「シャドーイング」再生機能の設定方法を見る

わかりやすく解説
「シャドーイング再生」機能の設定方法を見る

「シャドーイング再生」機能は、指定したA-B区間※1の音声を再生した後に、同じ時間だけ無音またはA-B区間の小音量※2を繰り返し再生する機能です。

説明図:「シャドーイング再生」機能は、指定したA-B区間(RR-XP008はインデックス区間。)の音声を再生した後に、同じ時間だけ無音またはA-B区間の小音量(小音量再生は、RR-XS460/XP008のみ対応。)を繰り返し再生する機能です。説明図:「シャドーイング再生」機能は、指定したA-B区間(RR-XP008はインデックス区間。)の音声を再生した後に、同じ時間だけ無音またはA-B区間の小音量(小音量再生は、RR-XS460/XP008のみ対応。)を繰り返し再生する機能です。説明図:「シャドーイング再生」機能は、指定したA-B区間(RR-XP008はインデックス区間。)の音声を再生した後に、同じ時間だけ無音またはA-B区間の小音量(小音量再生は、RR-XS460/XP008のみ対応。)を繰り返し再生する機能です。

※1:RR-XP008はインデックス区間。
※2:小音量再生は、RR-XS460/XP008のみ対応。

シャドーイングの設定方法

最初にシャドーイング再生の設定をした後、繰り返し再生したいA-B区間を設定し、A-Bリピート再生で聴くことができます。 (写真はRR-XS460)

シャドーイング再生の設定①

停止または再生状態で、[メニュー]ボタンを押します。

画像:シャドーイング再生の設定見本

シャドーイング再生の設定②

停止状態の場合は、[▶再生設定]→[シャドーイング] 再生状態の場合は、[シャドーイング]を選び[▶OK]ボタンで決定します。

画像:シャドーイング再生の設定見本

シャドーイング再生の設定③

[ON]を選び[▶OK]ボタンで決定します。

画像:シャドーイング再生の設定見本

シャドーイング再生の設定④

[F2(閉じる)]ボタンで設定画面を閉じます。 音符マーク マークが点灯していることを確認します。

画像:シャドーイング再生の設定見本

繰り返し再生したいA-B区間の設定①

音声ファイル再生中に[消去/ A-B再生マーク ]を押し、始点Aを設定します。 始点Aが設定されると、 A-マーク 再生マーク が点灯、 Bマークが点滅します。

画像:シャドーイング再生の設定見本

繰り返し再生したいA-B区間の設定②

同様に[消去/ A-B再生マーク ]を押し、終点Bを設定すると、 A-B再生マーク が点灯に変わり、シャドーイング再生が始まります。

画像:シャドーイング再生の設定見本

通常音量と小音量時の音量は別々に調整することができます。A-Bリピート再生を解除したり、再生中に設定を切り替えると、小音量時は通常音量の約3分の1の音量で再生します

ピックアップ

語学学習に役立つ

今井先生がおすすめするICレコーダーの使い方

語学学習に役立つ今井先生がおすすめするICレコーダーの使い方のページへ
シャドーイングとは

通用する語学力を身につける「シャドーイング」

シャドーイングとは通用する語学力を身につける「シャドーイング」のページへ