ぐしでテンションをかけながら、「温風・冷風」を1カ所に2~3回ずつあてます。最後に頭頂部から毛先に向けて「温風・冷風」をあてるのがコツです。

【写真】ドライヤーで髪を乾かしている女性(頭頂部から毛先に向けて乾かす)

STEP3
さらに「毛先集中ケアモード」でまとまりアップ!

髪に近づけて(5 cm程度)、手ぐしで毛先をまとめながら、毛先の内側と外側の両方から風をあてると毛先まで美しいまとまりのあるツヤ髪へ。

【写真】ドライヤーで髪を乾かしている女性(手ぐしで毛先をまとめて完成)

●握るだけでOK!イオンチャージPLUS

背面のパネルをハンドルと一緒に握るだけで、高浸透「ナノイー」&ダブルミネラル※3が髪に浸透し続け、毛先までうるおい、しなやかでまとまる髪に。

【写真】イオンチャージPLUSパネル

7. 速乾&髪質改善*実感の声

ご愛用の皆さまのリアルな実感の声をご紹介。

*毛髪にうるおい、ツヤを与えることによる。

8. スペック

商品の基本スペックや、お手入れ方法などをご紹介。

気付いたときに、サッとカンタンお手入れ。ほこりがつきにくい仕様で、ティッシュなどでふき取れます。

【イメージ】メッシュ部分をティッシュで拭いている様子

※1 「ナノイー」と高浸透「ナノイー」との比較(当社調べ)
※2 当社従来品2018年発売EH-NA9Aとの比較(当社調べ)
※3 ダブルミネラルとは、2つの亜鉛電極から発生されるミネラルマイナスイオンです。
※4 一般的な空気イオン(代表的な粒子径:1.3 nm)と 「ナノイー」(代表的な粒子径:13 nm)との比較(当社調べ)
※5 当社従来品2017年発売EH-NA99比
※6 1日約1分間顔にあてることで、肌のうるおいを保ちます。
※7 室温30 ℃の時

●使用環境(季節・湿度など)や個人差で、効果は異なります。
●商品使用シーン写真・イラストはイメージです。
●製品の定格およびデザインは改善等のため予告なく変更する場合があります。
●試験条件は、特に記載のない場合は日本電機工業会自主基準HD-129に基づきます。

おすすめコンテンツ

NEW 「ナノイー」は、新世代へ。

髪の毛にうるおいを与える「ナノイー」が高浸透「ナノイー」として大進化。その魅力を徹底解説。

高浸透「ナノイー」の魅力を徹底解説。 「ナノイー」は、新世代へ。
NEW ドライヤー User’s Voice

ツヤとうるおいを実感。喜びと驚きの声をご紹介

【バナー】ドライヤー User’s Voice
Panasonic Beauty SNS公式アカウント